奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    06 | 2016/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 関東という都会(06/26)
  • 病気(06/21)
  • ひさしぶりの水泳(06/19)
  • 次のはがき(06/14)
  • 田舎の(06/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (06/28)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (9)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (537)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    無頼教師さんがまた本を出した
    kashihara.jpg

    覚えておられる人もいるかもしれない。
    日録初期の頃、
    コメント欄をにぎわせていた人に無頼教師・・・という方がおられた。

    実はこの方、インテリジェンス研究の専門家!
    語学力を駆使して、
    翻訳されていない諸外国のいろいろな資料や本から、
    のほほんとしている日本人には信じられないような、
    恐ろしい国際常識?を伝えてくれている。

    そう、スパイ、プロパガンダ・・・・・
    能天気な日本人には刺激的すぎる本だけれど、
    これこそが世界なんだ!


    スポンサーサイト
    【2016/07/24 22:23】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    別荘正面


    【2016/07/21 12:49】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)



    知り合いの別荘の中からの一枚。

    なんだか、外国のカレンダーに出てくるような感じに撮れた。

    毎年、倉橋島の知り合いの別荘にクルーザーで出かける。
    その知り合いは島の中の浜がある部分を買い取って、
    別荘を建て、ブルドーザーを持ち込んで山を切り崩し、
    畑を作り、どんどん自分の好きな世界を築いている。
    一年経つと、部屋も、畑も進化している。
    大勢の人たちが楽しめるように、
    大きなジャグジーのお風呂もある。

    瀬戸内海は狭いように思うだろうが、
    海は広い。
    島はどれも同じように見えるし、
    霧が出ると、方向が分からなくなったりする。

    海賊がこのあたりにも居たんだろうと思いながら、
    昔の人の航海術の高さを思ったりもする。
    夏は海・・・・・でも、ちょっと疲れる。



    【2016/07/18 09:28】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    スカイツリー



    私にとって、たびたびの上京?は、
    楽しみではなく、苦行そのものである。

    でも、そこは転んでもただでは起きない?タイプの私は、
    自由な時間を利用して、
    なんとスカイツリーにまで行ってきた。

    誰かの面倒を見るでもなく、
    誰かの制約を受けるでもなく、
    自分だけの判断で物事を決定できるのは、
    それだけでお気楽。

    東京の交通事情は本当に複雑で、
    地下鉄なのに地上を走っていたり、
    ○○線が、違った○○線になっている。
    乗換駅がいつの間にか、違った名前の駅にもなっている。
    一つの乗り換え個所なのに、
    うんと歩かされたりもする。

    今頃は、スマホで行き方の検索もできる。

    ということで、バスと田園都市線を利用して、
    押上まで行ってきた。

    みんな堂々と都会を歩いているけれど、
    田舎者が半分以上いるんだろうなぁとおもったりもした。
    【2016/07/16 10:34】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    選挙
    日本の心を大切にする党は、
    今回当選者を出すことができなかった。

    党名がころころ変わったのもいけない。

    でも、なぜあんなに支持されないんだろう・・・・と思う。
    まるで、つくる会の教科書採択のようだ。

    こんな風に完全な少数者でいることは、やはり厳しい。
    世の中の大衆の支持を得るまでには、
    はるかな道のり。


    【2016/07/12 22:09】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(13)
    家はやっぱりいいなぁ
    家を四日開けていた。

    そう、ちょっとした!?息子の件で・・・・・・・

    ふぅ~~~

    娘が近くに住んでいるので、
    夫の食事などは面倒をみてくれて、
    本当に助かった。

    持つべきものは娘ですなぁ~~~

    ということで、スマホから更新ということが
    出来ないわけではないけれど、
    する元気もなく、
    なんとか家にたどり着きました。

    洪水や、地震や、そのたもろもろの災害で、
    家を失うことの大変さが、
    ちょっと実感されました。

    人は、自分のねぐらでやっと安心して眠れるのですね。
    旅行でホテルに泊まるのもいいけれど、
    やっぱり自分の家が一番です。

    ってことで、コメントのお返事は明日します。

    【2016/07/09 23:34】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    西村眞悟の時事通信転載(2)
    大事なことがいっぱい書かれていると思うので、転載します。
    全国区の比例代表に誰を書こうかと迷っていましたが・・・・・決まりです。

