奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    05 | 2013/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 関東という都会(06/26)
  • 病気(06/21)
  • ひさしぶりの水泳(06/19)
  • 次のはがき(06/14)
  • 田舎の(06/12)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (06/28)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)
  • あきんど (06/27)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (9)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (537)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    アメリカの犯罪率
    今月の『WiLL』も過激だ。

    「従軍慰安婦」特集だけど、その中で、福井義高さんの論考が面白い。
    確かこの方、西尾先生の若い友達?だとか。

    福井さんは統計を用いて論を立てておられる。
    米軍の性犯罪が多くて、オバマ大統領も苦労しているらしいが、
    結局アメリカ全体の性犯罪の率よりは、
    軍隊の方がそれでも少ない・・・・ということだ。

    つまり、一般社会でアメリカは性犯罪も強盗も、
    日本の十倍以上多いということ。

    スウェーデンも多いとは聞くが、
    結局国の価値で何が一番素晴らしいかと言えば、
    治安の良さ・・・と言えると思う。
    安心して暮らせるということの素晴らしさ。

    自動販売機が普通に街中の路上に、
    夜でもそのまま置いてあることの不思議を、
    外国人は感じるらしいが、
    日本人にとって、それは当り前の光景。



    ううむ、またもや日本を見直してしまった。
    スポンサーサイト
    【2013/06/28 20:39】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    子供の誘拐
    何気なくテレビを見ていたら、
    アメリカでは子供の誘拐事件がものすごく多く、
    その子供たちを奪還する人たちがいるという番組だった。

    一年に2000人だったか、アメリカでは子供が誘拐されるのだそうだ。
    そして、海外に売り渡されてしまうのだそうだ。
    身代金目当てというより、
    もっと残酷なことが目当てだということで、
    とんでもない現実があるらしい。

    従軍慰安婦の嘘話に同情するより、
    こういった本当の邪悪な人権侵害に力を入れたらどうだろう。
    そういえば、アメリカの牛乳パックに、
    誘拐された子供の顔写真が載っている写真を見たことがある。


    日本はなんて安全な国なんだろうと、
    つくづく思う。
    【2013/06/25 22:00】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(18)
    憲法96条(2)
    またまた勉強不足がばれてしまうが、
    本日の知識を追加してみよう。

    現行法では、各議員(衆参別々)の「総議員(欠席・欠員も含む)」の
    三分の二の賛成で発議できる。

    これは、最悪の場合、衆議院全員(480名)と、
    参議院の三分の二未満(161名)の議員が賛成しても、
    参議院の81名が反対すれば発議が出来ない・・・・ということになるのだそうだ。

    つまり、88%の国会議員が賛成しても、12%の参議院の反対で
    「発議」すら出来ない・・・という現実なのだそうだ。

    これは衆議院が全員賛成という場合の数字だけどね。

    硬性憲法の中にも厳しさがいろいろあって、
    やはり日本は特に高いハードルということになりそうだ。

    竹田さんも言っておられたが、
    せめて「総数」ではなく、「出席者」の三分の二というくらいなら、
    改正しても良いかもしれない・・・と。
    他の国より簡単な改正条項にするのではなく、
    せめて大方の国と同じほどの厳しさにするべきだろう。
    【2013/06/22 22:16】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    憲法96条
    昨日の竹田研究会で勉強して考えたこと。

    今維新の会がちょっと人気が落ちてきたから、
    憲法改正の勢いがそがれてはいるが、
    今年はやはり憲法改正が注目されている。

    なにしろ、護憲勢力より、
    改正したほうがよいという数字が上回っているから。

    96条の憲法の制定を定めた条文について、
    私も今回初めて知ったことが色々あった。
    学校で日本の憲法は改正しにくいように、
    とても厳しいハードルを課せられた・・・・と言う風に習った。
    これはこれで正しいのだが、
    それが日本にだけ占領軍によって厳しくされていたのかと思ったら、
    世界のほとんどの憲法がそうだってことを知った。

    100数十カ国の憲法のうち、
    このように通常の法律以上に高いハードルを持っている憲法、
    即ち硬性憲法を採用している国がほとんどで、
    軟性憲法(低いハードル)のところは二カ国しかないということ。

    本丸は九条改正なのに、
    そのためにハードルを低くしてしまうと、
    国民の本気度が周辺諸国や、世界に示すことができない。
    ここは正攻法で、三分の二という高いハードルの中で、
    九条改正に持っていかなければならない。
    このことこそが、国民の強い意思が示され、
    反日諸国に大きな脅威を植えつけることが出来る。



