奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    04 | 2014/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    RECENT ENTRIES
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)
  • 能登半島の(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • 奥様 (08/18)
  • あきんど (08/15)
  • 苹@泥酔 (08/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (8)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    父のこと13
    93歳の父は、介護保険にはまったくお世話になっていない。
    だから、デイケア―とかにも行かない。

    隣に兄夫婦がいなければ、
    それでも少しくらいの生活支援はしてもらっていたかもしれない。
    炊事、洗濯、掃除全部兄嫁にやってもらっているのだから、
    本当は自立しているとは言えない。

    今月は二回目の我が家訪問。

    今回、JRの切符の購入でとらぶったらしい。
    券売機の新しい型のものは、
    どこをどう押していいのか分らなくなったのだそうだ。
    とうとう駅員さんに助けてもらったとか。

    それから外出するのに、杖を絶対に持たない。

    だが、本当は歩行にもかなり不安があり、
    できれば杖を使って欲しいのだが、
    本人のプライドが許さない。

    我が家のエレベーターでも、
    乗ってから、何をどう押すのか分らなくて、
    中でしばらく動かない状態だったらしい。

    なんでもないそういうことが、
    だんだん出来なくなっている。
    それでもなんとか、今日も我が家に来ることができた。



    スポンサーサイト
    【2014/05/29 16:46】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    おとこやもめ
    小学校の同級生で、
    家族ごと仲良くしていた友達がいる。
    友達といっても、男性で、
    ○○ちゃん、□□君と呼び合った仲だった。
    お互いに家庭を持ち、遠くはなれていたので、
    年賀状くらいのやりとりだったけれど、
    去年、久しぶりに電話連絡が取れて
    ウン十年ぶりに再会した。

    なんと、奥様を介護のすえ、亡くしていた。
    最近やっとやもめぐらしに慣れてきたようだ。
    そしてその人と共通の友達もまた、
    奥様を先に病気で亡くしていた。

    土曜日、新横浜で三人で会った。
    二人ともまだ若い!?のに仕事はもうしていない。
    時間を持てあまし、
    大学の聴講生のような感じで勉強はしているようだけれど、
    でも、基本的に静かな会話の少ない暮らしをしている。

    病気のこと、お墓のこと、孫のこと・・・・・・
    まだ結婚が決まっていない子供のこと・・・・・・
    話はどうしてもそれらの話題にうつる。

    女性が残される分は、
    なんだか返って若々しくなったり、元気になったりするというが、
    男性が残されて一人ぼっちで生活をしているのは、
    どうにもさみしそう。
    二人とも奥様の自慢をしている。
    生前もそんなに感謝していたのかな?

    どっちが先に行くかなんて、決まりはないのだから、
    ある程度年齢がいったら、
    いや、いかなくてもかな、
    お互いに大事にしあわないといけないなぁとしみじみ感じた。
    【2014/05/26 22:59】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    沖縄
    「女性自身」の記事が出てからすぐに、
    竹富町が八重山地区から脱退するという新聞記事が出た。
    沖縄の県教委は認めているが、
    石垣市と与那国町は認めていなかった。

    でも、結局文科省もずるずると竹富町のわがままを許すしかないのか。
    裁判で訴えることはしないという。
    如何にも日本の事情らしい。

    信賞必罰が、結局法に従う順法精神を養う。

    最も教育として最悪なのは、
    ずるがしこく立ち回ることが勝ちになること。
    なしくずしを正当とみとめてしまうこと。

    人間社会が成熟するということは、
    そういう、決まりを守るという最低限のことが必要なのになぁ・・・・・

    犬や猫のしつけでもわかることなのに・・・・・・。

    【2014/05/23 16:36】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    DV被害者
    詳しいことは分からないのだけれど・・・・
    というか、詳しく根ほり葉ほり聞いていないのだけれど、
    DV被害にあって、
    母親と子供が逃げるようにして新しい生活に突入するため、
    いろいろ必要なものがあり、
    提供してくれないか・・・という連絡があった。

    そういえば、我が家は空き部屋!?が多く、
    古い家具もかなり残っている。
    子供たちの勉強机、椅子もあるし、
    自分の結婚以来のダイニングテーブルもある。

    先日、バザーにいっぱい出したあとだったのがちょっと惜しい!
    あの時、鍋やカーテンなども出してしまった。

    でもまぁ、使わない布団、食器、タオル、折り畳みテーブル、
    いろいろ該当するものがあったので、申し出た。
    勉強机はいらないそうだ。
    ・・・・・中学生と高校生がいるんだって・・・・・・

    でも、ダイニングテーブルはやはり欲しいとのことで、
    持って帰ってもらうことになった。
    古いけれど、使ってもらえることはいいことだと思う。
    【2014/05/19 21:56】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    美容院で
    女性自身最新号5月27日号(2633号)をぱらぱらめくっていて、
    おっと驚いた。

    沖縄の竹富町の記事だ。

    女子中学生二人、男子中学生三人、
    挟まれて小柄なちょっと年齢が多い女性の写真。

    育鵬社の教科書を採択したのに、
    寄付で集めたお金で東京書籍を使っているという、あの竹富町!