    臨戦状況の中の選挙
                             西村眞吾
                             平成28年7月3日(日)

     本稿を「臨戦状況の中の選挙」と題するが、
     正確には、「臨戦状況の中の臨戦体制なき選挙」と題するべきであろう。

    (一)
     昨日七月二日の堺における昼の講演会で、
     一九七七年(昭和五十二年)九月の
     日本赤軍による日航機ダッカハイジャック事件に際し、
     福田赳夫首相が執ったいわゆる「超法規的措置」について説明した。
     その説明の目的は、
     危機は「憲法改正」を待ってくれない、
     危機に遭遇してから
     「憲法改正」をしてから危機に対処するなどできるはずもない、
     従って、その時は、
     総理大臣が、自らに与えられた権限を行使して
     危機に対処する決断をし、かつそれを実行することになる。
     福田赳夫総理は、その「決断」をした総理大臣である(内容はともかく!)。
     その権限とは何か。
     それは「行政権は内閣に属する」
     そして「自衛隊の最高指揮官」
     この二つである。
     
     即ち、現在、憲法改正、憲法改正、または、護憲、護憲、九条を守れ、
     という掛け声の中で、太平楽な選挙をしているが、
     我が国家が突如危機に直面すれば、
     「改正」も「護憲」も「9条」も「蜂の頭」もない。
     その時の総理大臣は、
     総理大臣の権限に基づいて、
     総力を挙げて危機克服の決断をしなければならない。
     その克服の成否は、一にかかって総理の力量に委ねられる。
     だから、「馬鹿な大将(総理大臣)、敵より恐い」、という。
     阪神淡路大震災の村山富市、東日本大震災の菅直人を思い出されよ。
     此の問題意識と観点から、この参議院選挙において、
     こともあろうに共産党と組んだ徒党に、絶対に騙されてはならない、
     同時に、連立与党内の、容共(中国共産党)集団を見抜き
     それを排除しなければならない。

     以上を語ってから夕方に夕刊を観れば、
     「ダッカで邦人人質か」との大見出しが目に飛び込み、
     今朝は、「テロ 7邦人死亡」の大見出しの下に 
     「バングラ 死者20人」、「実行犯6人射殺」、「IS犯行声明」が並んでいた。
     痛恨の思いである。
     だが、日本人に犠牲者はいなかったが、
     直前の六月二十九日未明にも、
     イスタンブールのアタチュルク国際空港で、IS系の自爆テロが行われ三十六人が死亡し百四十七人が負傷していた。
     テロは、何時、何処で行われるか分からない。
     まさに我が国も、テロに囲まれているのである。
     
     中東のISの本部に、
     「憲法九条」をアラビヤ語で書いて送っておけば
     安全だと思っている馬鹿は、まさかいないだろう。
     いや、いるかも知れない。なさけない哉。

    (二)
     この参議院選挙における最大の課題は何か。
     それは、「国防」と
     「北朝鮮による拉致被害者の救出」であると、
     街頭で会場で語り続けてきた。
     
     海洋国家である我が国の存立の為の生命線は、
     南シナ海と東シナ海のシーレーンである。
     中共は、現在、着々とこの海域における「制海権」と「制空権」を奪い、
     我が国を存立の危機に陥れようとしている。
     
     しかるに、与野党とも、申し合わせたように、
     この課題にフタをして見ぬ振りをしている。
     その理由は、憲法改正と言う方も、九条守れと言う方も、
     ともに仲良く「戦後体制の中」に安住していたいからである。
     
     つまり、国防はもちろん、
     北朝鮮による拉致被害者救出を、
     まさに実現する為には、
     自衛隊を軍隊に再編したうえでの軍備の増強が必要となる。
     従って、与党は、これに触れて「騒がれる」よりも、
     フタをしておいた方が選挙に有利だという、
     国民を馬鹿にした判断をしているのだ。
     野党も、火事の中でも平和、平和、九条と言う方が票になると思っている。
     これ、与野党とも、
     反国家的痴呆を発症しているのだ。

