奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    01 | 2012/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 - - -

    RECENT ENTRIES
  • 「保守の真贋」の出版(09/20)
  • カープ(09/18)
  • ライン(09/13)
  • NHKってやっぱり・・・・(09/07)
  • えんだんじさんの新刊本!(09/05)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (09/23)
  • 奥様 (09/23)
  • あきんど (09/22)
  • 奥様 (09/20)
  • 奥様 (09/20)
  • あきんど (09/19)
  • kaykay (09/16)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年09月 (5)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (562)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    日本の中の収容所
    西尾先生が引用されていたので、週刊文春を買ってきた。

    156ページに作家諸井薫氏の次男が
    自宅から拉致され、
    1076日間も心道学園という施設に監禁されていたという記事。

    現代のこの日本でこんなことがあるのだろうかと、
    信じられない思い。

    民間勝手刑務所みたいなところ。

    遺産問題でもめていた長男が依頼して、
    拉致?監禁させたという。

    未だに信じられない思い。
    スポンサーサイト
    【2012/02/28 22:10】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    あっという間

    生長してます。

    【2012/02/27 11:19】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    感染性胃腸炎
    先週の月曜日、
    幼稚園に行っている孫が朝方嘔吐して、
    幼稚園を休んだ。

    その日はクッキーを作る日で、
    エプロンと三角巾を次女が頑張って手作りし、
    楽しみにしていた日だったのに。

    木曜日の夜、
    こんどはその弟が嘔吐した。
    昼間、コタツで転寝をしている次男の傍で
    私も頭をくっつけて転寝をしたっけ。

    で、昨日土曜日の晩から、
    私にもその症状が現れた。

    いやぁ~~~~本当にしんどかった。

    何度もトイレの便器の前でしゃがんでいた~~~

    朝の6時まで眠れなかった。


    孫のパパもママも当然?感染していた。

    二年前のロタウィルスよりは強烈ではないけれど、
    感染性胃腸炎・・・・・・・あなどれない。

    おかげで?痩せましたが。。。
    【2012/02/26 20:27】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    母のこと59
    新年会に母の面会に行ってから、
    しばらく訪れていなかった。

    言い訳をすると、
    兄がその間一度行ったことと、
    インフルエンザが流行っていたので、
    なるべく外部からは訪れないほうがよい・・・と兄も言っていたし、
    それじゃあ遠慮しようかと思ったからだ。

    母も少し風邪をひいたようだ。
    薬でなんとか治ったのだが、
    熱は計らせない、血圧ももちろんダメ、
    往診してくださる先生にも診察してもらわない・・・で、
    もちろん点滴はできないから、
    母の場合病気になると手ごわい。

    色々薬を調節したせいか、
    風邪が治ったあとの母がちょっとした事件をいくつか起こし、
    兄嫁に連絡があったという。

    というのは、
    他の人が聞いているラジオの電源を抜いたり、
    前の人の椅子を蹴ったりして恐ろしがられたり、
    早朝ヘルパーさんと同じように人の部屋を開けたりしたらしい。

    こんな状態は困るので、精神病院に移して欲しい・・・という連絡。

    私はそこまでの話は聞いていなかったけれど、
    とにかく水曜日に面会に行った。
    いつもお決まりのふかふかのソファに坐っている。
    ソファだから、体が沈みこみ、
    いつの間にか背中が今まで以上に丸く固まったようだ。
    太ったせいか、ズボンが上まで上げられないようで、
    腰のところにひっかかっている。
    お気に入りのセーターばかり着るので、
    セーター類は縮んでいる。

    ということで、背中が丸く、ズボンが中途で、セーターの短い母は、
    背中が丸見え状態。
    暖房が効いているとはいえ、これじゃあいけないだろう。

    兄嫁にも相談して、
    チュニック丈のセーターで、アクリルでもいいから縮まないやつ、
    それから大き目のズボンが必要だという話をした。
    行ってみなければ分らない状況というものがやはりある。


    子供のように「何か持ってきてくれた?」と言う母に羊羹を渡しながら、
    いろんな折に母がやってくれたことを思い出している。
    【2012/02/25 10:46】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    アマリリス

