奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    03 | 2012/04 | 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 父のこと(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)
  • 面接(03/11)
  • 正論4月号(03/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)
  • bunn (03/21)
  • あきんど@泥酔 (03/21)
  • あきんど (03/20)
  • 池田俊二 (03/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (6)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (507)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    母のこと62
    母がグループホームに入所してから、
    母の定位置は一人掛けのソファになっていた。

    皆は机の前の椅子に坐るのだが、
    母だけは食事の時以外は、低いゆったりしたソファに
    沈み込むように坐って
    テレビも見えない位置なので、うっすらと目をつぶっていることが多い。

    そうすると、
    どんどん背中が丸くなっていっていた。
    そのことを気にされた職員の方の決断で、
    何日か前にとうとう、そのソファを隠してしまい、
    普通の椅子に坐らせるようにしたのだそうだ。

    それが結構いい方向に作用して、
    立って動きやすくなったせいか、
    運動が増えたのだそうだ。
    おまけに運動が増えると、睡眠が深くなり、
    浅い眠りで迷惑をかけていたのが、
    ちょっと減ってきたらしい。

    今日は連絡もせずに突然娘とその娘を連れて、
    母のところへ行ってきて最近の様子をいろいろと知った。

    いつもしっかりと握り締めているポシェット。
    ボロボロになって汚いので、
    似たものを買って持って行った。
    最初は嫌がっていたが、
    ちゃんと取り替えることに同意をしてくれたので、
    中味を入れ替えた。
    財布と家の鍵と一円玉一つだった。
    ・・・・・財布の中味は見なかったけど・・・・・

    ちょっとせつなかった。

    それから爪が長くなっていることを指摘したら、
    最初はこれまた嫌がっていたのだが、
    急にやっぱり長いから切って・・・・と言い出し、
    気が変わらぬうちにと・・・・爪を切った。
    両手、大成功。

    少しの滞在だったけれど、
    なんとなく良い収穫があったような気がした。

    介護士さんも、今の母の状態に他の人たちも慣れてきているから、
    きっと大丈夫ですよ、ということだった。
    もうしばらくは、あのグループホームに居られるようだ。
    スポンサーサイト
    【2012/04/29 22:23】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    本日



    約半年くらい前から、断捨離だなんだで、
    ダンボールにためていたものがある。
    東北に送れたものもあるが、
    古着などはあまり必要がないということで、
    家にだいぶたまっていた。

    福祉施設の古着市・・・恒例のバザーのため、
    せっせとストックしてきたものを、
    本日やっと送り出した。

    断捨離とはいっても、
    使えるものをゴミの区分で捨てて、
    焼却してしまうことにはどうしても抵抗がある。
    ならば、古着市に出して、
    少しでも、もういちど人に使ってもらいたいものだ。

    一番難しいのは、だから
    捨てられないものを何処に持って行くか・・・ということ。

    本日、軽自動車で二回往復し、
    山になったダンボールを運び終え、
    すっきりした。
    【2012/04/28 23:23】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    なでしこアクション
    なでしこアクションって、ご存知ですか?素晴らしい活動をされていますので、ご紹介します。

    ここをクリックして、下の方にある手紙がダウンロードできます。
    ============

    NY慰安婦ストリート・記念碑計画

    絶対 阻止!アクション

    NY市議に反対の手紙を送ろう!!

    ☆ 誰にでも簡単に出せます 周知拡散お願いします!☆
    ☆ 慰安婦ストリートや記念碑が現実になってしまう前に、今行動しましょう! ☆

    米国のニューヨーク(NY)市内に慰安婦を追慕するストリート名と記念碑を作る計画があります。
    韓国系政治団体がNY市議に働きかけています。
    既にニュージャージー州には「日本帝国軍に拉致された婦女子20万人以上の慰安婦の記念碑」が立っています。
    このままでは、日本の名誉を貶める嘘が形になって、広まっていきます。
    なでしこアクションは、NY市議にこの計画を認めないようお手紙を出しました。
    手紙は多いほうが注目を集め、効果があります。
    皆様にも反対のお手紙にご協力いただきたく、お手紙をダウンロードできるように用意しました。署名、名前、住所、日付の記入と、郵便料金110円のご負担で、簡単に出せます。
    一通でも多く反対の声がNY市議に届きますよう、“NY慰安婦ストリート・記念碑 阻止!アクション”にご協力お願いいたします!
    <参考サイト>
    今度はNY市に慰安婦通り 中国系市会議員が計画(産経ニュース 2012.2.28 08:22 )

