奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2013/10 | 11
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    RECENT ENTRIES
  • 北朝鮮問題(04/23)
  • バッテリー(04/19)
  • 庄原(04/16)
  • おせっかい?(04/12)
  • 斬首作戦!?(04/11)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (04/24)
  • あきんど (04/24)
  • 奥様 (04/23)
  • あきんど (04/21)
  • あきんど (04/20)
  • 苹@泥酔 (04/20)
  • あきんど (04/19)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (7)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (516)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (413)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    天皇陛下に手紙?
    あの山本太郎が、園遊会で天皇陛下に手紙を渡したんだそうだ。

    つまり、ことの善悪が全く分からない子供ってことだ。


    スポンサーサイト
    【2013/10/31 22:25】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    七五三



    孫娘の早めの七五三をした。

    最近ではスタジオで写真撮影をして記念写真を残すことが流行っているようだ。
    昔より、貸衣装がいっぱいあって、
    それはそれは派手。
    女の子はお姫様になれる。

    実は、神社で撮れた写真はごくわずか。
    というのは、スタジオで散々ドレスを着たりして撮影し、
    着物を着たまま神社に行く頃には、
    彼女はすっかり疲れ果て、
    ひもで縛られた着物の窮屈さに疲れ果て、
    大泣き状態になってしまったのだ。

    お祓いをしてもらっている間も、
    痛い、痛い・・・・と泣き叫んでいた。

    可哀そうに~~~~

    で、神社の前で千歳あめの袋を手に提げての、
    お決まりのポーズは撮影できなかった。

    終わった後は肌着だけになってしまった。。。

    まぁ、スタジオの写真が出来るからいいか~
    【2013/10/27 20:52】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    若い芽
    この前ここでYOKOさんの動画を紹介した。

    私はその後、YOKOさんの動画をいっぱい見て、
    この若く、美しく、強く、歌手でもあり、
    英語もぺらぺら話すことのできるこの人を
    本当にすごいと思うようになった。

    ある日突然、自分が自虐史観に侵されていることに目覚めたのだそうだ。
    竹田恒泰さんからの影響が強いらしい。

    他にも、kazuyaさんという人が、
    短時間の動画を配信していて、
    大人気のようだ。

    もちろん、この人も自虐史観を脱している。

    私のようなおばさんが、もう頑張らなくても、
    若い人がバンバンやってくれる時代になったんだなぁと思うと、
    本当にうれしい。
    【2013/10/23 22:34】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    「新報道2001」見ました。
    番組概要ページより

    ソウル 日本大使館前では毎週水曜、慰安婦問題のデモが行われている。7月30日にはカリフォルニア州にまで従軍慰安婦像が作られた。しかし、ビジネス街で韓国人に日本人の印象を聞くとそこまで嫌いではないと話す。ソウル大学 パク・ジンウは過激な反日感情を否定しながらも、「慰安婦」「靖国」「教科書問題」の

    3つが反日感情を呼ぶスイッチであると反した。

    先日の橋下徹大阪市長の慰安婦問題に関する発言では多くのデモが発生した。5月 朴大統領は歴史について発言し、その後も日本を挑発するかのような行動を繰り返し 9月には福島県からの水産物輸入を全面禁止する特別措置をしたと発表した。パク・ジンウ教授はこれら一連の行動がパフォーマンスであり、韓国の政治家は反日感情を利用していると話す。神戸大学大学院 木村幹教授は朴大統領の「1000年」発言について、国内向けに強いリーダーを演出しようとしている部分があると話した。

    韓国ギャラップの調査では、朴大統領の支持率は就任時の44%から10月5日には56%にまで上昇した。「慰安婦」「靖国」「教科書問題」の3つで反日感情は燃え盛り、自らの求心力に使おうとしている。

    竹田恒泰は日韓関係について、あまり日本人は日韓関係を意識することはなく、中国はなければ国の存続に関わるかもしれないが GDPなどの面からもそこまで韓国のことを伝える必要はないのではないかと提案した。宮家邦彦は情念だけではなく、日本の国益を最大にするために冷徹な判断をする必要がある 東アジアのパワーシフトに生き残る必要があると話した。朴一は朴大統領が水面下で日本との関係修復を狙っているのではないかと指摘した。

    萩生田光一はしっかりしたブリッジを作らなければいけないとは認識しているが、現在の活動はあまりにも常軌を逸していると指摘。しかし2010年以前の教科書では必ずしも事実ではない記述を含め 日本へのマイナスイメージを抱く表記がなされており、そうした人が育ったのであれば仕方がなく、冷静な対応が必要であると話した。朴一は韓国の歴史解釈に行き過ぎた面があると思うと話した。

    西尾幹二は朴大統領の「日本は1000年たっても加害者の立場」だとする発言について、悪いのはこれまで誤魔化し 後退政府であり、ここで戦う外務省にするか政治家自らが強く言って歴史観を直す必要があると話した。宮家邦彦は加害者と言うならば中国のほうが遥かに加害者であろうし、また“スイッチ”をあまり押させないようにすることも大事だと話した。

