奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    06 | 2015/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES
  • 父のこと(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)
  • 面接(03/11)
  • 正論4月号(03/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)
  • bunn (03/21)
  • あきんど@泥酔 (03/21)
  • あきんど (03/20)
  • 池田俊二 (03/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (6)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (507)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    お盆が近づいた
    旧だか、新だか・・・・とにかくお盆が近づいた。

    この時期、
    本当に長女のことが強烈に思い出される。
    妹たち(我が家の次女、三女)も、
    長女のことを身近に感じるという。

    絶対に帰ってきてるんだね・・・・と話し合う。

    先日、私は夢の中で、長女の歌声を聞きながら、
    彼女の腕をさすっていた。
    目をあけるとこの腕もなくなるのだと分っていたから、
    目を瞑ったまま、左の腕をさすり続けた。
    彼女の指の先まで触って、その感覚が残っている。

    私はどちらかというと涙もろい人間ではないが、
    このところ、
    娘が帰ってきているからか、
    涙を我慢しなければならない瞬間が、
    突然訪れる。
    スポンサーサイト
    【2015/07/28 23:05】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    古い友人
    小学校の頃からの幼馴染の男性と、
    その友人(やはり男性)で、その人も高校生のころから知っている人と、
    新横浜で会った。

    二人とも、女房に先立たれている。
    奥様達はそれぞれ58歳、59歳で癌だった。
    二人とも男やもめの一人暮らしで、
    退職して、ぶらぶらと暮らしている。
    まぁ、大手の企業に勤めていたので、
    老後の資金は安泰のようだ。

    二人とも、頼りになるのは息子ではなくて、
    娘のようで、
    娘からはいずれ同居しようという話があり、
    その時は、今住んでいる家を売って、
    資金にしたいと考えているようだ。

    二人とも、去年救急車で運ばれたという。
    一人は家庭内で骨折、
    一人は路上で気を失ったという。
    いずれも娘が飛んできた。

    元気だせよ、じいさん!という感じ。
    その点、女性は強い!と思う。

    【2015/07/24 17:37】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    夏休みの始まり
    自分が小学生の頃、
    夏休みは本当に楽しみで楽しみで、
    あのころの気分はいつでも思い出せる。

    夏休み帳の配布、
    ラジオ体操カード、
    児童会の集まり、
    「肝油」の配布、
    学校は短縮授業になり、
    8月31日までの開放が待っていた。

    7月中に宿題を全部やり終えて、
    悠々自適で遊ぼうと思っていても、
    8月の終わりには図画が残っていたり、
    天気が空欄だったりして、
    やっぱりあわてたものだ。

    孫の場合、絵日記はたった二枚でいいんだそうだ。
    ラジオ体操も一週間行けばいいとか、
    なんだかちょっと違う。

    でもやっぱり、自分の夏休みじゃないのに、
    うきうきしてしまうのは、
    まだ心が子供だからだろうか。



    【2015/07/21 18:38】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    今日も読書
    nagahama1.jpg

    前半部分は今までの本と大体同じだけれど、
    一番印象に残ったのは、
    公職追放についての詳しい記述。

    GHQの教職追放令により
    自主的にそんな教育をするのは嫌だ・・・という感じで、
    追放される前に職を辞した人が約12万人居たといいます。
    そして、公立私立を問わず、
    すべての学校(大学、高校、中学校、小学校)の教師および職員、
    教育関係役人、教育委員、教科書出版社にこの命令は出され、
    初年度5000人が「教職不適格者」として追放されたそうです。

    こうして、相互密告と思想チェック(日本に対する愛国心のあるものの摘発)が行われ、
    食べていくために転向していったのです。

    戦後の歴史学会、歴史教師はすべて連合国史観=自虐史観の人間しか残らなかった。

    職場からの追放、
    二度と公職につけない、
    恩給の停止、
    法外な罰金、
    生活していくための転向とはいえ、
    占領が解除されてもなお、歴史学会の歴史観は正常に戻ることがなかったのですね。

    まともな教育者を全部排除されてしまった日本。
    「歴史を失わせ、滅ぼす」目的の占領軍の方針。
    70年経っても、まだ続いていることにため息がでます。
    【2015/07/15 09:07】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    渡辺望さんの本(3)
    watanabe2.jpg

    今回もうれしいことに、うさねこさんこと、
    渡辺望さんが新刊を出された。

    私にこの本の感想をきっちり書くだけの力量はない。
    というのも、大東亜戦争時の詳しい戦局や、
    誰がどう関わったかということに対する詳しい知識がないからだ。

