奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2013/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • 孫守り(03/26)
  • 父のこと33(03/24)
  • 父のこと32(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/26)
  • あきんど (03/26)
  • あきんど (03/26)
  • あきんど (03/26)
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (8)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (509)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    一周忌
    長女の一周忌の法要をした。

    法事だけの出席が48名、
    その後の会食に42名の参加。
    会食場所は「雛の料亭 地御前」という料理屋。

    親戚、友人が集まり、
    彼女のアルバムを見ながら
    彼女の思い出を語り、
    飲み、食べた。

    あっちゃんが最初の頃に涙が止まらなくなっていたこと、
    とても印象的だった。

    もう、一年。
    正確にはあと一週間で一年。

    よく数字の不思議をここと書いたことがある。
    今回の法事でも、その偶然を話したりしたが、
    帰りに駐車場で、
    私の車のすぐ横の車のナンバーが1122・・・・
    長女の誕生日の数字だった。

    やっぱり~

    茶ノ子には、
    長女がデザインした絵柄の、
    特注した金魚の模様のタオルにした。

    関東にいる長男(我が家の末っ子)は、
    法要にちょっと遅れたけどやってきて、
    友人が亡くなったからといって、
    とんぼ返りで帰って行った。

    長いような、短いような一日が終わった。

    スポンサーサイト
    【2013/11/30 23:24】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    竹田恒泰氏について
    24日、広島で竹田恒泰氏を招いて講演会が行われた。
    550名入る会場は一杯で大成功に終わった。
    私も少し手伝った関係で、
    役得?でサインをいただくことができた。

    本当は写真も撮らせてもらったのだが、
    ブログには出さない・・・という約束だったので、
    出さない。




    竹田氏がちょっとちゃらちゃらした番組に出ることを、
    嫌がる人も多いようだが、
    私は肯定的にとらえている。

    国民の大半は実はちゃらちゃら?しているのである。
    で、マスコミはなんとかかんとかというけれど、
    やはりテレビの影響は大きい。
    大勢の人が、テレビに出ている人なら見てみたいと思うのだ。
    普通の、ごくごく普通の日本人に、
    本当はわかってもらいたいことが山ほどあって、
    固い月刊誌や、討論番組など見ない人たちにこそ、
    意識を変えてほしいのだから、
    竹田氏がお笑いっぽい番組に出ることは、
    そういった人たちを引き付ける効果があるのだ。

    おばちゃんの追っかけがいるっていうけれど、
    それでもいいんだ。
    若い人にも、普通の人にも、
    分かりやすく、面白く、感動も味わえる話し方だし、
    いっぱい仕事をしてほしいと思っている。

    24日は一日で三度の講演をこなされたそうだ。

    【2013/11/25 21:45】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    父のこと9
    昨日電話があり、今日父が我が家を訪れるということだった。

    いつも11時頃には着くのに、
    今日はちょっと遅かったので心配した。
    我が家に近いJRの駅から、
    通常なら徒歩6分くらいだが、父なら10分はかかる。
    しかも、道幅が狭く、車の往来があるので、
    年寄には歩きにくい道だ。

    いつもは歩いてくるのも父の訓練になると思い、
    あえて駅まで迎えにはいかないことにしている。
    だけど、いつもより遅かったので、やはり心配で、
    今日は迎えに行った。

    ちゃんと歩いてきていた。
    途中で車に乗せた。

    いつもは人がいる切符売り場で切符を買っていたらしいが、
    今日はそこが混雑していたので、
    券売機で買うことにしたようだ。
    で、ずいぶんきっとそこで迷っていたのだろう。
    「何か、お困りですか?」と、女性の方が聞いてくれたので、
    「切符が出ないんです」と言ったのだそうだ。
    切符は下の方から出て来ていたのに、
    気が付かなかったようだ。
    そんなこんなで、いつもより時間を取られたんだとか。

    そういう、ちょっとした、なんでもないことが出来なくなっている。

    とはいえ、230円という金額もちゃんとわかっていて、
    降りる駅もわかっていて、
    一人で来られるだけえらい!
    帰りはいつも通り、家まで送って行った。