    西尾幹二は中韓が寄り添う中で最も注意すべきは「中国の軍事力を韓国に使わせるな」であり、国防問題が日本にのしかかっていることを意識してほしいと話した。平井文夫は従軍慰安婦の着地点について、かつて政府は「河野談話」というウソをついてしまっており、河野談話がある限り従軍慰安婦像は立ち続ける 河野談話をどうにかしなければ日韓関係は前には進まないのではないかと話した。


    朴一は慰安婦問題について、安倍政権は3つの“刺”を抜きたいと考えていると思うので、野田政権末期で提案されたような叩き台を用いた着地点を作って欲しいと提案した。世論調査では従軍慰安婦問題に今後さらに謝罪が必要だと思うと答えたひとが67.4%になっており、竹田恒泰はすでに「日韓基本条約」で完全に完結しているのだから謝罪は必要ないと指摘し、朴一は埋もれた問題が出てきたことから発生した問題なので謝罪が必要だと反論した。
    宮家邦彦は「日韓基本条約」を超えられないということはお互いわかっていることであり、仮に解決しても次政権の先は見えていないのが不安だと指摘した。朴一は一端 日本側が問題に区切りをつけることが必要ではないかと話したが、平井文夫は既に過去に行われているから信用できないと反論した。

    舛添要一は歴史には様々な背景があり、現実の資料に基づいて日韓の歴史を謙虚にすりあわせていくべきだと話した。



    韓国の言い分を大阪市立大学教授の朴さん・・・・
    相変わらずがんがんやってましたね。

    でも、彼が賠償をしろ、謝罪をしろと言うたびに、
    また、韓国は日本に対する戦勝国だと言うたびに、
    もう、うんざりって国民は思います。
    だから、いい人選です。

    西尾先生は時間が足りなかった・・・と言われてましたが、
    (直後に電話あり)
    言いたいことは十分言われていたと思います。
    だって、あれだけの出演者なんですから、
    一人の持ち時間は限られています。
    せっかく安倍さんを支持しているんだから、
    もう裏切らないでくれって気持ちなんです。
    痛恨の極みなら、さっさと行けばいい。
    それが、結局中韓を黙らせる一歩になる。
    一歩がなければ、
    この先、ずっとこの問題は燃え続けると思いますよ。

    宮家さんは、安倍さんのブレインだから、
    守りに徹していましたね。

    でも、解説員の平井さんの河野談話への指摘はよかったです。


    「慰安婦」「靖国」「歴史教科書」がスイッチというなら、
    ここを回避していては、日本は永久に日陰者になってしまう。
    やはりこここそ、主戦場なのだ!

    つくる会は大きな荷物を負わされているなぁ。



    【2013/10/20 16:13】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    こんなの見つけました。


    若い女性の勇気ある発言!
    【2013/10/17 22:11】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(22)
    横浜で






    毎年恒例の、夫の同窓会がありました。
    今年はなんと、卒業してから40年・・・つまり40回目。
    仲良し?グループが毎年持ち回りの幹事で開催されます。

    今回は、なんと、擬似?結婚式。

    事実婚で30年近く付き合っている二人。
    去年、彼女がウエディングドレスが着たいと言った一言から、
    今回の会は、旦那さまにはサプライズの演出となりました。
    えりちゃんのウェディング姿を見た彼は、
    最初、誰がウェディングドレスを着ているのかわからず、
    あっけにとられていましたが、
    気が付いてから、涙、涙・・・・・・でした。

    それを見たわれわれも、涙・・・・でした。

    残りの人生を大切にしていくと誓っておりました。
    【2013/10/14 16:10】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    去年の今頃
    去年の今頃、長女が拾ってきて、結局我が家で飼うことになった、
    黒と白の猫(13歳くらい)が病気になった。
    脱腸かと思ったが、大腸の癌だったと思う。
    衰弱死か、
    安楽死か、
    危険を承知で手術か。
    動物病院の先生にも初めてのケースで、
    一か八かの決断だった。
    長女の決断で、手術を選び、命を取り留め、
    今は元気にしている。
    あの時、死にそうだった猫は元気にしている。

    ちょうど今頃だった。
    長女は猫のために我が家に連泊した。
    ありえないこと。
    どんなに遅くなっても、
    自分の部屋に帰っていたのに、
    猫が心配でしかたなかったみたい。

    ちょうど今頃はお祭りの時期で、
    時間の切れ目に、孫たちを祭りに連れて行ってくれたこと、
    忘れられない。


    本当にちょうど今頃だった。


    【2013/10/12 08:53】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    ひさしぶりのあっちゃん
    突然あっちゃんが家へ来た。
    仏壇にお参りに来てくれた。

    久しぶり・・・・
    一時間くらい、
    あっちゃんと、思い出すままに長女の話をした。


    あっちゃんのお店の一階の窓辺の陳列棚に、
    最近は猫の指定席ができているそうだ。
    猫二匹は長女の忘れ形見!?