    ニューヨークに日本軍慰安婦追慕の道(中央日報 2012.2.27 )日本語版 韓国語版
    送付先リストと手紙ダウンロード
    署名、名前、住所、日付 だけ記入すれば、簡単に出せるお手紙(英文)  A と B の2パターン用意しました。
    議員の名前の横のA または Bをクリックすれば、各議員宛てのお手紙のファイルがダウンロードできます。

    手紙Aパターン‐‐‐手紙A4一枚 (Word) エアメール110円
    手紙Bパターン ‐‐‐手紙A42ページと資料A4数ページ(慰安婦は商業売春婦であることを証明する画像と説明文)の予定
    *Bパターンは近日中に公開します*
    宛名入り封筒‐‐‐(Word) 定型封筒 洋型2号 縦114x横162mm 用。試し印刷して印字方向を確認の上、封筒に印刷してください。手書きでももちろんOKです。
    送付先はNY市議51名中、土地利用委員会(2012.4現在)のメンバー22名に絞っています。

    【2012/04/27 21:04】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    『女性宰相待望論』について
    時代が登場をうながす女性宰相待望論―対談集時代が登場をうながす女性宰相待望論―対談集
    (2012/04)
    加藤 清隆

    商品詳細を見る


    やっと画像がでてきましたな。

    ご存知ですか?
    週刊新潮のゴールデンウィーク号?で、
    片山さつきさんが、この本に自分が出てない~~~って文句を言ったとか、
    言わなかったとか・・・・。
    安倍さんにね。

    自分は絶対に言わなかったと証明できる・・・と言ったそうですが、
    「言わなかった」つまり「なかった」ことは証明できないんじゃないでしょうか。

    それにしても、片山さつきさん、宣伝に一役買ってくれて有難う~
    【2012/04/26 22:16】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    昨晩は

    女性宰相待望論の出版祝いに出席しました。

    ミーハーで、議員さんの写真撮りました。

    【2012/04/25 19:10】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    ぎっくり腰
    私の母は腰高?で・・・・
    つまり脚が長い体型で、しょっちゅうぎっくり腰を患っていた。
    四足歩行でなくなってから、
    人類の共通の弱点が腰だとも言われている。

    で、私は特に脚が長い体型ともいえないからか、
    ぎっくり腰には無縁で過ごしてきた。

    ひょいと布団を持ったとき、
    ひょいと歯磨きをしようと腰を屈めた時、
    とにかくふいに訪れるのだという。

    そう、今日まで無縁だったのに、
    ちょっと子供用の椅子を持ち上げた時、
    ぎくっと・・・・・
    きた。

    おそらく超軽度なのだろうけれど、
    そうか、これがぎっくり腰ってやつか・・・と思っている。

    まったく年齢が重なってくると、
    何かしら身体のあちこちに不具合が出てくる・・・・困ったもんだ。


    (おまけ)スギ花粉はたいしたことなかったけれど、
    日曜日くらいから、ティッシュを鼻の穴に詰めたくなる日々が始まった。。。
    【2012/04/21 22:52】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    孫という贅沢
    どこかで読んだ話だが、
    ある学者が自分の書いた書物を膝に抱いて、
    「この重さが孫の重さだったら・・・・・」と言ったそうだ。

    子供を育てられて、
    その子供も無事に結婚して子供を産む。

    そういう何気ないことが、
    一番の贅沢なんだろうと思う。

    人生には他人には見えない悩みや苦しみがあるけれど、
    (えぇ、私にだって悩みはありまするぅ~)
    孫同士が楽しく遊んでいる様子を見ていて、
    こんな贅沢な喜びはないなぁ・・・・と思う。


    【2012/04/19 20:16】 日々雑感 | TRACKBACK(1) | COMMENT(4)
    断捨離16
    1 衣類(靴、バックも含む)
    2 本
    3 書類
    4 小物
    5 思い出品

