奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/10)
  • あきんど (10/10)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    どこかで聞いた話だけど
    正確には覚えていないんだけれど、
    あれはパスカルだったかなぁ・・・・と、
    ちょっとパスカルの箴言集を見てみたけどなかった。

    なんというか、本当に大きいことには悲しまず、
    小さいことで人は悲しむ・・・
    いや、違う、こういうのじゃなかった・・・
    でも、こんな感じの内容。

    ん~~~~

    ともかく、
    私が受け取ったのは、
    人間って、案外小さいことでくよくよして、
    大きいことには鈍感・・・・っていう・・・・

    それを自分に当て嵌めて考えてみるに、
    最近の私の憂鬱は、
    せっかく業者に頼んで張り替えてもらった障子を、
    猫が引っ掻いた(三日も持たなかった)・・・・
    ついでに孫も引っ掻いた?ということがまず第一点。
    次に、猫(再び!)が、
    いままで粗相したことないのに、
    続けざまに「うんち」を猫用トイレ以外にしてしまったこと。

    ・・・・・・・・どんなもんだ。

    すっごく些細なことではないか!!!

    こんなことでは憂鬱になるのに、
    夫が入院したり、
    母が骨折したりすることには鈍感?で、
    ちっとも暗い気持ちにならない。

    頑張るしかないか・・・と、
    せっせと病院に通ったりする。

    人間とは、そんな風に「アホ」なものである。
    ・・・・・と、昔の偉い人はきっとよく分っていて、教えてくれる。
    スポンサーサイト

    【2012/07/31 21:15】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    この記事に対するコメント

    たしか西尾先生も似たようなことを書いてましたよ。
    先生が舌癌になってしまった時、放射線治療のために刺されてしまった針がとにかく鬱陶しく、人間は目の前にあるこうした問題解決が最優先されたい意識が働くものなんだと。
    沖縄の普天間基地問題もそれに近い問題なのかもしれません。
    頭上にある蠅を追っ払って欲しい・・・。
    こんな意識はまちがいなくあります。
    地方が豊かになると国は栄える・・・この言葉の真意ははたしてどのくらいの真実なんでしょう。たまたま私は田舎暮らしを現在しておりますが、18歳から30歳までは東京で暮らしていました。東京時代はかえって田舎の方が暮らし豊かなイメージが強かったですね。
    私が田舎に引っ込んだのも、東京では人生の本当の幸せを得る自信がなかったからですから。そんな気持ちを今も意外と感じ続けています。

    ネイティブな東京人にはわからないかもしれませんが、東京は住みやすく暮らしにくい所なんです。いつでも行けば受け入れてくれる場所ではあるんですが、長く住む場所ではないことを感じさせる場所でもあるんです。
    その点田舎はまだ自分があるんですね。自分という人間の感覚がはっきりあります。でもその反面色んな苦労がはっきり自分に来ます。つまり東京は自分の苦労が自分個人の苦労ではなく自分以外の苦労もやんわりと背負う場所で、田舎は間違いなく直接自分に苦労が迫ってきます。
    不思議ですよね。都会のほうがかえって他人行儀が必要だっていう理論ですから。
    どうなんでしょう・・・これってけして今の時代だけの話でしょうか。意外と昔からそうなんじゃないですかね。
    地方が崩壊する要因のその一部に、連帯感が存在しないことが、もしかすると存在しているんじゃないでしょうか。
    例えば、商店街の道路拡幅に絡む補償なんかで、街の再計画とかを掲げても、ほとんどの街が復興しないのは、補償金をもらって店を畳むケースが多いからです。
    最近は公共事業が少ないせいで、そうしたケースが少なくなったようですが、しかし大なり小なり色んなケースは日本のどこかで行われているはずです。

    日本の文化的見地からも、もうこれ以上街の形態は変わる必要はないと私は思います。
    小さな変化は必要ですが、大きな変化は望ましくありません。
    大きな変化が望ましいものならば受け入れられますが、そうでないならば、ただ街が壊れるだけです。どこに行ってもコンビニがあるし、どこにいってもさっき見た街と変わらない風景なんて、見たいと思いますか?

