奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    近隣諸国条項?
    3月5日、中国新聞朝刊の記事です。

    隣国関係重視した教科書採択を要望
    県教委に市民団体

     市民団体「教科書問題を考える市民ネットワーク・ひろしま」(柴田もゆる代表)は4日、新学習指導要領を踏まえた中学校の教科書採択を前に、隣国との友好関係を重視した歴史・公民の教科書採択を求める要望書を県教委に提出した。

     平田克明教育委員長と榎田好一教育長宛て。2011年度に実施される中学校の教科書採択の際に「日本のアジア諸国への加害の歴史を認識できる」など4項目を考慮するよう求めている。県教委や市町教委は、12年度から使用する中学校の教科書を11年8月までに採択する。



    なんとこの柴田もゆるさんは、私の住んでいるところから、歩いて5分の距離に住んでいます。
    ・・・・・牧師さんです。

    「つくる会」が参入し、学習指導要領が新しくなったこと危機感を感じているのでしょう。
    まったく、韓国、中国のための日本の教科書にしろって???
    ぷんぷん
    スポンサーサイト

    【2011/03/05 21:50】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    この記事に対するコメント

    一月に横浜でも「緑」という市民団体が採択に対して反対運動やってました

    いつまでもいつまでも「加害の歴史・・・」とか言っている人達って
    かえって怪しい感じがします
    日本人でありながら自分の国を傷め付け続けるって
    どんな気持なんでしょうか

    関係ないとは思いますが
    牧師といえば教会、教会が多いのは韓国
    韓国といえば
    私の利用している私鉄沿線にある教会で
    韓国人牧師を招いて無料韓国語教室を開いてましたが
    こんなことも大いに「怪しく」感じてしまいます

    ものすご〰く疑心暗鬼な私です
    【2011/03/06 08:31】 URL | 一匹狼奥様 #- [ 編集]


     私の知り合いの神父さんは、「従軍慰安婦」強制連行を糾弾する会の後援者に名を連ねていますよ┐(´ー`)┌
    【2011/03/06 10:23】 URL | 緑の保守派の尊野ジョーイ #- [ 編集]


     以下、何かの参考になればいいんだけど。~ふと、こんな事を思い出しました。
    http://tsukurukai.webdeki-bbs.com/tsukurukai_tree_r_356.html
     先年は都立高校の芸術科書道担当教員122名中、非常勤講師120名で非正規雇用率が全国トップと判明(↑)。しかも戦後一貫して(ただし少なくとも一度は例外あり)教員採用試験を実施してない模様。これが何を意味するか。
     このところ中国は「孔子学院」とやらで外国への中国文化紹介活動(?)を推進してるそうですが、更に歩を進めれば公立高校への寄生が可能でやんす(↓)。件の120名を総て中国人かシンパに入れ替えれば事実上の「東京都立孔子学院」が誕生する。そのためなら本気になれば工作資金くらい出せるでしょう。
    http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kokusai/seisaku/jouhou/foreign/kyoin-tutatu.htm
     西尾先生も前々から外国人教員の採用を警戒していましたが、上記の場合は日本の中心、しかも公立校で中国人教員占有率99%を目指せる点がインパクト大。また正規の教員免許がなくとも臨時免許を出せば一人あたり最長六年は採用可能ですから、現実味のない話とは言い切れない筈なんですな。
     もし私がスパイで、かつ有能ならどうするか(実際はどちらでもないんだけど…orz)。先ずはイメージ工作。「中国は書道の本場だから、日本の大学書道科卒より格上」と盲信させる。これで高齢者の多くが籠絡される筈。なにしろ今は書道パフォーマンスが流行、「あんなの書道じゃない」と反感を持つ人が増殖しててもおかしくない。そこに「本場」の正統性を打ち出せば保守的な人を説得できる。どうせパフォーマンスは飽きられたら終わりなんだから、今は下地作りにゃ最適のタイミングって事になる。中国人が日本人より有能なのは自明。彼らは中国語や漢詩文が読み書きできる(笑)のに、日本人は読めない。あちらが本場でこちらは辺境。あちらは教育熱心でこちらは「ゆとり」後遺症。そんな前提で見れば何が起きても不思議ではない。

     私が書かずとも、既に動きはあるのかも。その辺どうなってるのか東京都の教育関係者に尋ねてみたいけど、伝手はないし正直に答えてくれるとも思えない(アカデミックな社中は何度も訪中団を出してる手前、有力・有能な先生であればあるほど答えるのが憚られる筈)。
     それらを総合的に政治利用する訳だ。学校と民間(社中)の両面から「中国への憧れ」に誘導し、幕末以降の書教育史でもイメージを歪曲する。私の記憶が正しければ、ここ数十年の本では「戦意高揚のため日本が書道を政治利用した」のが定説で、だからGHQは書教育を禁止した、となっている。そんでもってヤイデー女史を説得、「国語から芸能(芸術)へ」の流れに基づき書教育復活。大体そうなってるんだけど、「日本が書道を政治利用」とする観点(反省!)に囚われて「中国が書道を政治利用」の可能性に盲目となれば、日本の書家・書教育者は忽ち中国側の先兵と化す。みんな作品制作と技倆向上を目的とした「稽古」に追われて、教育問題に取り組む余裕があるとは限らない。要するに「稽古」と教育問題を切り離せばよい。「稽古=教育」の視点が防火壁となって、「教育問題」化にピンと来なくなる訳でんな。
    【2011/03/06 11:44】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