    【2013/11/21 21:07】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    怒涛の一週間
    普通に仕事をしている方からみれば、
    全然たいしたことじゃないんだけれど、
    主婦!?である私にとって、
    今週は怒涛の一週間だった。

    なにしろ、夫の昼ご飯を五日間作らなかった!
    ということは、孫とも
    五日間ほとんど会わなかった。
    夕ご飯も夫と一緒に食べたのは三日だけ。
    主婦として、大幅に仕事をしなかったので、
    罪悪感?がいっぱい・・・・・でもないか。

    パネル展にまる二日費やし、
    翌日は「つくる会」のあいさつ回りに同行・・・・
    つまり運転手。
    金曜日、早朝から新幹線に乗り東京へ。
    明治神宮での結婚式、豆腐のうかい亭で披露宴。
    私は一人で東京駅近くのメトロポリタンホテルに宿泊。
    土曜日・・・つまり今日、
    父たちが泊まっていた東京ステーションホテルに
    父を迎えに行った。
    メトロポリタンホテルは東京駅の北の端に、
    東京駅にまたがるようにして建っていて、
    東京ステーションホテルとは歩いて5分。

    父は私より一足先に兄一家と上京していたので、
    二泊三日の旅行?ということになった。
    兄嫁と私の切符を交換し、
    今日は父と私の一日となった。

    横浜の叔父に会いに、
    東海道線のホームに上がって、
    そこに停まっていた「踊り子」に乗ってしまったから、
    特急券とグリーン指定席券を余分に払ったけど、
    まぁ、父が楽だっただろうから、それはそれでいい。
    横浜駅からはタクシーで行った。
    横浜の叔父も喜んでくれた。
    再び、新横浜までタクシーで行き、
    駅ビルでざるそばを食べ、
    時間調節に父とスターバックスに入った。


    父も楽しい一日だったといってくれた。

    父を連れて無事に帰ってこれてよかった。
    【2013/11/16 19:48】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    フランスのあと

    明治神宮で結婚式。可愛かった。

    【2013/11/15 19:43】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    従軍慰安婦の嘘を暴くパネル展
    ここでも紹介しようかなぁと思っている間に、
    本日終了してしまいました。

    「従軍慰安婦」の嘘を暴くパネル展を二日間開催しました。
    二日目の最後には、つくる会の副会長を招いて講演会もしました。

    平日だったので、入場者数を期待していませんでしたが、
    前日は54名、今日は120名の来場者で、
    大大成功でありました。


    つ・つ・つかれたぁ~~~

    【2013/11/13 23:24】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    渡辺望さんの本
    蒋介石の密使 辻政信(祥伝社新書) (祥伝社新書 344)蒋介石の密使 辻政信(祥伝社新書) (祥伝社新書 344)
    (2013/11/02)
    渡辺望

    商品詳細を見る


    ここのブログのコメント欄でもおなじみの、うさねこさんの新刊です。

    いやぁ~~~勉強しているとは思ったけど、さすがですね。

    この本についての書評は何日か前に宮崎正弘さんがお書きになっていましたね。
    私は本の内容をうんぬんできる力量はありませぬ。。。

    恥ずかしながら、辻政信・・・・・ほとんど知りませんでした!
    で、読んでいるとなんだか怖くて、
    この人、本当に日本人なんだろうかと思いました。

    蒋介石が中学生の頃に刷り込まれていたような、
    親日家の善人ではないことは、最近の研究でわかるようになりました。
    台湾に行ったとき、蒋介石をまつる「中正紀念堂」に行き、
    微動だにしない衛兵に守られている様子に衝撃を受け、
    それほど好い?立派な?人なのか・・・と思ったものです。

    宮崎さんも辻政信のことは、そこまで悪く思いたくない・・・という感じでしたが、
    世界は腹黒いし、
    日本の中でも腹黒い人はたくさんいます。
    近現代史の裏側はようやく表に出てきつつあります。

    こういう本を大勢の人が読んで、
    反面教師にして、日本を護って行ってほしいものです。

    うさねこさん、今回のお仕事も、すごい!!!

