奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    竹田研究会
    例の明治天皇の玄孫という、竹田恒泰氏の
    「竹田研究会」というのが、日本全国にあって、
    広島にも去年からできていて、
    今日初めて行ってみた。

    竹田氏は西尾先生の雅子妃発言に批判的で、
    最初ちょっと敬遠していたんだけれど、
    保守系の中で「脱原発」を主張している点では、
    今度は西尾先生と同じ立場なので、
    ちょっと親しみも感じ始めていた。

    ユーチューブの画像も幾つか見た。
    話はよどみなく面白い。

    会員登録の用紙の最後に
    いくつか誓約?する文章があり、
    その中に許可無くブログやツィッターに
    竹田研究会のことを書いてはいけない・・・・というのがあって、
    登録やめようか・・・と思ったりした。

    まぁ、要するに竹田氏が話した内容を転載したり、
    写真にとって勝手に掲載したり、
    そういうことはしないで欲しいという、常識内の注意だろうと思う。

    今こうして私が行ってきたとか、
    面白かったとか、
    そのあたりのことを書いちゃいけない・・・ってことじゃあないと思う。



    天は日本が皇室を護れるようにと、
    こういう人をちゃんと用意しているんじゃないか・・・と思った。
    スポンサーサイト

    【2012/06/14 23:14】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(14)
    この記事に対するコメント
    GHQが確認したマルクスの手紙
    昭和13年頃に長皇子(明仁親王)と各・宮家を歴代の上屋敷に
    特使などと陸軍・海軍・空軍の武官を明治5年に建設した招待所や他の施設に
    愛宕守様(太子)など信濃守家が招き

    明治43年頃に長皇子(裕仁親王)と各・宮家を歴代の上屋敷に
    特使などと陸軍・海軍の武官を明治5年に建設した招待所や他の施設に
    愛宕守様(太子)など信濃守家が招き

    明治15年頃に長皇子(嘉仁親王)と各・宮家を歴代の上屋敷に
    特使などと陸軍・海軍の武官を明治5年に建設した招待所や他の施設に
    愛宕守様(太子)など信濃守家が招き

    安政 6年頃に長皇子(睦仁親王)と各・親王家長子を
    愛宕守様(太子/藩主)など信濃守家が招き

    天保13年頃に長皇子(統仁親王)と各・親王家長子を
    愛宕守様(太子/藩主)など信濃守家が招き

    荘園時代から代々所有し守る氏神様で家訓(律令)に下ずき
    産土宮(御殿)と若宮(御殿)を新調し行れた
    伝統祭事の若宮様(太子・葛野守・源氏ノ棟梁・祭祀王).ご誕生の礼式は
    厳かに執り行れ
    晩秋頃には大根焚と(粕汁)冬の味覚の接待会が
    華やかに行れたのを御存知ですか。
    【2012/06/15 16:53】 URL | 環境大学新聞 #- [ 編集]


    小和田雅子と渋谷節子と池田礼子の祖父で雅子妃の母親の優美子氏の父親の

    ※江藤豊

    は悪党すぎた。

    理由は江藤豊は●水俣病の会社の社長であるから、途中からチッ素が人間の●殺人物質、だと知っていながら知らん顔で最低限は4年間はチッ素をたれ流して何千人となく、熊本県水俣市で●大量大虐殺、を繰り返し、●胎児性水俣病患者さん、まで作成して被害遺族を無視して平気な顔をして大金の成金となった。

    ※江藤豊


    は水俣病患者さんを以下のように冒涜をして賠償金を値切っ最終的には、●賠償金まで江藤豊は踏み倒して自分は豪遊したのに98歳の天寿を幸せにまっとうした。

    ★貧乏人が腐った魚を食って病気になった!

    ★水俣病は身体障害者の言いがかり!

    ★原因がチッ素でも社会的責任はない!


    と水俣病患者さんを冒涜を平気な顔をして明治大正の貧しい日本背景の時代に、不良なサングラスとユニークな不良の学ラン姿の格好に、不良のユニークな角刈りのヘアースタイルの肖像画撮影をして正式写真にしている。


    さらに江藤豊は暴力団も雇用して、善人なる水俣病取材の外国人メディアの●ユージンスミス氏などを襲撃し、スミス氏は背骨を折られ失明させられ、●奥さんは強姦までされたが泣き寝入りし???最終的には2人は離婚に至り、スミス氏は母国のアメリカで障害者となり障害がもとで失意のうちに死去。スミス氏の●お嬢様は14歳で強姦、までされているらしい????