    > 一匹狼奥様さま
    キリスト教の牧師さまは、善意でやっているから、始末におえないですね。
    っていうか、岡崎とみこさんも、従軍慰安婦のおばさんたちが、可哀想・・・っていう、
    本人なりの善意で行動しているようですから。

    >緑の保守派の尊野ジョーイ さん
    カトリックの神父よ、おまえもかぁ~~~
    私もかつて、カトリックの信者でした。。。

    >苹 さん
    書道の先生を正規で雇わないのですね。
    書道が芸術のみの分野になって、国語、言語の教育から分離されていったのは、GHQの方針だったのですね。
    古典の授業と合体したら、よいのかもしれませんよね。
    古典の授業すら、形骸化しつつあるのかな。

    書道の中の漢字はともかく、ひらかなの書道は日本人の先生にしか、教えられないのではないですか?あのたおやかな文字。。。
    【2011/03/06 12:29】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     書道教員を正規の手続きで採用しないのが問題なのではなく、そこに生まれた隙間が何に由来し、どんな可能性が維持されているかを問題視している訳ですな。もし教員が総て非正規雇用になれば反日教員の解雇も容易だし、教員免許更新制だって別の方向からの模索ができた筈。更新講習が反日教育の講習になったら世も末だわい。この辺について、誰か有名論客が指摘してくれたらいいのになあ(無名の苹が何を書いても無駄?)。
     当方、書道の平仮名については悲観的です。一般人(や管理職など)には草書との区別がつかず、どのみち今は読めないのが当たり前なんだから。それゆえ実際、(平仮名みたいな字を極めたいなら?)「中国へ行け」との発言が同僚の英語教員から出たりもした。GHQ準拠日本人(書家を含む)の影響たるや、恐るべし。
     前稿を出した後、こんな産経記事がズシンと来ました…(↓)。
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/110306/amr11030612020001-n1.htm
     あ…そうそう。GHQネタと云えば、えんだんじ様から援護射撃がありましたっけ(↓)。
    http://www.endanji.com/?p=423
    【2011/03/06 15:00】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    >苹@泥酔さん
    やはり中国の書道は、日本よりずっと上なんですか?

    日本の書道パーフォーマンスしている女子高生は、それなりに
    書道を愛しているんでしょうね。
    【2011/03/09 21:19】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    >やはり中国の書道は、日本よりずっと上なんですか?
     それは分かりません。ただしテレビで何年か前に見た様子では、小学生のレベルは日本より圧倒的に上みたい。その後の教育課程でも水墨画を併習してたり、日本とは全く異なる幅の広さを指向してたのがヤッパ「中国なんだなあ~」と…(苦笑)。

    >日本の書道パーフォーマンスしている女子高生は
     もうじき天バカ板への続稿が仕上がりますが、その中でこう書きました(↓)。
    --------------------------------------------------------------------------------
    > 書字側のシニフィアンがシニフィエから見放される事に不都合はない。理解する上では差し支えも差異もない活字、すなわち別のシニフィアン体制と二股を掛ける事が可能になったからである。そうした意味で、日本語におけるシニフィエは、それぞれのシニフィアンから相応の自由を得たらしい。選択的たらざるを得ない審判、過去を裁く自由に文字言語の表層像を委ねつつ、やがてシニフィアン自体が内なる過去/来歴を浄化し始めた。云うなれば「書字の歴史の粛清」である。かてて加えて現在のシニフィアンは、過去を喪失/隠蔽した上でのニヒルな行為的復元、例えばパフォーマンス書道(揮毫行為の集団的アレンジメント)と「その鑑賞」(?)をも俄に取り込みつつある。傍目には「読めない」方がいっそう書道らしく「割り切れる」のに、中途半端に読める事が何を隠蔽するか、或る意味そちらの方が恐ろしくもある。~読めた時点で思考停止し、書との同一性を読まずに済ませてしまう自分が居るのではないか。書表現を見た時点で思考停止し、言葉との違和感を払拭できずにいる自分にむしろ開き直っているのではないか。シニフィエを求めた途端にシニフィアンの罠へと填る「書表現なき書表現」が、ここでは自ら過去/来歴としての文学的「読み方」を黙殺し始める。書道が活字側のモダニズムとポストモダニズムに幽閉された形、と云ってもよかろう。
    --------------------------------------------------------------------------------
     …続きを今、せっせと書いてまっす(汗)。明日か明後日には、あちらに出せるかも。
    【2011/03/09 23:10】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1077-a05718ad