奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2011/11 | 12
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    RECENT ENTRIES
  • 未来はいつも未定(08/21)
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/22)
  • 奥様 (08/22)
  • あきんど (08/21)
  • 奥様 (08/20)
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (9)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    姪の結婚式



    朝から着付けに行きました。
    自分で着られないのはなんですが、
    やはり着物は日本女性にとって、特別ですね。

    川崎からは私の妹とその子供たち二人と猫一匹、
    息子も帰ってきましたし、
    賑やかな宿坊?のわが家です。




    花嫁さんの笑顔がとても嬉しそうな最高の式でした。

    スポンサーサイト
    【2011/11/26 23:33】 未分類 | TRACKBACK(1) | COMMENT(16)
    映画ざんまい
    夕べは韓国映画『TSUNAMI』を見て、
    今日は『インモータルズ 神々の戦い』と『ステキな金縛り』を二本見た。

    韓国映画は2009年の映画だったらしいけれど、
    なんだか予言めいた映画。
    だけど、中味の人物がいかにも韓国人らしくって、
    あのがさつさがちょっと耐えられなかった。

    それに比べて、
    ステキな金縛りは喜劇チックなんだけれど、
    面白かったなぁ。


    頭の中が非現実の映像の残像で一杯です。

    【2011/11/23 20:33】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    ニーチェは難しい
    19日、20日と、なぜか上京できることになって、
    西尾先生の全集記念の講演会に行ってきた。

    新幹線で昼過ぎに出発、
    東京駅に着いたらすぐに丸の内線にのって池袋へ。
    雨風が強い池袋の街を、
    傘を傾けながら歩いて豊島公会堂に着く。
    丁度開演15分前だった。

    硬い内容の講演会だったが、
    来場者が意外に多く、
    先生ファンがまだまだ多いなぁと喜んだ。

    ニーチェは私にはまだ全然読めていないし、
    難しいのだけれど、
    西尾先生が文章を読みながら説明してくださったことで、
    ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、
    理解の入り口に来たような気がする。

    言葉の虚しさを知りつつ、文章で思想を残した人。
    後世、世界中の人がその解釈に励んでいるとは、
    ニーチェも苦笑いしているかもしれない。
    【2011/11/20 20:14】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(11)
    父のこと1
    今年満で90歳になった父が、
    いまや一人暮らしをしている。

    と言っても、兄一家が隣に住んでいるので、
    本当の一人ぼっちではない。

    お昼と夜は兄の家に行って(ベランダから)、
    食事をさせてもらっている。


    一週間にせめて一度くらいは行ってあげようと思って、
    今日出かけた。
    ずっと朝から楽しみにしていたようだ。
    部屋を暖め、玄関の鍵を開け、待っていてくれた。

    コーヒーも入れてくれた。
    自分が好きなせんべいも出してくれた。

    大きなテレビのある広いリビングも、和室も使っていない。
    貧乏性だから、
    大きな部屋の暖房を入れるのがもったいない・・・・と
    寝室だけを自分の空間として使っている。

    小さな壁付けのテレビの前にリクライニングの椅子を買ってもらい、
    一人で時間を過ごしている。
    りんごがあるよ・・・というので、
    りんごをむいて二人で食べた。

    帰りに、エレベーターの中で、
    なんだか本当にせつなくて、
    ・・・・・胸がいっぱいになった。

    【2011/11/18 16:38】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    日録感想?
    昼過ぎに西尾先生から届いていた「日録」原稿を
    今やっとアップした。
    内容は見て欲しいが、
    浅野さんと言う方が書かれた全集5巻への感想文が主だ。
    で、自分でアップしておきながら、
    一番にその感想文のほやほやの感想をここに書いている。

    浅野さんという方、知ってる。
    深く知っているってわけではないが、
    坦々塾でお目にかかったことがある。

    その浅野さんの西尾先生の全集への感想が素晴らしい。

    なんだか涙がでてきた。

    そう、西尾先生は私によく電話をくださるし、
    すごく親しい?人としてお話もするけれど、
    ある意味、ものすごい高い山だ。
    霊峰と浅野さんは形容されている。

    私みたいな普通の主婦には
    近所の小山ですら高い山と感じられるが、
    そんなものじゃない、世界の霊峰だ。

    だから、私にはあの全集をじっくり読む気力も能力もないが、
    きちんとあの文字の洪水に立ち向かい、
    溺れずに流れを汲み取ろうとする人がいるなんて、
    西尾先生はやはり幸せな思想家だなぁ・・・・と思う。
    良い読者をお持ちだなぁと思う。