    私の断捨離は、日にちを大きくまたいで行っている。
    なかなか、まとまった時間って、取れないですからね。

    3の書類を内緒でかなり捨てることに成功してから、
    いよいよ4の小物に入ることにした。

    いつも古着や余剰品をバザーを開催する福祉施設に持って行く。
    一年に一度の、その取り扱いがもうすぐ始まるので、
    20個近いダンボールが最終的に家から運ぶことが出来るようになる。
    それで、ちょっと久し振りにやる気が起きた。

    小物と言っても、まずはコップとか、お皿とか、
    もらったものだけれど、使わないものが高い戸棚にしまってある。
    娘たちからも、これはダサい?から要らないと敬遠されたものたち・・・など。
    それらをどんどんダンボールに入れる。

    なぜか空き箱がいっぱい出てきた。



    いつ使おうと思っていたのだろう。
    木で出来た空き箱も、もう要らない。
    あっと言う間に、ゴミ袋が一杯になる。

    目に見える範囲では大きな変化はないのだけれど、
    戸棚がスカスカしているって、ちょっといい気分。
    血管内のコレステロールが減っているような・・・・・。
    おためしあれ~
    【2012/04/16 16:40】 断捨離 | TRACKBACK(1) | COMMENT(8)
    チューリップ

    全開。中庭のプランターです。

    【2012/04/13 09:02】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    今考えていること
    育鵬社側の人に、育鵬社はつくる会側の教科書の盗作しているのではないか、
    似た個所がたくさんあると伝えると、
    思想が似ているのだから、
    文章も似るのだろう・・・・という。

    同じことを二人の人が言った。

    そうなのか?

    思想が似ていたら、表現が似るのか?文章が似るのか?

    ならば、自由社、育鵬社以外の自虐の教科書会社は、
    思想が自虐だから、文章が似ているのか?
    いや、全然似ていない。
    それぞれ個性のある文章になっている。

    思想が似ていると、文脈が似る・・・ということはあるかもしれない。
    歴史の因果関係の捉え方が似てきて、
    文脈が似ることはあるかもしれない。
    だけど、文章表現そのものが似るという論理は間違っている。


    どうだろう?

    思想が似ていたら、文章が似通っているのは当然なのだろうか?


    【2012/04/12 20:48】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(38)
    すごい写真
    owada

    日録のコメント欄に貼ってあった画像。

    小和田氏(雅子さまの父親)の椅子だそうで、まるで皇族扱い。

    なんだかなぁ~と日本人なら思うんじゃない?

    【2012/04/11 17:45】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    母のこと61
    広島はお花見日和。

    今日はグループホームのお花見、
    家族同伴なので行ってきた。

    近くの団地の公園は桜の木がまだ若く、
    高台にあることもあって、花見と言えるほどの花はなかった。
    9人の入所者に家族とヘルパーさんたち。
    大移動である。

    保育園の園児とは違い、
    車で5分の場所なのだが、
    車椅子ごとのピストン輸送やなにやかやで、
    全員が公園に揃うのに一時間もかかった。

    母はせっかちな人間なので、
    行くと決まったら、なんとしても早く行きたい・・・・
    私は母を車に乗せ第一便で出発した。
    公園に到着して、遠くの遊具まで二人で散歩する。
    あっちに行ったり、こっちに行ったり・・・
    めったにない外出だから、手をつないで歩き回る。

    弁当の時間がやっとくる。
    よく食べてくれるので、
    少々こぼしても良しとしなくてはいけない。

    弁当が済んだら、もう帰る帰る~~と言い出す。
    皆より一足先にホームに帰り、
    疲れたようだからベッドに入れると、
    寝る、起きる、寝る、起きる、トイレに行く、又寝る・・・・
    結局3時近くまで一緒に居て、帰った。

    グループホームの自分のベッドがあるところが、
    自分の居場所であることを理解している母は、
    玄関口まで送ってくれた。


    【2012/04/08 21:45】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    ジェノサイド
    ジェノサイドジェノサイド
    (2011/03/30)
    高野 和明