    大体上記のような内容で竹田さんが語ったのだが、
    とても説得力があり、
    私はなるほどなぁと思った。

    反日諸国にとって、最も怖いのは、
    日本の国民の多くが本気になること・・・・・確かに。。。
    この穏やかな国民が、国防に目覚めること・・・・・。
    自分の国は自分で守ろうと思うこと・・・・・。

    決して防衛費の額ではなく、
    日本国民の強い意思が、国を護る。

    ここで96条のハードルを下げておいてから、
    9条の改正だなんていうと、
    姑息だって。

    なるほど、なるほど、なるほど・・・・・・でした。
    【2013/06/20 21:48】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    再会
    30数年ぶりに幼馴染にあった。

    小学校の時の同級生で、
    家が近かったので、それぞれの中学高校に通うときに、
    市電(広島市内を走る路面電車)で一緒になったりして、
    仲良かった男の子・・・・その頃は・・・・・。

    その人のお姉さんもうちの兄と同級生、
    その人の妹もうちの妹と同級生、
    親同士も仲良くて、家族ぐるみで親しくしていた。
    4家族くらいがいつも旅行に行ったり、
    クリスマス会をしていた。

    今は彼は横浜に住んでいる。
    父親は随分前に亡くなり、
    広島から呼び寄せたお母さんも亡くなり、
    広島にはおばさんが一人とお墓があるだけになっている。
    だからもう滅多に広島には帰ってこない。

    いやぁ~~~
    30年も会わないと、最初遠目からは分らなかったよ。

    二年前に奥様を看取り、
    今は一人暮らしをしているそうだ。
    四つの飲みグループがあるけれど、
    普段はとても静かな暮らしをしているようだ。
    自宅で奥様を療養させている間に10キロ体重が落ちて55キロになり、
    身長は確か180センチくらいあったから、
    今はがりがりのひょろひょろのじいさんになっていた。
    昔はすごくハンサムだったのに・・・。

    ほんの3時間くらいの時間だったけれど、
    お互いの30数年を語り合った。
    あっと言う間の人生で、
    喋りつかれながら、
    結局人は自分の家族に守られながら生きていくんだと感じた。
    だって、彼が今本当に大切に思っているのは、
    9歳の孫の男の子だ。
    その愛情の対象があるから、
    生きていけるんだと思う。

    楽しかったんだけれど、ちょっとせつない。
    【2013/06/18 21:26】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    今日聞いた話
    今日ある会合があり、そこで聞いた話。

    その人は近所の写真屋さんで、
    うちの亡くなった長女と中高の同級生の娘がいる。

    そのお嬢さんから聞いた話で、
    高校三年生の頃に、
    中学時代に同級生だった「るりさん」が交通事故で亡くなり、
    その子のために祈る会をうちの娘が提案したのだそうだ。
    焼き場で「るりさん」のお母さんに頼んでお骨を分けてもらい、
    同級生だった友達に連絡をし、
    桂公園と言う場所に集まり、
    皆で祈り、一緒に唄をうたったのだそうだ。
    そういうことを全部やりきったのだそうだ。

    で、その話を、当時PTA会長だったその写真屋さんは、
    全校生徒の前でその話をしたのだそうだ。
    勇気があり、優しい子がこの中学校の卒業生に居たんだよ・・・と。

    このことを以前から私に話そう、話そうと思っていたって。
    今日、たまたま隣の席になったからと、
    話してくれた。

    「お嬢さんは素晴らしい子だったですね」
    「いい人生でしたね」
    「誇りに思ってあげてください」
    って言われて、人前なのに涙が溢れてしまった。
    【2013/06/14 22:56】 娘のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    掃除機ロボット(2)
    お掃除ロボットがやってきてはや10日。

    いやぁ・・・・・これほどすぐれものとは思わなかった。

    家の床面が毎日非常にクリーンに保たれているし、
    ゆとりが出来た分、
    電気の傘や、お風呂場や、空調や、
    今まであまり手が届かなかった部分が掃除できる。

    それに、昨日掃除したところをやらせると、
    確実にゴミを集めている!
    猫がいるせいもあるだろうけど、
    日々、家は汚れているんだと実感。

    時々、段差にはまって動かなくなっているけど、
    大体の障害は乗り越えていく。
    今日はどこを掃除させようかな・・・と、
    楽しんでいる。


    【2013/06/13 22:18】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    つくる会関連
    つくる会のホームページもどうやら安全になった模様。

    「従軍慰安婦」問題は「つくる会」発足の原点であり、
    もうとうに勝負はついている問題なのに、
    政府の体たらくで未だに河野談話が生きている。

    生きているというより、
    これが日本国政府が認めているという「証拠」になってしまっていて、
    戦後のレジームそのもの。
    安倍内閣である今こそ、
    戦後レジームからの脱却を図って欲しいものだ。