    【2011/11/16 21:32】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(18)
    盗作まがいでもいいのか
    小山先生も調査しておられるが、
    私も育鵬社が扶桑社版(藤岡信勝代表執筆)をまねていることを
    折々に調べている。

    直接的な証拠はないけれど、
    現物の酷似した部分は逃げも隠れもしないで、
    そこにある。

    それでも、保守系の教科書なんだから、
    あんまりごたごた言わないで、
    欠点探しなんかしなきゃいいじゃないかと思われるかもしれない。

    まぁ、推測として私はあれは完全に下敷きにして書いている
    つまり、コピーしてリライトしたと思っているから、
    そういうことを許せない気持ちが強い。
    結果として中味は割合自虐教科書よりもましだとはいえ、
    手段が汚いことが許せない。

    それをモラロジーとか倫理研究会だとか、
    道徳的な団体が後援しているというんだから、
    私にはお笑いのようにさえ思える。

    こういうのは負の感情だろうか。
    いや、私としてはそういう道義にもとることを追及する
    正しい?気持ちだと思う。
    誰だってそうかもしれない。
    昨日、今日とある手紙をその後援者たちに送った。
    反応があるかどうかは分らない。

    でも、自分としてはやむにやまれぬ気持ちだった。

    ここ二三日、そういうことにとらわれていた。

    【2011/11/15 22:15】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    母のこと53&断捨離14
    一昨日、父を訪問した。

    隣に兄夫婦が住んでいるとはいえ、
    自分の家に自分ひとりという生活が大学生以来のことで、
    時間を持て余しているようだ。
    少し暗い寝室で、テレビの前に坐っていた。

    急になにやら認知症?っぽくもなってきている。

    父は二度、捻挫をして以来、
    膝やくるぶしが痛いようで、
    ゴルフにも行かなくなって、
    散歩も運動も全然していない。
    このままではどんどん脚が弱ってしまうだろう。
    わが家に滞在中は、
    階段を使う生活だったので、多少の運動にはなっていたはずだが。

    危なっかしいから歩かないのだが、
    恥ずかしいのか、杖はつきたくないようだ。


    その日、クローゼットに山のように残っている母の衣類を片付けた。

    もう絶対に着ない洋服をわが家に持って帰った。
    いつも出している古着市に出すか、
    東北に送るかしようと思っている。

    断捨離の基本は、
    自分の家に無駄なものを持ち込まないのが鉄則なんだけれど、
    それを破って、私のパソコンルームは今ダンボールが占領し始めている。

    そういえば義母が亡くなったあとも、
    せっせと衣類を整理したものだが、
    私の母も衣装持ちだ。
    なんでこんなに同じようなスラックスを一杯持っているんだろう・・・・
    こんな綺麗なスーツ、着ているの見たことないな・・・・・
    上手に店員さんに言われて、
    言われるがままに買うようないいお客さんだったんだろう・・・・

    グループホームで着れそうな洋服だけ残して、
    きっぱり母の洋服の断捨離を決行中。
    【2011/11/11 21:56】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    筋力の衰え
    いいわけだけれど、父が四ヶ月滞在していたので、
    ジムに行くことがほとんど出来なかった。

    その上、朝昼晩、父と食事を一緒にするので、
    すっごくまともに食べていたので、
    ちょっとゆるんでしまった。
    ・・・・・そう、筋肉が、
    そして、あるものがその上にのっかって・・・・・
    や、やばいですぞ。

    やっとジムにいける環境が整い、
    ばっちり・・・・と意気込んだんだけれど、
    なんと、脚がつりそうになってしまった。
    いや、実際、ちょっとつってた。

    後ろのほうで、もぞもぞと休憩しながらやったけれど、
    脚が攣ってる人なんて、他にはいなかったよ。

    ん~~~~

    反省。
    【2011/11/09 22:14】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    育鵬社盗作問題(5)
    暇をみつけては、育鵬社の盗作個所を探している。
    単元の流れの中に、すごく似ているところがいっぱいあるが、
    上手に言葉の置き換えなどで分りにくくしている。
    誰が見ても似ている・・・・というところをまずは抜き出すことに今は集中している。
    扶桑社を下敷きにしながら、書き進めていった人間には、
    いったい良心というものがないのだろうか。