    商品詳細を見る


    娯楽作品で売れているというこの本を読んだ。

    確かに面白かったのだけれど、
    どうも何箇所か違和感が残った。

    というのも、南京虐殺で日本軍が同じような酷いことをしたとか、
    関東大震災での朝鮮人虐殺とか、
    ・・・・・・・・・
    とにかく、日本人はダメで、
    韓国人は優秀だとか、
    部分部分に挟まっているそういう自虐的な歴史観がちらほら見える。

    で、面白かったんだけれど・・・・と思ってアマゾンのレビューを見たら、
    なんと大勢の人がそのことに気がついていた。
    玉に傷・・・だって。

    ベストセラーを読んでいる普通の人が、
    歴史観に気がついているってことが私には新鮮で、
    なぁんだ、もうみんなこんなところまで来ているのか・・・と思った。

    いや、むしろ本が好きな人ほど、
    情報にたどり着ける可能性が高いから、
    よその国のプロパガンダなどには敏感で、
    誤魔化されない人間になっているんだろう。

    【2012/04/07 23:39】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    「従軍慰安婦」の虚構を暴く運動

    「従軍慰安婦」は仲間内ではそんなものはなかったと決着している問題のはずですが、今なお生き続けているゾンビのような問題です。個人で、以下のような運動をされている方がいますので、お知らせします。

    VAWW-NETジャパンや、海外で「従軍慰安婦」問題を取り上げた米国下院議員マイク・ホンダなどが、いかに、いんちきであるかの実証を行いました。発端は、「史実を世界に発信する会」の茂木弘道氏が英文でまとめた「The Truth About the “Comfort Women”」です。これを活用して、マイク・ホンダ議員に質問状を送ったのが、仕掛けの出発点でした。ここで、マイク・ホンダの沈黙を誘い、彼に通告したとおり、彼は「慰安婦」の虚構性を暗黙のうちに認めたと断じ、その後、ニュージャージー州で発生した、「慰安婦」の碑の碑文により触発された者による、日本人の子供のいじめ事件もあり、米国下院べーナー議長他の上下両院の外交委員会の重鎮に手紙を送りました。

    これらは、結局、日本の反日派(これが諸悪の根源で、これが無ければ、韓国の動きも効き目は半減するはずです)への仕掛けの布石だったのです。中、韓より悪いのは、それに迎合する日本の反日派です。

    そして、日本でのターゲットを、VAWW-NETジャパンの共同代表の西野瑠美子女史に定め、彼女に質問状を送った訳です。マイク・ホンダに対する質問状も、西野女史に対する質問状も、ポイントは単純です。それらは、1.いわゆる「従軍慰安婦」の存在を立証する検証された元資料を教えて欲しい。2.回答が無ければ、暗黙のうちに「従軍慰安婦」の虚構性を認めたと断じ、世の中に宣伝する、の二点です。また、西野女史には、「VAWW-NETジャパンが開いたと称する女性国際法廷では、「法廷」と言う以上、弁護人が居たはずなので、どういう弁護人が居たかと、その弁論内容を教えて欲しい」という要求を付け加えています。

    西野女史も今のところ、回答してきておりません。根拠があれば、こちらのメルアドも教えてあるので、とうに回答できたはずです。マイク・ホンダも西野女子も回答しない(出来ない)ということは、反日派たちが、如何に根拠もないのに、「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」を唱えているかの証拠です。

    VAWW-NETジャパンには、「女性国際法廷」についても尋ねたが、回答がない、つまり、法廷と言いながら、弁護人も居ない、村木厚子さんの裁判どころではない、暗黒裁判だと言うことです。

    それは、今までにも分っていたのですが、上記の事実は、こういう連中の説に信憑性がないことを証明する動かない証拠です。VAWW-NETジャパン或いは西野女史に対し、総攻撃をするか、この話を、できるだけ拡散するかをお願いします。なお、上に述べた西野女史に対する質問状の他諸文書の原文、或いは和訳をご覧になりたい方は、mitch-sekino@jcom.home.ne.jpまでご一報頂下さい。


    【2012/04/05 17:36】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    最近の

    アマリリス

    【2012/04/04 10:52】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)