    あんまり腹がたったので、出版社の光文社に抗議の電話をした。
    そして、まとめた文章を書くことにした。

    つっこみどころ満載の記事なんだけど、
    むかむかして、
    なかなかまとまらない。

    いちばん腹立たしいのは、
    子供たちの写真を掲載して、中学生を楯にしているところだ。

    美容院でたまたま女性週刊誌「女性自身」を見ていて、びっくりした。芸能人のあれこれが90パーセントの内容の中に、沖縄竹富町の教科書問題が「シリーズ人間」というコーナーで7ページに渡って取り上げられている。

    女子中学生が二人、男子中学生が三人、その間に元教師で84歳の沖縄戦の語り部といわれるおばあさんがスクラム組んだ写真が、2ページにまたがって大きく掲載されている。そしてその上に重なって主題を訴えているのは、特大の文字の「中国より安倍さんがこわいです」。

    竹富町の新聞沙汰になっている問題のポイントは、教科書無償措置法の中で、八重山地区の採択協議会で同一の教科書を使わなければならないという決まりに、竹富町だけが従わず、異なる教科書を使用していることなのだ。だから文科大臣が「大変遺憾」と言ったのである。もう一度強調しておこう。法令に則っていないことを「遺憾」と言ったのだ。文科省が育鵬社版を押し付けているのではなく、八重山地区で法令に則って決まったのが育鵬社版だから、法令に従えと言っているだけであり、そのことをまるで国家の圧力呼ばわりである。

    本当の問題点にはほとんど触れず、まるでつくる会系の教科書を子供たちに使わせたら、再び「また子や孫が戦争にとられるの?」式の、平和念仏教の一種のためにする記事である。

    つくる会系の教科書を、憲法改正やアジア地域の緊迫化を強調する、好戦的とも取れる教科書と決めつけている。好戦的とは何をさしているのかと思ったら、尖閣問題を取り上げているからのようだ。そしておそらく憲法改正が九条に関わるから、自衛隊を軍隊と位置付けることが好戦的ということになるのだろう。

    現在、アジア地域が中国の強引なやり方に、緊迫の度を増しているのは周知の事実だ。ベトナムも、フィリピンもそうだし、日本にとって、尖閣問題は中国からの挑発そのものである。力を誇示して圧迫してきているのは中国であるのに、それに対抗した力を準備してはいけないということらしい。

    沖縄戦の語り部という仲村貞子さんの語っている内容は支離滅裂である。そして、それをそのまま記事にしている女性自身の記者もものごとの道理が全く分かっていないように思える。

    たとえば、「『死ね』と強要したのは日本人で、生かしてくれたのが『鬼畜』と教えられた米兵だったのだ。」というが、火炎放射器で洞窟に隠れていた沖縄の日本人を焼き殺していったのは米兵だ。町のそこらじゅうに死体が転がっていたといっているが、民間人も区別なく殺していったのは米兵だったのに、矛盾していないか。

    沖縄の人が一人でも多く助かるように疎開させたのに、それが死者を増した原因であるかのように言う。


    沖縄を欲しがっている中国にとって、この「女性自身」の記事は大歓迎の内容だろう。

    女性自身はごくごく普通のおばちゃんが読む雑誌だ。こんないい加減な記事を書いて、竹富町の教科書問題はそういうことかと思ったらどうする。

    「戦争は殺すか殺されるかですよね。そんなことにならないように頑張らなきゃ」
    というなら、力には力を準備しなければならない。抑止力を持たなければ、やられっぱなしの悲惨さを味わうだけになるではないか。元寇のときに対馬の人々がほとんど皆殺しにあったようなむごいことにならないためにも、中国から近い沖縄が、守りの防波堤になってしまうのは必然ではないか。二度と沖縄が犠牲にならないようにするためにも、憲法九条を改正し、普通の国として手足を縛っていた鎖をほどき、日本だって無茶なことをしたら報復するぞという意思を示し、相手が手出しをできないようにしなければならない。

    沖縄のためにこそ、つくる会系の教科書が必要なのだ。

    「教科書問題は政治的・戦略的に位置づけられているんじゃないかと思う」と言っている人がいるが、
    まさにそのとおり、そうやって今まで戦後教育がゆがめられてきたのだ。


    【2014/05/16 16:38】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    外国人労働者受け入れ?


    今日の産經では
    政府は特区を設けて、
    外国人労働者を先行して受け入れることを検討しているとか。

    建築関係の技能労働者や、
    家事労働?