    河野談話撤廃を求める署名

    ご協力よろしくお願いいたします。
    【2013/06/12 19:39】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    プールの

    季節。

    夏が近づき、プールの季節到来。

    次女がプールを買ってきたので、
    今日は膨らませるだけね・・・・と言いながら、
    このプールに空気を入れた。

    それはそれは重労働だった。

    どうしても水遊びがしたい孫達にせがまれ、
    ちょっとだけ水を入れて遊ばせた。

    ・・・・・次第に一番下の基礎の部分の空気が、
    徐々に抜けていく。

    買ったばかり、
    使い始めたばかり・・・・なので、
    トイザラスに電話をしたら交換してくれるという。
    しかも、持ってきてくれるらしい。

    一度箱から出したら、
    二度と元へは戻せない。

    バタバタの一日でした。
    【2013/06/10 16:12】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    孫の怪我
    先週の土曜日、夫が釣り道具の整理をしていた時、
    5歳の孫が近寄ってきて、
    釣り針が指に突き刺さってしまった。

    事の経緯には、大いに夫に責任があると思うが、
    取り合えずその点は省く。

    夫の悲愴な呼び声、
    孫の泣き喚く声・・・・・
    あわてて行ってみると、
    左の人差し指に針が刺さっている。
    ママ(孫の母)も、私も、全員が慌てふためき、
    とりあえず糸を切ることに、
    ・・・・・こういう時に限って糸がなかなか切れない。
    ちゃんとしたはさみもみつからない。

    土曜日の夕方なので、
    どこも病院はお休みだけど、近所の開業医に何件か電話。
    ・・・・切った貼ったは内科では無理・・・・・
    なんとか近所の先生と連絡がとれ、
    全員ででかける。

    針がささったままの孫を夫が抱きかかえ、
    その二人にママが付き添い、
    興味津々の弟3歳のたっくんの面倒を私が見、
    休診中の病院の横の出口から入っていった。

    釣り針はご存知の通り、「返し」がある。
    今回の針は「鯛」専用でとにかく頑丈。
    無理やり引っ張って抜くと肉を引き裂くので、
    いったいどうやって治療するのだろうと思っていた。

    まず麻酔注射を指にし、
    効いてきたら針を貫通させ、
    出てきた「返し」のついた針の先をペンチで切断。
    そのあと、針を抜いたのだそうだ。

    ・・・・・・・・・・

    なんと、それで修了。

    メスで切るのだろうかとか、
    いろいろ考えたけれど、
    とにかく引っ張って抜くのが絶対にしてはいけないことらしい。
    夏になると、意外にこういう人が多いのだそうだ。


    勉強になりました。
    【2013/06/06 21:47】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(11)
    掃除機ロボット
    友人が絶対にいいよって薦めてくれて、
    とうとう円盤型の自動掃除機?を購入した。

    アメリカのロボットを作る会社のものだそうで、
    なかなか賢い。
    掃除機ではなく、ロボットなのだ。

    まだ曜日、時間設定は使っていないが、
    その設定をしておくと、
    設定どおりに、勝手に動き出して掃除をしてくれるのだそうだ。
    そして、賢いことに、終わったら、
    充電場所(ホーム)に勝手に帰っていくのだ。。。

    段差を落ちないようにバリアセンサーをしておけば、
    その先にはいかない。

    ベッドの下に入ってなかなか出てこない。
    すっかり綿ゴミを掃除してくれた。

    すっかり床が塵一つない状態になって、
    美しいことこの上なく、
    気分は上々~~~

    狭いところに入り込んでは、
    行ったりきたりしながら工夫して、
    なんとか出てきたときはいじらしいくらい・・・・。

    はまっています。

    【2013/06/04 22:05】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    映画 リアルとオブリビオン
    ひさびさに静かな日曜日が訪れたので、
    映画のハシゴをした。

    まず行く映画館の上映中の映画で、
    ちょうどよく配列?されていて、
    面白そうなものを選び、
    インターネットで切符をゲットする。
    こうすると、絶対に行かなきゃいけないけれど、
    切符売り場で並ばなくても良くなるから、
    最近はこればっかり。

    9時40分からの「リアル」邦画と、
    12時10分からの「オブリビオン」にした。
    オブリビオンはトムクルーズ。

    両方とも未来の映画。

    あらすじを書いたりしたら、
    見に行った時の面白さがなくなるから書かないけど、
    両方とも、はずれじゃなかった。
    ホワイトハウスのなんとかってのがもうじき来るらしいけど、
    それも観たいな。

    映画って、ほんと面白いですね、さよなら、さよなら、さよなら

    ・・・・・・・・・ふるっ!

    【2013/06/02 15:35】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)