    それでも、江藤豊の娘の雅子妃の母親の小和田優美子氏は、貧しいお米すら手に入らない戦後の日本の時代背景の東京で、高級品の●豪華なヒョウ柄の生地を手に入れて、

    ※全身ヒョウ柄の高級ドレスを作成

    して小和田優美子氏は日本人が食べるお米がなくて貧しくて泣いていたのに東京で豪遊。売国奴の小和田亘と東京の●ホテルオークラで当時の貧乏な日本では超豪華な●総フランス製の超高級なウェディングドレス、で戦後の貧しいお米すらなかった日本の時代背景に、周囲の日本人にお米のおすそ分けすらせずに、豪華な結婚式を施行してホテルの一流料理を2人は独り占めして食べていて平気な顔だった。


    いくらなんでも、江藤豊と旧姓江藤優美子と小和田亘は悪党で●残酷すぎる性質ではないかな?


    それに対して

    江藤豊の水俣病の患者さん救済のために全力投球で水俣病について医学研究して、患者さん全員の幸福を願って医療と水俣病患者さんを誠心誠意に守り抜いた、水俣病研究の第一人者の九州男児の真面目で勤勉で愛情深く、熊本県水俣市と日本国民全員の幸福と世界平和を願って医学に全身全霊を人生をつくした

    ※原田正純教授

    ※熊本学園大学教授


    は素晴らしい、世界的に優秀な一流のお医者さまであった。原田正純教授は白血病にて一昨日77歳の人生に終止符を打たれた。


    ◎日本人が21世紀の時代でも●熊本県水俣市が復活をして熊本県民が幸せになり、日本人全員の幸福を願って公害病の水俣病の悪党の江藤豊から全力で守り抜いた人生を過ごされた

    ※原田正純教授

    の誠実なる人生に対して私は最敬礼をする!


    小和田優美子、池田礼子、渋谷節子は派手な怪しい芸能人がかかわる怪しい名前ばかりの犯罪組織の●国際ユニセフ、には参加するが、

    地味な目立たない、日本国内の●水俣病の真面目なユニセフ


    はどうして小和田一族や雅子妃は丸無視をするのか?

    私には●水俣病の大量大虐殺に強姦事件のユニセフ、を丸無視する理由が納得できない。


    渋谷節子の旦那さんの渋谷医師も東京大学医学部の医師くせに、派手派手しい自分自身の善人を装ったブログは美しい美談として、美しい文章を作成して提出するが

    ●水俣病の何千人の大量大虐殺事件と障害者や被害者や強姦事件を

    東京大学医学部の渋谷医師が●水俣病の大量大虐殺事件を丸無視、する理由は一体なんなのか?

    東京大学医学部の渋谷節子の旦那さんの渋谷医師は私がブログに目を通した結果、履歴は一流に素晴らしいが 渋谷医師が●水俣病の大量大虐殺と強姦、を丸無視する理由を私は知りたいものだと感じた。

    以上!
    【2012/06/15 18:51】 URL | 名刺は必要ないとおもいます #- [ 編集]


    >環境大学新聞さま
    コメント有難うございました。

    申し訳ありませんが、おっしゃっていることの信憑性を確かめるすべがありません。
    そして、最も言いたいことが何かよくわかりません。

    竹田さんが怪しい・・・・と、こうおっしゃりたいのですか?

    >名刺は必要ないとおもいますさん
    確かに、水俣病は大変な公害です。
    それに関係している方をお后に向かえてしまった宮内庁の責任は重いですね。
    【2012/06/17 09:46】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    竹田氏の関連する映像を、ネットで拝見させていただきました。
    どうやら巷ではいまとっても人気のある人物のようですね。
    旧宮家というお立場の方ですから、不躾なことは慎みたいと思います。
    彼のお言葉の中で、感銘した点は、「男系がけして女性を軽蔑しているとか、蔑視しているとかではなくて、逆に優れた女性を受け入れる機能であること、そして、女系が許されてしまうと、血筋が途絶えてしまう形となって、今まで苦労して維持してきた壊れ易い男系の歴史を、日本の歴史は有史以来維持してきたわけですから、女系でも良いのでは・・・という話に行く前に、まずどうやって男系が維持できるかを検討するべきであって、女系許可や女性宮家という議題は、それよりも真っ先に議論されるべき議題を通り越して出ている手段であると言わざるを得ません。男系が維持できる手段はまだ十分残されていて、宮家の婿入りなどその手段は色々あって、その手段が議論されないうちに、いきなり女系天皇容認論や、女性宮家の設置がいかに稚拙かを理解できました。
    竹田氏が他でどんな活動をされているかはここでは省きますが、彼の活動が今の皇室に順風であるのは私も十分感じます。ただ、懸念すべき点は、彼が一応は皇室関係者であること。そして、その筋の立場であるならば、今の彼の活動が、出過ぎた活動にならないように注意してほしいという願望があります。確かに彼はとても誠意のある行動をされていますが、そのような活動そのものが皇室のありかたを踏み間違える国民も発生する可能性も一応あります。