    女は・・・・・という書き方はちょっと卑怯かもしれないが、
    女はそういう戦局についてあまり興味がない。
    というか、私はそこまでの知識を得たいという気持ちがなかったので、
    学校で習ったことくらいしか知らない。

    今年はあの戦争が終わって70年。
    節目といえば節目だけれど、
    いつだって戦後が続いている。

    安倍総理が談話を出すというし、
    ともかくやっぱり70年ということで、
    もうあの戦争に直接関与した人もどんどん亡くなっていく今、
    終戦記念日の夏に向かって世間はざわざわしている。

    そんな中、渡辺さんが「大東亜戦争を敗戦に導いた 七人」という本を出された。

    未だに日本は本当の戦後を生きているのではなく、
    「永続敗戦」のただ中にあるのだ。
    戦後を始めるために、
    「敗戦責任」を明らかにしなければならない・・・・という趣旨の本だ。・・・・と思う。

    つたない頭脳で考えるに、
    日本は連合国による占領中に東京裁判という裁判もどきで、
    判決を言い渡されたので、
    自らがあの戦争をきっちりと総括する暇がなかったのだと思う。
    そして、独立を回復してからは、
    焦土と化した日本の再建に思いも力も注がれて、
    戦争の本当の反省ということがないがしろにされてきたのだ。

    この本を読むと、心がずきずきと重苦しい思いになる。

    そうか、そんなことがあったのか、
    そうか、もしその情報が伝わっていたらとか、
    その命令がなかったらとか、
    確かに敗戦を濃厚にした人々の具体的な事実を知ると、
    もうすこしましな終戦があったかもしれないなと、
    あるいは、戦争までしなくても良かったのかもしれないととても
    残念に・・・・・いや、残念なんて生易しいものではないけれど、ともかく・・・・思う。

    日本の意志だけで戦争が決まったわけではないから、
    じたばたあがいても、日本の運命は変わらないのかもしれないけれど、
    世の中は力の引っ張り合いで、
    ベクトルは決まっていくのだから、しょうがなかったのかもしれないけれど、
    それでももうちょっとjましな敗戦がはったのかもしれないと悔しく思う。

    こうやって渡辺さんが、固定化した悪玉論や、善玉論を排して、
    きちんと反省をするべき材料を思い出させてくれているということは、
    これこそがあの戦争の総括であり、
    次に同じ間違いを起こさないように、
    学習をする「日本」を取り戻す一歩なんだと思う。

    いつの世にも、自分ばかりが大切だったり、
    自分の属する組織ばかりが大切だったりして、
    本当に冷静に国のための判断を狂わせることがある。

    渡辺さん、貴方の知識と直感は日本を本当の戦後に向かわせてくれると思います。
    【2015/07/08 16:21】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    七夕祭り
    近所の商店街で、
    七夕祭りがありました。




    孫たちが浴衣姿です。
    浴衣を着ていると、お菓子がもらえるんです。
    【2015/07/04 23:09】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    父のこと27
    一週間に一度は父のところを訪れるようにしている。
    前日にFAXを流しておくと、
    印字した紙を机rの上において、
    楽しみにして待っていてくれる。

    でも、今日は、なんだかすごく眠たいようで、
    ほとんど寝ていた。

    午前中に歯医者に行ったとかで、
    疲れていたのかもしれないが、
    いつもはどんどん話しかけてくれるのに、
    寝ていた。

    父の家から見える広島市内。
    横川電車通りを
    十日市方面つまり南側…海側をのぞむ。




    来週はトランプを持って行って、
    ババ抜きをしようと決めた。
    そういえば、認知症になった母とも、
    何度も何度もババ抜きをしたものだった。
    【2015/07/03 18:00】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    その後の水泳
    スタートエンドターンというのを習い始めた。
    壁をけって、少し深く潜行し、
    推進力がなくなったころにドルフィンキックをして、
    その後浮き上がってからクロールをするといいのだそうだ。

    で、

    畳の上の水練ではなく、
    パソコンの前のユーチューブで、
    ドルフィンキックのイメージトレーニング。
    いろいろな動画を見ている。

    実際に水中でやろうとすると、
    むずかしい~~~
    ターンにも、タッチターンと、
    クイックターンがあって、
    クイックの場合は、
    でんぐり返しをしなくちゃいけない。
    タッチターンがまぁまぁできるようになってので、
    でんぐり返しをやってみると、
    斜めに浮き上がるし、
    つ~~~んと、水が鼻から入る。

    先が長い。

    でも、キック力だけはあるんだって。
    いつの日か、バタフライを泳げるようになりたい。
    【2015/07/02 23:04】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)