     しかし、中共に感謝すべきなのか、
     丁度、この参議院選挙を目がけたようにやってくれている。
     
     まず、南シナ海の要塞化工事をほぼ完成させた中国海軍軍艦が、
     北の東シナ海の我が領海を窺い犯し始め、
     同時に上空でも、中国空軍機が、我が領空を窺い始めたのだ。
     
     已むに已まれぬ憂国の思いからであろう、
     六月二十八日、
     元航空自衛隊航空支援集団司令官の織田邦男空将が、ネットで、
     東シナ海上空で我が領空に接近した中国軍戦闘機が
     スクランブル発進した我が空自戦闘機に
     「攻撃行動を仕掛け、空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」
     と公表してくれた。
     織田空将は、
     「常識を度外視して中国軍機が尖閣上空まで接近してきている。
     これが常態化すれば領空の安定は守れなくなる」
     と強調した(以上、産経新聞六月二十九日朝刊)。
     これ、
     民主党の菅直人内閣の時、
     同政権がひた隠しにしていた
     尖閣領海内に侵入した中国の「漁船」の我が巡視船への「攻撃」を、
     一色正春が影像で公表したのと同じである。
     
     自公の現政権も、菅直人と同様に、
     中国軍機の「攻撃」を国民に隠しておきたいのだ。
     この点、現政権も、戦後体制下の菅直人と「同類」である。
     そして、三十日、
     自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長は、
     本年四月~六月の中国軍機に対する航空自衛隊機のスクランブル発進が、
     過去最高だった昨年を一・七倍も上回る約二百回に跳ね上がっていると発表したのだ。
     一日に二~三回の頻度で、中国軍戦闘機が我が国の領空に向けて飛来しているのだ!
     この統合幕僚長の発表は、まさに、織田空将の
     「領空の安定を守れなくなる」
     という痛切な警告を裏付けるものである。

     さて、この「領空の安定」は、我が国の存立に関わることである。
     従って、「妥協」すべき領域にある事態ではない。
     以下は、この選挙において、
     街頭および集会で、連日私が述べていることである。

    1、総理大臣は、
     最高指揮官として航空自衛隊と海上自衛隊を激励し、
     我が生命線である領空と領海の安定を断固として守るという決意を披瀝すべきである。
    2、スクランブル発進をして遙かな東シナ海の上空で中国軍機と相見えた
     空自戦闘機のパイロットは、
     「戦域から離脱」してはならない。
     臆することなく敵機の攻撃行動に応じて、
     一挙に敵機の燃料を消尽させて大陸基地に帰還できなくせよ。
     そして、中共のパイロットに、
     あの日本の空域には接近したくないという恐怖心を叩き込め。
    3、こちらが先に「戦域から離脱」すると、
     かならず敵機はそのまま我が領空深く侵犯してくるようになる。
     従って、警告を無視して侵入してくる中国軍戦闘機を撃墜することを躊躇うな。
    4、私は、平成九年五月、尖閣諸島魚釣島に上陸視察して、
     そこにヘリポートがあるのを現に観てきた。
     従って、我が国は、そのヘリポートを利用して一夜にして魚釣島に
     陸上自衛隊の地対空、地対艦のミサイル基地を設置すべきである。
     そして、領海と領空を侵略する艦船と飛行機を、撃沈し撃墜する体制を整えよ。


    【2016/07/04 11:04】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    この本を買った
    yomei.jpg

    なんだか不思議な題名だったので、
    全然知らないでこの本を買った。

    どうやら右系の人が、
    日本が好きで、反日諸外国?が嫌いで、
    反日日本人が嫌いで、
    なんとか日本を取り戻したいとインターネットで活躍しているらしい。

    それも、プロジェクトチームというので、
    一人の人ではなく、亡くなった方もおられて、
    左翼からの削除要請にも関わらず、
    かえってそれを追い風として本まで出したようだ。

    各個人がメールなどでできることを
    拡散、例示している運動系のブログのようだ。

    どこから読んでも面白かった。
    マイナンバーで通名をいくつも持っていることが出来なくなったことなど、
    在日の特権を暴いている。

    いつの間にか、こんな風に日本を思う個人個人が、
    自分のできることから動いているんだなぁとしみじみ思った。
    【2016/07/02 10:36】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)