奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 核兵器について(10/18)
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (10/22)
  • あきんど (10/21)
  • 奥様 (10/20)
  • 奥様 (10/20)
  • あきんど (10/20)
  • 苹@泥酔 (10/20)
  • あきんど (10/14)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (7)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (571)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    うさねこデビュー!!!
    ここのコメント欄によく登場してくれる「うさねこさん」のことです。

    私はいつも彼の(彼だよ、女のひとじゃありません)文章の、
    その深い教養に裏打ちされた的確な指摘を
    いつも素晴らしいと思っていました。

    で、もう読んだ方はご存知でしょうが、
    今回発売された『西尾幹二のブログ論壇』にも
    堂々とまえがき的な登場をされています。
    その論考も素晴らしい。

    そしてなんと『正論』二月号にもデビューなんです!
    ちょっとまだ買いにいけていなくて、
    私は読んでいないのですが、
    今日の産経新聞に以下のように書いてありました。


    哲学者の悪意に満ちた『日本辺境論』

    今年度の新書大賞を受賞した『日本辺境論』(新潮新書)。『下流志向』などで人気の哲学者、内田樹(たつる)神戸女学院大学教授が「日本人は『辺境であること』をアイデンティティとして受け入れるべし」と説く同著を、著述家の渡辺望氏が、「哲学者の悪意に満ちた日本憎悪の書」と一刀両断する。

     「哲学者の悪意」とは何か。哲学者が自らの政治的主張を、それまでの緻密な哲学論の延長であるかのように装って語ることであると渡辺氏。

    内田氏は『街場のアメリカ論』で、「日本はアメリカに対して倫理的になることはできない」という斬新な視点で、対米「従者」としての日本文明論を語った。ところが、『日本辺境論』での日本文明論は、「普遍=欧米が時代進歩的」「特殊=日本が時代遅延的」という丸山真男的図式に基づく、飛躍した「従者」論だという。

    内田氏の数々の著作を読み解いた渡辺氏は、哲学者の「悪意ある飛躍」はサルトルや柄谷行人にも見られたが、「飛躍」を免責する「論理」をも用意している点に、内田氏の巧妙さがあると指摘する。(小島新一)



    おまけに『撃論ムック』にも・・・・・・

    本当に頑張って欲しいです。
    スポンサーサイト

    【2010/12/28 22:21】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    この記事に対するコメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    【2010/12/29 08:40】 | # [ 編集]


    独り言

    そうそう、私は必要ないって言ったんだけれど、その方がいい・・・って。
    だから期限を切って隠しています。
    半年先くらいまで・・・・・。

    それに、私は一言断った方がいい・・・って言ったんだけど、
    必要ないって言われましたorz
    【2010/12/29 09:53】 URL | 奥様 #- [ 編集]


    以前
    「水に落ちた犬?」でうさねこ様の
    コメントを読ませていただき
    「シニカル理性」と言う精神状態がある事や
    個々の日本人が「正気を保ちつつ」生きていくことの
    重要さを知りました

    そして「うさねこデビュー!!!」で

    ブログ論壇で「はじめに」を書かれた方で
    おまけ映像での落ち着いた素敵な若い男性が
    うさねこさんだと知りました

    私をはじめわかっちゃいるけど
    ついだまされてしまうことの多い日本人の
    正気を保つべくこれからも沢山のお考えを
    発表していただきたいと思っています
    【2010/12/29 16:22】 URL | 一匹狼奥様 #- [ 編集]


    どうもすいません、こんなふうにまで喜んでいただいて(汗)自分はいろんな方の応援をいただいているのだなあと思いまして、その皆様方にあらためて感謝の限りです。特に奥様のこれまでの応援は、自分にどれだけ励みになったか知れません。

     今回のことにのぼせることなく、これをスタートだと思い、自分が何をできるか、そして何をしなくてはならないのか、しっかり考えていきたいと思います。これからもこちらのブログにちょくちょく訪問すると思いますが、どうかよろしくお願いします。

     それから一匹狼奥様、私は少しも素敵でないし、ひどいおっちょこちょいですので、どうかどうか買い被らないでくださいませ(汗)

     書いていて、本当に汗をかいてきました(笑) 

     
    【2010/12/29 20:41】 URL | N.W(うさねこ) #- [ 編集]


    >一匹狼奥様さま
    そうですよね。うさねこさんのコメントに、う~~~ん、と
    考えさせられ、気付かされること多いですよね。
    是非応援してあげてください。