    あっちゃんは猫に話しかけるとき、
    長女のことを「ママ」と言っていたっけ。

    そう、最近、近所のおばさんが、
    店先にいる猫を見て、
    話しかけて来てくれるようになったとか。
    そして、ある日、
    ここには三匹、猫がいるよね。
    と言ったのだそうだ。
    黒と白の・・・・。

    あっちゃんはびっくり!
    いえ、二匹しかいません、と答えたとか。

    そうしたら、
    また別の日、
    別のおばさんと、小学生がお店の前を歩きながら、
    ここのお店には三匹猫がいるんだよ、と話していたとか。


    う~~~~~む。
    猫の姿をした?

    【2013/10/10 20:44】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    アメリカの実情
    日本人の子供たちが慰安婦問題などでいじめにあっているそうです。


    【2013/10/09 20:35】 動画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    今週日曜日
    広島で『はだしのゲン』反対のデモがあるそうです。





    【2013/10/07 17:10】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    母の一周忌
    母方の親戚はとても少ない。

    母の長兄は原爆で死亡。
    娘を二人残したが、一人は養子にだし、
    一人を母親が育てた。
    今日は本当に久しぶりにその残った一人の従姉に会えた。

    母の次兄は特攻隊で死亡した。
    独身だったので、家族はいない。

    母の妹は被爆したので、体が弱く、
    67歳の時に亡くなっている。
    人っ子の息子(私の従弟)は結婚しているが子供がいない。

    今日は母の結婚式の時の話を聞いた。

    被爆後間もない広島での結婚式ということで、
    庭のいも畑の上に茣蓙を敷き、
    でこぼこした茣蓙の上にみんなが座って写真を撮ったそうだ。
    どこで探してきたのか、ちゃんとした写真屋さんだったとか。
    母は、それでもみじめな写真だと思ったのか、
    私たち子供たちには見せられないと言っていたそうだ。
    だから、その写真は一度も見たことがない。

    新郎である父が、草津の魚屋さんまで自転車で魚を受け取りに行き、
    披露宴に魚の料理が出せたのだそうだ。
    みんな、魚がある・・・と驚いたとか。


    そのほか、
    77年前のおば(父の姉)の結婚式の集合写真をその息子(従兄)が持ってきていた。
    名前がわかる人を、それぞれが書いていたが、
    結局わからない人が四人もいた。

    過去はどんどん遠くなり、
    その過去を知っている人間もどんどんいなくなる。
    【2013/10/06 21:40】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    千客万来?
    明日母の一周忌の法要をするので、
    神奈川から妹と、妹の娘で、
    この前フランスで結婚式を挙げたReiちゃんが一日早く広島に着いた。
    Reiちゃんは日本での結婚式をすることもあって、
    フランスの結婚式が終わったばかりなのに、
    旦那様を置いて日本に帰ってきたところ。

    新幹線とホテルを組み合わせたチケットがあって、
    新幹線代だけより安い!・・・という不思議。
    難点は新幹線の変更が効かないことだけど、
    市内の一流ホテルなのでとてもお得。

    夜はそちらに泊まるのだが、
    その前に我が家に来て、長女の仏前にお参りをし、
    あとはフランスの結婚式の話や、
    珍道中の話で大いに盛り上がった。

    そして、長女のことを最近になって知らせた従弟も
    明日の法事ついでに我が家にお参りに来てくれた。

    雨で、孫の運動会は順延になったけれど、
    にぎやかな土曜日。
    明日は母の一周忌。
    【2013/10/05 22:46】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    温泉
    最近はスーパー銭湯が流行っていて、
    ちょっと車で行くだけで、いろんなスーパー銭湯にいける世の中になった。

    日本人は湯船にゆったりつかるのが大好き。
    私も大好き。

    アメリカの親戚の口うるさいおばさんに聞いても、
    やはり温泉は好き・・・だそうだ。
    日本中を旅行し、
    温泉に入りまくっている。

    このまえの私たちのフランス旅行では、
    最後のパリのホテルには湯船はあったけれど、
    それでもトイレと一緒の空間にある。
    だいぶ慣れたけれど・・・。

    パリ以外のホテルには湯船はなかった。

    シャワーコーナーがあって、
    それがカーテンで仕切るようになっているから、
    上手にしないと外にお湯が伝ってこぼれて、
    床がびしゃびしゃになる。
    ・・・・なった。
    確かに体は洗えるかもしれないが、
    あれでは旅の疲れは取れない。

    日本人はお風呂の好きな国民だ。
    今、外国からの旅行客が増えたというけれど、
    やっぱり温泉って、好きなのかな。

    【2013/10/03 19:51】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)