    おそらくどんな時代であっても、日本の皇室はおごそかな対応を維持してきました。それも一つの歴史だと思います。後醍醐天皇のような歴史事実もありますが、基本的に日本の皇室は物言わぬ立場であります。旧宮家も含めた皇室の安全性を鑑みますと、竹田氏の言動が、その根源を覆さないよう、願うばかりです。

    ただ今までがあまりにも竹田氏のような意見を封鎖するような環境にあったことも見過ごせませんので、竹田氏のような言動が時代のニーズとなっているのかな・・・とは思います。
    【2012/06/20 01:30】 URL | あきんど #- [ 編集]


    >あきんどさん
    もうすぐ分ることですが、西尾先生、
    竹田さんと対談本を出されるそうですよ。

    私は喜んでいます。

    本当に日本のことを心配している二人ですから・・・。
    【2012/06/20 21:13】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様

    >もうすぐ分ることですが、西尾先生、
    竹田さんと対談本を出されるそうですよ。

    そうですか、楽しみです。
    先生の今までのご意見や考え方が、皇室の方々がどう受け止めておられたかを確認できる参考意見が伺えそうですね。

    先生は解りやすく意見されるため、問題の生じ易い発言も時々起きているようです。つまり論点がはっきりしているということです。ごまかさないということです。私みたいな一般人にもとてもわかりやすく表現をされます。これは天性ですね。しかも取り上げている話題は、あらゆることの根本に関わるものばかりです。
    西部邁氏には絶対真似のできない論述力を持っている。
    西尾先生は、今までの自分の作品は、要するに「自分」を語ってきたということにほかならない・・・と日録のどこかで語っていました。
    でもそんなこと先生の作品のどこにも記述されてはいません。つまり行間にそれを植え付けてきたと言うことなんでしょう。
    それと比較すると西部氏はとにかくすべての記述が自分の存在と比較する論法で、絶えず「自分」が露骨に出ている。ちなみに私の文章もそれなんですが、これは卑怯なんですよ。だって、自分というのは他人ではない以上、独自の表現が存立しやすいってことです。簡単に言えば誰も文句は言わせねぇ・・・みたいな表現になってしまう。
    これはずるいんです。
    でも先生は違う。ちゃんと「自分」を公共性を高めて存在させている。だから誰でも意見できる。誰でも先生を批判できる。
    考えてみれば、歴史に残る思想家たちは皆そんな立場だった。誰でも自由に土足で足を踏み入れることができている。これが普通の人間には不可能なことなんだろうと思う。
    【2012/06/21 10:17】 URL | あきんど #k7Eg95eM [ 編集]


    >あきんどさん
    あきんどさんの分析・・・・なるほどなぁと思います。

    西尾先生の文章は平易です。でも、すごく大事なことをさらりと書いておられる。
    そういうのが本当に文章がうまいってことですよね。
    西部さんって、何が言いたいのかよくわかりません。

    竹田さんとの共著、私もとても楽しみです。
    【2012/06/22 21:21】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    雅子妃の祖父の●江藤豊の熊本県水俣市の水俣病の何千人の●大量殺人事件の公害病で、●水俣病の被害者、や●水俣病の障害者、や●胎児性水俣病の障害児童で苦しむ患者さんの保護を全力投球で研究に人生投球で、患者さんのを救済と保護と水俣病の治療のために医学に一心不乱に懸命に人生を捧げた九州男児の誠実なるお医者さまの

    ★原田正純教授

    ★熊本学園大学教授

    のお医者が77歳にて白血病で一昨日、ご他界をなされました。

    日本人全体の幸福と健康と●世界平和を懸命に願って、医学に人生を捧げて●水俣病被害者の患者さんを全力投球で守り抜いて患者さんの幸福に人生を捧げた、熊本学園大学教授の原田正純教授のお医者さまに対して日本人全体で黙祷を捧げましょう!!
    【2012/07/03 23:39】 URL | 東京女子医科大学卒業の旧華族出身のお嬢様ドクターより #- [ 編集]


    ◎小和田雅子の母方の祖父は●江藤豊、は水俣病の会社で殺人で大金を稼いでいて、問題だったのは、途中からチッソが水俣病の●殺人物質だと知っていながら知らん顔をして、●チッソをたれながして最低限4年間以上????何年間も大量殺人事件を平気な顔をして繰り返しており、当時の医師会に働きかけて、●庶民が腐った魚を食べたから病気になった!