    >うさねこさん
    なんなら、ここのコメント欄の集大成で、いっちょ、本にするかな~~
    たつる君のようにorz

    最近の正論には、あまり表題や著者名が載っていないのに、
    今回デビュー早々で載っていましたね。
    内容が濃かったせいだと思います。

    【2010/12/29 22:02】 URL | 奥様 #- [ 編集]


     『撃論ムック』にも載ってるとは知らなんだ。…で、買ってきた。先ず目当てのP.60以降を味わい、P.206に『西尾幹二のブログ論壇』が紹介してあるのを発見し、朗らかな気分でP.209に目を移すといきなりコレだ(↓)。
    「なお、『撃論ムック』シリーズは、今号をもって休刊する運びになりました。」
     なにそれ…(絶句)。
     売り切れ注意報を発令しときましょ。買うつもりの人はお早めに。

     『ブログ論壇』の方は先日未入荷だった。翌日二冊が初入荷との事。…で、買ってきた。その日は二冊とも残ってた。後日また覗いてみた。一冊が表紙を見せて売れ残っていた。その後も覗いてみた。まだ売れてないのか一冊のまま。そして今日も売れ残っていた。…大変だ、売れ残りが三冊に増えてるぅ~!
    【2010/12/30 17:30】 URL | 苹 #SFo5/nok [ 編集]


     追記。~その後、こんな反応を見つけた(↓)。
    http://bokukoui.exblog.jp/15248311/
    --------------------------------------------------------------------------------
    > まず、ブログ掲載当時の文章が本に載る際、どう加筆修正などがあったか、小生は調べようと思いました。そうすれば、西尾氏の狙いがはっきりしてこようと思ったのです。
    > ところが。
    > なんと、「西尾幹二のインターネット日録」の、小生のブログを取り上げた「『諸君!』4月号論戦余波(三)」が、削除されていたのです。
    > というか、「論戦余波」の(一)も(二)もありません。他のブログ記事まで調べてませんが、『ブログ論壇』に収録したということで削除してしまったのでしょうか。
    --------------------------------------------------------------------------------
     苹も気になったので、取り敢えず「2010/12/29 08:40」非表示稿で触れてみた(表示稿としなかったのは、ただの「うっかりミス」ならそのうち復旧するだろうと思ったから)。するとセレブ奥様が「2010/12/29 09:53」稿をカキコ。
     これって、P.386以降の記述が背景にあるのかしら。…そう云や、最初の日録本が出た時も同様の措置があった様な気が…(記憶曖昧)。

     ところで、うさねこ様の気合いの入り方は相当なものですなあ(↓)。
    http://nozochan.blog79.fc2.com/blog-entry-21.html
     あたしゃ非表示稿の展開部分で、「本にとって著者は敵だった。著者が本の敵で居られたのは、本の前に著者が居たからである。そこに「顧みられざる無垢の信頼」があった」と書いた。…奇妙な偶然の共振を感じる。
     書物の歴史にも人の歴史にも、それぞれの仕方なりに「見えない敵」が潜む。またパラダイムへの信頼が敵へと変わる瞬間に立ち会う時、顧みられざる無垢なるものは極度に普遍的に自己を経由するがゆえに、「敵の憑依能力」は「警戒する自己」をもアッサリと敵に変えてしまう。氏が姜尚中に見る自己同一化や相互承認の魔力も、内田樹における「三種類の『私』」も、パラダイムの後のパラダイムへと循環する渦に巻き込まれたら「中心をなす自己に出戻っていた」…てな感じがして仕方がない。一方は中心をいっそう強固とすべくアリバイに目を向け、一方は渦から逃れようとするかの様に「言葉に憑依した自己」を解体し始める。両者とも当然そこで立ち止まるつもりはないのだろうけれども、であればこそ「やまず静止し続けようと振る舞う過去」に違和感を感じているのか、過去から未来に自己を整流=適応させようとする。片や、そうした「間」から過去を抽出する努力にも自己は憑依する。いっそ自己そのものがなくなってしまえばどんなに天国的な事か。(健康な死人の夢…)

     …そんな訳で一曲、候補ができますた。年末はベートーヴェンの第九かヘンデルの《メサイア》か、といった所が相場らしいけど、マーラーのsym.4を聴けば「天国で毒を盛られる気分」が味わえるかも(或いは第九の合唱655小節以降↓を聴きながら戦争映画の残虐シーンを見るのも手かな?…そんなビデオ持ってないけど)。
    http://www7.plala.or.jp/machikun/daiku4-10.htm
     謹賀新年。あけましたらおめでとうございます。
    【2010/12/31 08:41】 URL | 苹@泥酔 #SFo5/nok [ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://celebokusama.blog17.fc2.com/tb.php/1038-ca60f206