    安い外国人家政婦を入れて、
    日本人の女性を社会進出させるって???
    シンガポールやオマーンやドバイのように、
    家庭にはメイドが居ることが当たり前の世の中にするって?

    で、家事や育児をメイドに任せ、
    主婦はやめて社会進出?

    ん~~~~~ん

    シンガポールではメイドさんは妊娠したら、
    すぐに故郷に送り返されるのだそうだ。
    たとえ、その家の主人による妊娠であっても・・・・・。
    冷酷に、単なる労働者として、
    労働力がなくなったら強制送還!


    安倍さん、大丈夫???

    外国では失敗しているんですけど~~~~~
    成功しているかに見えるところは、
    めちゃくちゃ冷酷なんですけど~~~~


    3Kの仕事を外国人にゆだねるようになった失敗例は、
    外国にいっぱいある。

    学んでほしい。

    だいたい、育児や家事を「つまらない」もの、
    働くための「障害」などと思うから間違っている。

    日曜日のたかじんでも誰かが言っていたけれど、
    乳幼児を産んで育てていくことほど社会貢献するものはないのに~
    【2014/05/13 16:00】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    子育て
    子供を育てていくことが、
    人間が育って行くことなんだと思う。

    人の親になって初めて、
    いろいろなことを経験していく。
    守らなければならないものを持つことで、
    本当の一人前の人間になるのだ。

    4月、新学期が始まり、
    幼稚園に小学校に行き始める。
    決まった時間に起こし、
    朝食をとらせ、
    学校へ、幼稚園へ、行かせる。

    規則正しい毎日が始まり、
    気ままだった日々が終わり、
    子供も親も、いろんな摩擦を乗り越えながら、
    社会の中の一員として生活し始める。



    今日は「母の日」で、
    みんなに「いつもありがとう」と言われ、
    そうか、
    私もだいぶ、大人!?になったんだなと思う。



    【2014/05/11 21:33】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    バザーの季節
    私のパソコンをする部屋には、
    今日まで段ボールが山積みになっていた。

    一年かけて、だんだん古着が集まって、
    やっとそれを提出?する期間になって、
    今日、一気に運んだ。

    軽自動車の後部座席を倒し、
    段ボールをぎっしり積み込み、
    助手席にも、
    天井までいっぱいになって、
    サイドミラーもバックミラーもほとんど見えない状態で運転。

    到着するまでちょっとはらはらどきどき。

    処分するために買うんだか、
    せっせせっせとためこんだいろいろなものを、
    もういらないからと処分する。
    現代の日本の、
    ありあまる物に囲まれている
    究極の無駄なのかもしれないけれど、
    それでもやっぱりまた買ってしまう。


    長女がよく着ていたエスニックな、
    安物なんだけれど、
    如何にも長女っていう洋服は、
    まだだいぶ残してある。
    【2014/05/07 17:44】 断捨離 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    夫婦岩も

    見てきました。

    伊勢志摩あたりは、
    もう35年くらい前に旅行をしたことがあります。

    だから、今古くなった方のお宮の
    もう一つ前のに参拝したことになります。

    ヨーロッパの建築はもう外回りはずっと古いままの石造りだけれど、
    日本は20年でもう作り直しちゃうんですねぇ。
    宮大工さんの技術の継承という点からも、
    そのほかの道具を作る技術の継承も、
    ある意味なかなかの知恵です。

    組みひもや、織物や、金細工や・・・・・

    「せんぐう館」というのが外宮にあって、
    なかなか見ごたえのあるものでした。

    連綿と続くということに意味があります。

    途絶えることなく日本も伊勢神宮も続いて欲しいものですね。
    【2014/05/06 10:19】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    内宮

    正宮

    【2014/05/05 13:16】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    伊勢に来ました。

    昨日は外宮を見てきました。

    せんぐう館が素晴らしかった。技術の継承が伝わります。

    【2014/05/05 08:51】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    アフォリズム
    西尾先生の本から、
    短文を選んだアフォリズムの特集?をやった。

    これが意外にやっかいで、
    私としては出所場所をきちんとしたいし、
    一字一句正確にしたかったので、
    文字を照らし合わせる日々が続いた。

    今回のアフォリズムを選んだ村山さんは
    結構自分流に解釈されたりしているようで、
    大幅な略があったり、
    主語が添えてあったりして、
    これを直すのが大変だった。

    そりゃあ、そのまま載せれば楽ちんなんだけれど、
    西尾先生の文章は「て、に、を、は」まで、
    考え抜いて書かれているので、
    ちょっとでも変えるのは嫌だったので、
    こだわった。

    別に仕事でもなく、
    義務でもないのに、
    でもこれが私の役割だと思って・・・・・・

    西尾先生の文章は、
    こんな風な抜き書きした文章だけでも、
    きらきら光っている。
    それが一篇の随筆となり、
    論文となり、全集となっているのだから、
    本当にすごいことだと思う。
    【2014/05/01 18:00】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)