    ◎など、、、、と江藤豊は水俣病の●患者さんを冒涜して、患者さん遺族の●賠償金を踏み倒して、●大量殺人事件を平気な顔で何年間も何千人として知らん顔だった。

    ◎さらに、江藤豊は当時の●暴力団を雇用、して善良なる外国人メディアのユージンスミス氏?や他のヒトも襲撃して、スミス氏は失明して背骨を折られ障害者となりスミス氏の奥さんも、●強姦されて??泣き寝入りして、スミス夫妻は最終的には離婚に至り、スミス氏は母国のアメリカで障害者となり失意のうちに障害がもとで???死去なされた。

    ◎スミス氏のお嬢様は●14歳で強姦???までされて、江藤豊は平気な顔で、水俣病で大金をもうけて成金となった!

    ◎いくらなんでも雅子妃の祖父の●江藤豊は●残酷な性質の●悪党すぎませんか?
    【2012/07/03 23:47】 URL | 吉岡弥生先生を総本山とする 本物志向!の東京女子医科大学卒業の旧華族のお嬢様ドクターより #- [ 編集]


    ◎江藤豊は熊本県水俣市で●水俣病の何千人となく大虐殺で大金をもうけて成金となり???●水俣病患者さんの賠償金まで値切って踏み倒して、暴力団を雇用して強姦までさせて●胎児性水俣病患者さんの障害児童も作成して、江藤豊は平気な顔で、●水俣病で殺人で大金をもうけて成金となった。娘の雅子妃の母親の優美子氏は貧しい戦後の日本の時代に、日本国民全体がみんな毎日の食事がなくて貧しさの泣いている貧困の日本の時代背景に、泣いている日本人に質素でかまわないからお米のおすそ分けすらせずに●豪華なフランス製のドレスの東京の●ホテルオークラで●売国奴の●小和田亘氏との結婚式を施行して●豪華なホテルの一流フルコースを自分たちだけ堪能して平気な顔だった。

    ◎江藤優美子氏は独身時代に水俣病の大金で、当時の貧しい時代に、最高級品でも●全身ヒョウ柄の高級ドレスを作成して、東京で遊び回る派手好きな人間で、水俣病の大量大虐殺の殺人のお金で江藤優美子氏は、●毛皮の動物虐待の豪華なコートを着て平気な顔をしていた。


    【2012/07/04 00:01】 URL | 吉岡弥生先生を総本山とする、東京女子医科大学卒業の岡山大学医学部大学院で医学博士号取得の旧華族のお嬢様ドクターより #- [ 編集]


    ◎さらに雅子妃の両親の小和田優美子と小和田亘は、旧姓江藤優美子氏は、政府高官のつながりがある総理大臣の●福田夫人などから、●福、の漢字の入った帯を借りて、●創価学会の世界大会に深いつながり小和田家の墓に●赤いローソクを飾り付けて、雅子妃の高校時代のクリスマスパーティーにも一般には入手困難な●赤いローソクを大量に背景に飾り付けている異常な写真がある。小和田亘は創価学会の●池田大作の外遊をアレンジして、●メディアを操作、して小和田雅子さん特集を造作して皇太子さまに積極的に●日英ルート?など利用して接近し皇太子さまのヨーロッパ旅行に同伴して皇太子の時代の流行語のブリッコをして皇太子をダマして結婚に話をもっていった。小和田雅子の独身時代の雑誌記事は●創価女子短期大学教授が造作記事を作成してブリッコの小和田雅子さん特集を組んでアピールしている。雅子妃の父親の小和田亘氏は●ハンディキャップ論を唱える●国連大学の●売国奴の犯罪者でもある。小和田雅子は外務省の●大鳳会の創価学会のパーティーに東京の全日本ホテルで深夜まで参加した。

    ◎小和田雅子の双子の妹たちも、●創価学会の雑誌の●潮、にかかわっている、●マドレーヌという★カルトの新興宗教の●変態な洗礼名をもった売国奴でもある。

    【2012/07/04 00:10】 URL | 吉岡弥生先生を総本山とする 本物志向[i:63950][i:63974]の東京女子医科大学卒業の岡山大学医学部大学院卒業の医学博士号取得の旧華族のお嬢様ドクターより #- [ 編集]


    恐らく小和田雅子の双子の妹たち池田礼子、渋谷節子の旦那様は池田家と渋谷家であるが、国際弁護士や東京大学医学部の履歴は派手派手しい見た目は華やかな履歴だけは立派な弁護士と医師であるが、

    ●創価学会とつながりのある怪しい、●せんべえ、の人物像である可能性あり。池田家や渋谷家一族も創価学会と深いつながりのある可能性のある一族であり、●池田家と●渋谷家一族全員の正確なる再査がもう一度警察を含めて必要である!