    二つ目の方が、成長が早い。

    【2012/02/22 22:40】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    アガサクリスティ
    たまたま録画していたアガサクリスティの
    「オリエント急行殺人事件」の映画を見た。

    丁度イスタンブールの街中とボスポラス海峡が出てきた。
    それに、正月のトルコの旅で、
    オリエント急行の始発の駅にある
    「オリエント急行」という名のレストランにも行ったので、
    すごく身近。

    本棚は大分整理していたはずなのに、
    アガサクリスティの短編集の文庫本が三冊出てきた。
    紙が黄色くなっているが、ちょっと読み始めた。

    イギリスの階級社会やその頃の常識がちらほら書かれていて、
    昔は決して気づかなかった空気が感じられる。
    インド帰りの将校・・・なんて出てくるし、
    ヨーロッパ像の転換をちょっと休憩して、
    昔のヨーロッパの匂いを嗅いでいる。

    【2012/02/21 22:09】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    もらった

    アマリリス。

    何日かに一度みずやり。葉っぱが出てきました。

    【2012/02/18 20:54】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    父のこと2
    父がわが家にやってきた。

    市電を乗り継いで1時間かけてやってきた。

    お昼ごはんのお好み焼きを、
    丁度来ていた三女とその娘・・・・つまり父にはひまご・・・・も一緒に食べた。

    幼稚園の孫用のパズルを、
    わざとバラバラにしておいて、
    「お父さん、片付けるの手伝って」と言って目の前のコタツの上に置くと、
    仕事ができたな・・・って感じでやり始めたけれど、
    目が悪いせいもあるんだろうけれど、
    なかなか・・・・・出来ない。

    出来たときの完成の喜び、達成感があればいいなと思ったけれど、
    なかなか出来ない。

    かえって自信を失わせたかもしれない・・・・。


    91歳にもうすぐなる父の喜びを見つけてあげるのは本当に難しい。
    【2012/02/16 21:22】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    西尾幹二全集第一巻
    ヨーロッパの個人主義 (西尾幹二全集)ヨーロッパの個人主義 (西尾幹二全集)
    (2012/01/27)
    西尾幹二

    商品詳細を見る


    ヨーロッパ像の転換は読んでいなかったことがこのたび判明した。

    ・・・・・たは・・・・・



    最初はこの第一巻は、
    本になっていなかった部分から読み始めていたのだが、
    何気なく最初から目を通そうと思って読み始めたら、
    読んでいなかったことが分った。

    それで、この本が出された時に、
    大勢の人が感動し、評価した理由がすぐにわかった。
    この本はすごく文学的で、
    内容もいいんだけれど、情景描写の表現が素晴らしい。

    西尾先生が留学されて、
    ヨーロッパの街をご覧になったころと、
    私が安いツアー旅行で駆け足でイタリアとフランスに行った時に見た街と、
    きっと全然何もかわっていないのだろう。

    ヨーロッパは石を使って建物を建てるから、
    遺跡でも建物でも、長く残っている。
    そして、それを良しとして、
    現代的なガラス張りのビルなどを作るより、
    古いものを生かすことに専念するのだという。

    だから街が美しい。

    日本は木で家を作るから、
    家の耐用年数が石と比べてうんと短く、
    どうしてもどんどん建て替えていくことになる。
    昔の景観を今に残す・・・ということが難しい。

    まだ読み始めて80ページ目だけれど、
    私も行ったことのないヨーロッパを旅しているみたいで
    わくわくしている。




    【2012/02/13 22:50】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(16)
    洗濯機
    経年疲労といえば、わが家の洗濯機もずっとおかしい。

    蓋の上に重石を置かないと、
    「ふた」という表示が出たまま動いてくれない。

    で、使っていない洗剤の箱を蓋の上に置いている。

    次女と三女が結婚する時に、
    ドラム式の新式洗濯機を買って持たせた。

    ところがところがである。

    わが家のバスタオルの洗濯後はふんわり柔らかいのに、
    二人の娘の家のバスタオルはガチガチ。
    バリバリ?ごわごわ?
    まるで雑巾みたい・・・・
    柔軟剤も入れているらしいが・・・・・
    乾燥機に入れたくらいじゃ直らないくらいバサバサ~

