奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    02 | 2018/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    RECENT ENTRIES
  • ご紹介(05/23)
  • 従兄妹会(05/21)
  • 奇跡ということ(05/14)
  • 三泊四日(05/13)
  • アメリカは強い!(05/10)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (05/24)
  • あきんど (05/24)
  • 苹@泥酔 (05/23)
  • 苹@泥酔 (05/23)
  • 奥様 (05/21)
  • Emmanuel Chanel (05/21)
  • 奥様 (05/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2018年05月 (7)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (627)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (54)
  • 読書からの連想 (77)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    最近の日録
    西尾先生も高齢になられた。
    最近、日録の新稿が到着しないので、
    どうしたものかと思っている。

    そういう私も、だんだんブログに接する機会が以前より減ってしまっているようだ。

    今、北朝鮮をめぐる中国とアメリカの綱引きが行われ、
    本当は一番危険な日本という挟まれた国が、
    そういう国際状況にそっぽをむいて、
    いじいじと、政党間の力比べの矮小化に陥っている。

    マスメディアは、面白おかしくニュースを料理し、
    テレビの影響が小さくなったとはいえ、
    やはり地上波は地上波の力が以前ある。

    読書会でオルテガの「大衆の反逆」が決まり、
    ちょっとずつ読み進んでいるが、
    あの時代で、あれだけの大衆社会のことを分析したのだかが、
    この人が今の時代をどう思うだろうか・・・・と思う。

    オルテガがツィートをしたらどうなるんだ!




    スポンサーサイト
    【2018/03/30 14:45】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    雨の宮島



    総勢十人で行きました。
    一名、仕事の都合で欠席でしたが・・・・

    晴れて家族に戻った息子とともに。
    近くなのに泊まりました。

    合格発表のあった翌日の20日は火曜日。
    夫の仕事、孫のヤマハや宿題を終え、
    宮島口の桟橋に到着したのは、
    6時半でした。

    その日は日本列島が春の嵐に見舞われ、
    冬逆戻りの寒い氷雨。
    港はより一層寒く、
    船があと五分で着くから待合室で待ったら・・・と言われ、
    全員で狭い待合室に入りました。

    次女一家も合流したころ、
    ジリリリ~~~ンとベル。
    なんと、待っていたフェリーが今出たというのです。
    私、激怒!
    え~~~どうして知らせてくれなかったのですか?
    待合室で待てと言われたから、中で待っていたんですよ!
    係員はヘラヘラと笑って、車の誘導をしていたから・・・とかなんとか弁解。

    この旅行?の企画者の私は、
    どうにも我慢ができなくて、クレイマー状態でしたが、
    息子に静止されちゃいました。
    息子はこんなオバタリアンの私を嫌悪していた・・・・・。
    娘も、声を荒げようとする私に目配せ、
    もう言うな・・・・・と。

    あ~~~~これが日本人!

    フランスのTGVで、自分たちの席にフランス人が座っているとき、
    猛然と抗議し、車掌さんを呼んで、
    最終的に全員を退かせたのは、このオバタリアンの私でした。

    その時は、感謝してくれたのに、
    日本では「もう言うな」とばかり・・・・。

    DNAに組み込まれているのですねぇ~~~~






    【2018/03/21 21:36】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    トンネルをぬけた
    以前より、息子の暗いトンネルについて
    いろいろ書いてきたと思いますが、
    今日晴れて、それを完全に抜けることができました。

    国家試験の発表、合格していました。

    本当にあいつ、どれだけ人より回り道をしたことか・・・・・
    七つ年下と、同じ土俵で春から仕事をすることになる・・・・
    でも、そんな苦労は苦労とは感じないことでしょう。

    去年、半年私が関東で老エルをしたことも、
    全部トンネルを抜ける手助けのためでしたが、
    やはり本人の自分を律する気持ちがなければ、
    どうしようもないことでした。

    ようやく、息子も、家族全員も、晴れやかな気持ちになれました。

    だから、この記事は自慢ではありません。
    報告です。

    【2018/03/19 19:49】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    はぶてる
    これは広島弁で、すねるとか、
    むくれるとかいうニュアンスの動詞。

    昨晩、私は年甲斐もなく、本当に久しぶりにはぶてた。

    というのも、八時からのエアロをとても楽しみにしていて、
    復習?予習?もやって、
    ステップを軽快に踊れることを目標に、
    ジムに行ったからだ。