    外務省の創価学会の●大鳳会の再調査、を警察から正式な国際犯罪に対する調査が必要な状態と私は考える。

    小和田一族と創価学会が●ブログ操作、を※民間人を装って造作記事を作成、●diary - dialy、が私の目からはとても怪しい一見善人を装ったブログでありw=(゜o゜)=w
    して、秋篠宮家と天皇皇后陛下を悪人に仕立てあげて、メディア操作を現在進行形であるし小和田優美子氏や雅子妃の妹の関わる●国際ユニセフも、怪しい名前ばかりの、創価学会関連のアグネスチャンもかかわる怪しい芸能人などで構成されている可能性ありで●犯罪組織である可能性大である!ボランティアの資金の流出先の調査が創価学会の運営資金に流出している可能性も否定できないから、正式に警察から必要な、●怪しい国際ボランティア組織の犯罪組織の●家宅捜査が可能性がある。

    ●水俣病の研究者の第一人者、の医学と水俣病の患者さまの幸せと日本国民全員の幸福な人生と世界平和を願って医療に全力投球して人生を捧げた、誠実なる九州男児の

    ★原田正純教授のお医者さま

    の77年間の人生に対して、日本人全員は最敬礼するべきである!


    ◎雅子妃の妹の渋谷節子の旦那の東京大学医学部の渋谷医師は自分を美化したブログを作成してインターネット掲載はちゃっかりして、東日本震災の救済にも述べていて、自分の人物像を美化するが、医師の私に言わせたら、医学知識が渋谷医師にはあるはずたがら、どうして自分の妻の節子氏の祖父の江藤豊の熊本県水俣市の●水俣病の大量大虐殺の強姦事件は理解できるはずである!

    ◎渋谷節子の旦那様の東京大学医学部の渋谷医師が、東日本震災救済の美談ブログを作成するにもかかわらず、●水俣病の被害者の地道で真面目なボランティア、を丸無視して●水俣病を完全に知らん顔をする理由を私は知りたい。

    ※誰か優秀なジャーナリストに●水俣病の大虐殺、を丸無視する理由を渋谷医師に直接、取材やインタビューをしてほしいと私は感じた!

    【2012/07/04 00:21】 URL | 吉岡弥生先生を総本山とする東京女子医科大学卒業の医学博士号取得の旧華族のお嬢様ドクターより #- [ 編集]


    ◎さらに雅子妃の両親の小和田優美子と小和田亘は、旧姓江藤優美子氏は、政府高官のつながりがある総理大臣の●福田夫人などから、●福、の漢字の入った帯を借りて、●創価学会の世界大会に深いつながり小和田家の墓に●赤いローソクを飾り付けて、雅子妃の高校時代のクリスマスパーティーにも一般には入手困難な●赤いローソクを大量に背景に飾り付けている異常な写真がある。小和田亘は創価学会の●池田大作の外遊をアレンジして、●メディアを操作、して小和田雅子さん特集を造作して皇太子さまに積極的に●日英ルート?など利用して接近し皇太子さまのヨーロッパ旅行に同伴して皇太子の時代の流行語のブリッコをして皇太子をダマして結婚に話をもっていった。小和田雅子の独身時代の雑誌記事は●創価女子短期大学教授が造作記事を作成してブリッコの小和田雅子さん特集を組んでアピールしている。雅子妃の父親の小和田亘氏は●ハンディキャップ論を唱える●国連大学の●売国奴の犯罪者でもある。小和田雅子は外務省の●大鳳会の創価学会のパーティーに東京の全日本ホテルで深夜まで参加した。

    ◎小和田雅子の双子の妹たちも、●創価学会の雑誌の●潮、にかかわっている、●マドレーヌという★カルトの新興宗教の●変態な洗礼名をもった売国奴でもある。

    【2012/07/04 00:24】 URL | 吉岡弥生先生を総本山とする 本物志向[i:63950][i:63974]の東京女子医科大学卒業の岡山大学医学部大学院卒業の医学博士号取得の旧華族のお嬢様ドクターより #- [ 編集]


    >吉岡・・・・・・さまへ
    おっしゃりたいことは分かります。

    でも、書き方に説得力がないように感じます。
    【2012/07/04 21:11】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1330-bd55505d