    地方が活気づくには、「不便」が意外とキーワードなんです。
    都会にはない不便さが地方の特色なんです。
    そんな田舎に突如として街のニーズを全て担う店が出現し、小さな大事な店が崩壊していくわけですが、いまあらためてその点を考えていくべき「時代」が到来しているんじゃないかと、私は思うんです。
    【2012/08/05 02:23】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    そうですね。
    あの大店法・・・ってのがくせものなんですよね。

    しかし、車社会になり、地方も地方ではなくなっていきます。

    ロンドンオリンピックを見ていると、イギリスにはちゃんと美しい田舎があるなぁと感じました。

    まぁ、美しくないところは映さないのかもしれないけれど。
    【2012/08/05 21:45】 URL | 奥様 #- [ 編集]

    パスカル『パンセ』
    小さな事に対する人間の感じやすさと、大きな事に対する人間の無感覚さは、奇怪な転倒のしるしである。
    【2012/08/06 22:30】 URL | KOGA #- [ 編集]


    >KOGAさま
    それそれ、それです。
    あ~、やっぱりパスカルでしたね。

    有難うございました。

    高校生の頃に買ったパスカルのパンセ・・・・・本棚の一番上にあるはず。。。
    【2012/08/07 16:47】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    因みに・・・

    昔の大店法に関連する話ですが、あるコンサルタントの話によりますと、一時期小型の150坪程度の店が乱立した時代があるそうなんですが、これって大店法ギリギリの坪数で、出店がしやすいが故の形だからなんだそうです。
    このサイズにずばりハマったのが「紳士服」のお店で、全国各地にあっという間に出店しましたよね。
    大店法って本当に面倒くさくって、まず出店する街の商工会議所の認可が必要なんです。そこでまず商店街の方々の認可を得て、ようやく出店が可能なんです。
    私も一度だけ経験させていただきましたが、形式的なものではありましたが、これがよそ者みたいな立場であれば、本当に大変なんだろうなって思いましたね。
    たまたま借り受ける店舗の坪数が200坪を超えていたために、こうした手続きが必要だったんですが、でも今考えてみると、これって街を守るためのギリギリの法律だったんだろうなぁと、いまあらためておもいますね。

    この店の出店が後の私の人生を決定づけるわけですが、ちょっと「くさい」言い方をしちゃいますが、こんなふうに面倒くさい手続きをやって、周りに承諾を得て、「頑張りますからよろしくお願いいたします・・・」みたいな挨拶をして企業を成長させていく方法って、実に日本的ですよね。
    良いも悪いもここに凝縮されているんだろうなぁ~って、当時は思ったものです。

    ところがどうですか。ここ数年で・・・いやいやもう少し年数は経っていますが・・・本当に日本全国似たような街並みになっちゃいました。しかもどうですか、本音の部分でそれを我々は必要としていますよね。街の中にもしもコンビニがなかったら?・・・ありえませんよね。もうすっかり考えられないような「常識」になっています。たまたまコンビニは150坪を超えるような店舗ではありませんが、コンビニは間違いなくすき間産業で、大店法を逆手にとった大型店の出店形態です。

    実は大型店こそが「大店法」を存守したかったという皮肉な話もあるそうです。
    なぜなら、大店法の規制緩和は海外企業の出店がしやすくなるわけで、実際都会ではよそ者が乱立しましたね。
    ヨーカドーとかダイエーとかが、「大店法」の撤廃を一番恐れていた・・・という皮肉な現況であります。

    街が変わることは、つまり生活そのものが変わります。消費者のほとんどは、普段商品を選んでいるのではなく、選ばされていることを、ここで少し考えてみて欲しいです。
    小さな選択は自分の範疇になりますが、大きな選択は流されるしかない典型です。

    「おい、おやじ!昨日買った魚、脂ののりが足りなかったぞっ!」みたいなことが普段言える生活空間だったとしたら、消費者の心の中心がどれだけ癒されるものか。
    自分の住む街の商店街がとても元気で、毎日暮らしやすく生活されている方々は、ある意味本当の幸せを感じていらっしゃるに違いありません。

    小さなことに何かを感じながら・・・。
    【2012/08/09 08:05】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    大店法・・・・そうなんですねぇ。
    街の小さな八百屋さんがなくなり、わが家の近くの駅通り商店街は三分の一くらい、シャッターが下りています。なぜか魚屋さんはまだ小さい店があちこちにあります。
    果物屋さんもあります。

    なくなったのは電気屋さんと本屋さん・・・・
    昔は映画館もあったそうな。

    まぁ、時代の波は抗し難いです。
    【2012/08/09 20:12】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1353-da11f165