奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (08/20)
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    時間の経過
    わが家は築17年、18年目に突入する。

    新しいと思っていたら、もうあちこちにガタが行き始めている。

    TOTOは給湯器から撤退し、
    現在ノーリツがそのあとを引き継いでいるらしいが、
    部品がもうほとんどないという。
    今回は給湯器はOKだが、お風呂の蛇口がいかれているらしい。

    冬場、熱いお湯の出ないお風呂なんて、
    どうしようもなくわびしい~~~
    早く直したい。
    昨日はジムのお風呂で用を足したけれど・・・・・・

    おまけに、レースのカーテンは日光に当たりすぎて、
    布地が裂けるようになり、
    これまた経年疲労?
    昨日、突然びりびりに破れてしまった。
    猫?孫?・・・・・・きっかけはどうあれ、
    限界にきていたようだ。

    造り付け家具の蝶番もガタピシいっている。

    時間が経てば、
    いろいろなところが具合が悪くなってくる。

    人間の身体もそうだ。

    つくづく、自分は時間の経過を忘れていても、
    物や身体は決して忘れないのだとわかった。
    スポンサーサイト

    【2012/01/25 17:02】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    この記事に対するコメント

    確かに家っていつの間にか傷んでしまいます。でも人間が住んでいない家も、なぜか傷みが倍以上に早いようなイメージがあるのですが、これって気のせいでしょうか。
    家を傷める最大の敵は、素人考えですが、たぶんカビだと思うんです。でもそこに人間が存在していれば、カビも繁殖力をよわめてしまう、そんな何かの仕組みがあるんじゃないかと勝手に想像しているんですが、妄想でしょうかね。
    もしかすると、家だけでは家は成り立たなくて、やはり人間がいるからこそ家でいられる・・・みたいな法則があるんじゃないかと勝手に思っているんですが、どなたかご専門の方がいらっしゃいましたら、私のこの勝手な思い込みを、理論立てていただきたいところです。

    話は逸れますが、今私は親父が建ててくれた家に、おふくろと同居していまして、築35年くらいになると思うのですが、この家を建てて1年後に有珠山の噴火がありまして、せっかくの新築があちこち傷んでしまいました。その時の教訓が私にはトラウマのように残っていて、自分が家を建てる時にも、もしかしたら有珠山が噴火するかもしれないと、想像していたんですよ。そしてその偶然が本当になりまして、家を建てる決断までこぎつけ、いざ図面を手掛けようとした矢先に有珠山が噴火したんです。
    おもわず私は計画をストップし、建築会社さんに平謝りして断念した経緯があります。
    でも今思えば、私は有珠山に感謝しているんです。あのとき山が噴火していなかったら、もっと悲惨な現実が自分に降りかかっていたに違いありません。
    そんな意味合いからも、私はこの土地に助けられているんじゃないかと思うんですよ。
    【2012/01/26 23:39】 URL | あきんど #- [ 編集]


    私の先のコメント、少し解りづらかったかもしれませんね。
    親父が家を建てた時の噴火は昭和の時代の噴火です。
    私が家を建てようとした時の噴火は、平成の噴火です。
    親子して家を新築する際に、有珠山が微妙に影響を及ぼしているという話題でございます。
    【2012/01/26 23:46】 URL | あきんど #- [ 編集]


    >あきんどさん
    確かに家は、人間が住んで初めて呼吸しますね。

    娘一家には今父母が残した家に住んでもらっています。
    人に貸すのは嫌だし、ずっと誰も住んでいないのも家にとって悪いと思ったからです。

    でも衣食住で、一番お金がかかるものですね。
    家賃さえ、あるいは家のローンさえなければどんなに楽か・・・・・。
    その点、お父さんに感謝しなくてはいけませんね。

    お母さんはお元気なのですか?
    【2012/01/27 15:40】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >奥様
    >お母さんはお元気なのですか?

    はい、おかげさまで元気です。小さな病気は数種類あるようですが、大病はしていませんね。
    でも耳が遠いので、会話が自然と大声になり、時には隣の家にまで聞こえるくらいの音量で話しかける場面もあります。
    おふくろと同居して、私自身は体が楽になりましたが、その分女房が気遣いで苦労しているのは間違いありません。せめて何か役立つことをしてあげたいという気持ちと、仕事の実益を兼ねて、休みの日はなるべく夕飯を私が作るようにしています。
    冷蔵庫の中を掘り出して、材料をまずテーブルの上に並べるんですよ、夕飯の献立はそこで決まるわけです。なにしろおふくろは買い物が大好きで、しかも何でも冷凍しちゃう人間で、おかげでこちらは素材には事欠きません。
    そのうちそれが私の休みの日の日課になり、冷蔵庫の整理もつきますから、どうやら助かっている様子です。私にとっても、材料を見て、自分なりに工夫して料理することは、自分の腕を上げる訓練にもなり、お互いに助かっているんですよ。
    こんな感じですから、我が家ではほとんど外食をしません。ラーメンすらなかなか食べに行かない習慣が生まれています。子供たちはそれを不満に思うときもありますが、半ば諦めている様子のようです。
    私は料理を作るのは全然苦ではないのですが、片付けが大嫌いで、もっぱら子供たちにやらせています。長男は今17歳ですが、私が料理をすると、「なるべく洗い物を出さないようにしてよ・・・」と言います。でも、ついついボールとか使っちゃうんですよね。
    そんな私の癖を見越して、最近は棚のボールの数が減ってしまいました。誰かが隠したようです。
    料理が出来上がるのはだいたい夕方6時半から7時の間です。女房が仕事から帰ってくる時間に合わせて出来上がるようにしています。
    「ただいまーっ。あぁ、お父さん、今日も作ってくれたんだ、ありがとう」
    この言葉を聞きたくて、包丁を握っているようなもんです。
    【2012/01/29 11:25】 URL | あきんど #- [ 編集]


    >あきんどさん
    いいお父さんしてますねぇ~~~

    奥様も本当に頑張っておられる。

    息子さんもえらい!

    【2012/01/29 11:56】 URL | okusama #- [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1248-396a8021