    これはどうやらドラム式で、
    節水型の洗濯機にありがちな状況のようだ。
    叩き洗いというのをドラム式は採用していて、
    そのため、タオルのループがつぶれてしまい、
    結果、ガチガチのバリバリのごわごわになるらしい。

    新製品がこんなじゃ、情けない。

    私が今度洗濯機を買い換える時には、
    絶対にドラム式にはしないつもり。


    【2012/02/07 10:47】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(27)
    断捨離14
    人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
    (2010/12/27)
    近藤 麻理恵

    商品詳細を見る


    この本は100万部以上売れているらしい。

    断捨離の山下さんとは違う女性なんだけれど、
    まぁ、同じようなことを提唱している。
    片付けるには、まず捨てる・・・ということ。

    丁度テレビにこの「こんまり」さんが出演しているのを見た。

    リバウンドしない片づけ術というので、
    なんとかすっきりした家に住みたいという希望はあるので、
    買って読んだ。
    断捨離の本で充分だろうって?まぁまぁ・・・・


    一番上手に片付けに成功する秘訣が要領よく書いてあるのが特徴。

    とりあえず
    順序が大切なんだって。
    これを間違えると、途中で投げ出してしまうことになる。

    ①衣服
    ②本
    ③書類
    ④小物
    ⑤思い出

    それから、人のものには原則手を出さない・・・・・。

    私の場合、自分の衣服は9割がた片づいた。
    とりあえず今度は②の本。
    去年末にも断捨離に努めて頑張ったけれど、
    まだまだ。


    こんまりさんによれば、
    家中の本を同じ場所に本棚から出して山積みにし、
    それから「ときめく」「ときめかない」と仕分けするのが正しい?方法という。
    でも、それは無理。

    わが家の場合、
    書斎、寝室の本棚、私用の本棚、子供の本棚・・・・・
    あちこちに本が分散していて、
    これらを一箇所に集めることはとうてい不可能。

    で、原則に従わない片付け方なんだけれど、
    その場所場所で本に向き合っている。
    この本というやつは本当にくせもので、
    持っていることによって知識を持っているかのような錯覚に陥る。
    持っていることが目的のようにさえなってしまう。
    洋服よりも案外執着するものが「本」かもしれない。

    そこで、
    人のものには手を出さない・・・という原則を無視し、
    自分の価値観で処分を始めた。
    10冊くらいを紐で束ね、
    15束くらいは出来たかな・・・・
    誰も見ていないうちにゴミ置き場に持っていった。

    やっと捨てるべき本の1割くらいを捨てたかなと思う。

    まだ③には進めない。


    【2012/02/04 19:52】 断捨離 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    お風呂は文化
    先週からお風呂の熱いお湯が出なくなって、
    湯船に入れない状態が続いていた。

    最初はガスが少ないのかと思った。
    次に給湯器が故障しているのかと思った。
    でも、台所のお湯は熱いのが豊富にでる。

    で、次に給湯の蛇口の温度調節の部分が悪いのかと思った。
    温度調節は問題なく、
    水量も充分に出ているので、
    配管でもないらしい。

    それぞれいろいろな人に見てもらった結果、
    やはり、
    給湯器内部の温度調節の部分だろうということになり、
    すでに廃盤になっている機種なので、
    全部を交換することにした。

    その間、
    ジムに行き、
    スーパー銭湯に行き、
    ジムに行き、
    またまたスーパー銭湯に行ってしのいだ。

    トルコに旅行した時も、
    湯船というものはベビーバスのように小さくて、
    シャワーのお湯を受けるためにあって、
    どっぷりと湯をため、身体をしずめるようにはできていない。
    これはフランスもそうだ。

    吉田松陰がお風呂が好きで、
    久し振りに故郷に帰ったときには、
    母親がお風呂を沸かしてくれたというが、
    日本人の私には
    シャワーではなく、身体を沈められるお風呂が本当に癒しになる。

    しみじみと、
    たかがお風呂と思いつつ、
    これは文化だと、
    こういうことこそが文化の違いの表れだと思った。


    今日は久し振りに自宅で暖かいお風呂に入れる~~~

    【2012/02/02 17:34】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)