    【2013/11/08 09:23】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    街宣
    最近では、インターネットが普及し、
    たった一人でも、何らかの活動ができる時代になった。

    一人放送局・・・・・

    人気の番組?は、影響力もかなりある。

    保守系のどこかの組織に属するというのではなく、
    個人の意思で、個人が呼びかけ、
    個人が呼応し、
    街頭宣伝活動をしている。

    拉致問題も、慰安婦問題も、はだしのゲン問題も、
    全部自分たちだけで完結する運動というのが始まっているようだ。

    で、

    そういう若者が広島にもいることがわかり、
    今日はその手伝い?に行ってみた。

    街ゆく人たちは、ほとんどが無関心で、
    チラシすら受け取ろうとはしない。
    大多数のこの無関心な日本人のために、
    日本のために、
    やむにやまれぬ思いでチラシを配っているなんて滑稽だろうか。

    たまに、本当にたまに、
    頑張ってくださいと言われたら、
    なんともうれしい気持ちになる。

    そうして、いつものことだけれど、
    街宣が終わって、一人の通行人になるとき、
    自分の人格を取り戻したような気分になる。
    【2013/11/04 22:18】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    漫画戦争
    以下の情報が廻ってきたので、転載します。

    とんでもない韓国政府の暴挙が発覚した。
    フランスで来年1月に開催される国際漫画フェスティバルに、慰安婦問題を題材にした漫画50本を出品して、日本や日本人の名誉を貶めようとしているのだ。
    我が国の誇るべき文化・漫画を悪用した「反日」政策といえる。
    これに憤慨した日本の若き会社社長、藤井実彦氏が「論破プロジェクト」を立ち上げて、韓国の卑劣な嘘を暴く、真実の慰安婦問題を伝える漫画100本を制作し、「倍返し」の徹底抗戦をするという。
    論破プロジェクトの賛同人としては、
    渡部昇一上智大学名誉教授
    藤岡信勝拓殖大学名誉教授
    外交評論家の加瀬英明氏
    作曲家のすぎやまこういち氏
    「金田一少年の事件簿」の作者で漫画家のさとうふみや氏
    月刊「WILL 」の編集長花田紀凱氏
    作家の黄文雄氏
    等が名連ねている。
    既に漫画フェスティバルに出品する代表作を、11月にフランスでフランス語版を出版するという。
    同プロジェクトでは、この他に、「河野談話」の背景を描く漫画など、数十本を用意しているが、まだ100本に満たない。
    このため、プロでなくても、学生や一般人など『漫画心』があり、「日本を守りたい」という人たちの協力を求めている。
    また、協賛金も募っている。
    公式HPは、http://rom-pa.com関連記事、月刊WILL 12月号にも。
    (夕刊フジ2013年11月1日号より)


    【2013/11/02 16:27】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    椅子の修理
    食卓の椅子が残念なことになって久しい。

    というのは、うちの椅子の背もたれには、
    籐が張り付けてあって、
    そこが猫にとって、心地よい爪とぎになっているから、
    六つある椅子全部の背中がばさばさ状態になっているのだ。
    座面の横も、ぼろぼろになっている。



    で、私は布のカバーを作って覆っていた。
    カバーをかけて三年以上経つ。

    家具メーカーに聞いてみると、
    背もたれの籐の部分の修理に一万円、
    座席のところもそのくらいで、
    一脚で二万円以上かかるらしい。
    新しいものを買おうかとも思ったが、
    まだ猫が生きているので、
    また爪とぎにされたら嫌なので、
    自分でちょっとなんとかしてみようと考えた。






    籐を止めてある太い籐を
    マイナスドライバーと金づちではずし、
    切れ切れになっている籐をペンチでひっぱり、
    花ばさみで切り、
    ・・・・・・・・
    なんとかかんとかした。

    そして、あらわになった木のみぞと、
    白っぽくなっている部分に
    茶色のワックスを歯ブラシで塗り
    ごまかした。

    ・・・・・・

    テレビを見ながら、四脚作業したら、
    指が赤くなってしまった。
    またしばらくこれで我慢しよう。
    【2013/11/01 22:15】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)