    数分遅れただけで、
    途中入場は禁止って、
    ドアの手前で阻止された。

    はぶてた!
    靴下も、靴も持ったまま、
    静止したジムのお兄さんにさんざん文句を言ったあと、
    はぶてて、椅子に坐り込んだ。

    心の中で、
    え~~~~
    私、長い間会費を払っているんだよ。
    え~~~~途中入場は危険だから禁止って、
    今準備体操をしているんだから、全然危険じゃないじゃない。
    誰かここのトップの偉い人に、
    すんごくクレームを言ってやろうか・・・・
    などなど・・・・・・・

    大人げなく、むくれた顔でしばらくいた。

    そのジムのお兄さんが、
    じゃあ一緒に筋トレしましょうか?と言っていたので、
    ようやく腰をあげ、
    つかつかとお兄さんのところに行って、
    筋トレします・・・・・と。

    不機嫌な自分。
    でも、なんとか筋トレの基礎を久しぶりに教わり、
    一緒に数を数えてもらったりして、
    一通り終えた。
    最後に有酸素運動をして、
    ヨガをして帰った。

    久しぶりの機械を使った筋トレ、
    数分遅れたために、
    じっくり教えてもらったこと、実はとても良かったのかも・・・・・・・。




    【2018/03/17 10:04】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    あとしまつ
    最近また、断捨離のブーム?季節?が
    私に訪れた。

    夫の両親の遺したさまざまなものを私と夫は処分した。
    実家の母親のものも、かなり整理した。
    その時思った。
    自分には価値あるものでも、
    人からは無価値なものが本当に多い・・・・ということ。

    だから、私には価値あるものでも、
    もし私が死んだら、子供達には要らないものばかりだろう。
    はやばやと、なるべく今のうちに、
    遺されて嫌なものは、捨てておこうと考えたのが発端。

    老後は身軽に・・・・とかなんとかいう本も買ってきた。
    そう、孫たちがすくすくと成長する間に、
    どんどん自分は老いていく。

    【2018/03/14 09:54】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    浅田次郎
    新刊「おもかげ」を読んだ。

    この本には、自分との共通する個所がいくつもあった。
    地下鉄丸の内線・・・・学生時代に使っていた。
    新中野・・・・・ここが私の下宿の最寄り駅。
    主人公はICUで意識の戻らない状態(娘もそうだった)。

    物語の内容は私の場合とは異なるけれど、
    いろいろな個所で、何度も涙が流れる。
    それは、意識が戻らない人なのに、
    本当は声が聞こえているっていう個所など。
    そう、娘も涙がつつーっと流れたり、
    父親が帰りそうになったら、
    脳内の圧が挙がってアラームがなったり、
    不思議に周りの状態が分っているんじゃないかと思ったことが何度もあった。

    東京の複雑な地下鉄事情も
    去年の老エル体験で味わったし、
    ・・・・・・・なかなか、面白い本でした・・・・・

    実は浅田次郎、初めて。

    【2018/03/08 20:53】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    卒業式


    3月2日、やっと、やっと
    息子の卒業式がやってきた。
    夫とともに出席してきた。

    父親である夫は、
    息子の卒業が決まるまで、
    長い間会うことも、
    会話をすることも出来なかった。
    それは両者が暗黙のうちに拒否してきたからだ。
    長女が事故に遭った時は、
    例外中の例外で、とんで帰ってきてはくれたが。

    女親と違って、
    男親は息子に厳しい。
    そして息子もまたその厳しさを知っていて、
    合わせる顔がない時、
    どんな嘘をついてでも距離を置く。

    その最大の例が、
    長女の四十九日のおり、
    お寺に遅れてやってきて、
    納骨が済んだら、
    そのまま誰かが「死んだ」とか言って、
    実家にもよらず、早々に帰って行ったことだ。

    今回、息子の部屋ももう引っ越してないから、
    謝恩会のあるホテルに部屋をとった。
    息子の予定が分からなかったから、
    ツインを予約していたが、
    急遽、ベッドを入れてもらって、
    二日間、三人で一部屋に眠った。

    夫は、会えない時には、
    聞きたいことがヤマほどあったのに、
    顔を見たら、話すことがほとんどない・・・と言っていた。

    普通ではない、大回りの迷い道だらけの
    大人としての息子の人生が、
    今やっと、本格的に始まることになる。

    【2018/03/04 10:15】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)