    文字色〇扶桑社
    単元「46尊王攘夷運動の展開」の、尊王攘夷運動
    幕府が通商条約に調印したことに対し、朝廷の意向を無視し外国に屈服したことになるとの批判がわき上がった。それは、朝廷を盛り立てる尊王と、外国を打ち払うべしとする攘夷の要求が結びついた、尊王攘夷運動に発展していった。(138ページ)

    〇育鵬社
    単元「45尊皇攘夷と江戸幕府の滅亡」の、尊皇攘夷と安政の大獄
    幕府が外国との条約を結んだことに対し、朝廷の意向に逆らって外国に屈服したものであるとの批判がわきおこりました。やがてこうした批判は、天皇を敬い朝廷をもり立てようとする尊王思想と、外国を打ち払おうとする攘夷論とが結びついた尊皇攘夷運動へと発展していきました。(146ページ)


    〇帝国書院(17年検定)
    ペリー来航から開国への、尊皇攘夷の考え
    開国と前後して、幕府の弱い外交姿勢に反対する大名や武士、公家の間には、天皇を尊ぶ尊王論と、外国人を追いはらうという攘夷論が出てきました。本来別々の考え方が結びついて、尊皇攘夷の運動となり、下級武士や有力な農民にも支持されました。(143ページ)



    【2011/11/09 13:13】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    母のこと52
    グループホームに入所してもう10日もたった。

    ホームのほうからは丁寧な報告文が入り、
    母の様子がそれとなく分る。

    どうやらやはりトイレの介助を拒否し、
    手が汚れても洗わなかったり、
    その辺で苦労しているらしい。
    それに、気に入らないとタオルを投げたりして、
    ちょっと乱暴になるのが、
    他の入所者の人には驚きになっているのだそうだ。

    一人の人がずっと付き添っているが、
    いつまでもそういうわけにもいかないから、
    徐々に一人の時間を過ごすようにならないといけない。

    母は母なりに、一生懸命慣れようとしているのだろう。

    あと一ヶ月は面会の許可がおりないという。

    今度は父の孤独が心配。
    【2011/11/07 23:10】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    最近の読書
    西尾先生の全集は、思ったとおり私には難しくて、
    なかなか読み進めない。

    で、パッと開いては読み、パッと開いては読み・・・・という
    いい加減な読み方。
    でも、なんとなくニーチェという人の姿が見えるようで、
    こういう人を研究していたら、
    先生も、ものの考え方が似てこられたかなぁ・・・などと思ったりした。


    昨日、今日、息子の学校の用事で川崎まで行ってきた。
    新幹線の道中の道連れは

    戦略的「鎖国」論

    この本、なんと1988年に書かれたという。

    でも、TPPで自由貿易とか、
    開国とか言われている現在、
    全然色あせないで、今に通じる話ばかり。

    TPP反対論者は、
    むかし、きっと西尾先生のこういった本で勉強したんじゃないかと思った。


    色あせない本を書けるって、本当にすごい。
    ヨーロッパも、アメリカも、
    1988年の頃よりずっと殺伐としてきていて、
    預言書のようでもある。

    【2011/11/06 22:22】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    育鵬社盗作問題(3) (聖武天皇)
    今回は聖武天皇の個所を比較してみた。
    他社の同じ個所と比べても、二社が酷似していることが分る。

    (聖武天皇)

    〇扶桑社(藤岡信勝代表執筆)
    奈良時代の律令国家の、聖武天皇と大仏建立
    聖武天皇は、国ごとに国分寺と国分尼寺を置き、日本のすみずみにまで仏教の心を行き渡らせることによって、国家の平安をもたらそうとした。都には全国の国分寺の中心として東大寺を建て、大仏の建立を命じた。(45ページ)


    〇育鵬社(伊藤隆他)
    天平文化の、奈良の都に咲く仏教文化
    聖武天皇は、国ごとに国分寺と国分尼寺を建て、日本のすみずみに仏教をゆきわたらせることで、政治や社会の不安をしずめ、国家に平安をもたらそうとしました。また、都には全国の国分寺の中心として東大寺を建立し、金銅の巨大な仏像(大仏)をつくりました。(45ページ)


    〇帝国書院(17年検定)
    中国にならった国づくりの、大仏の造営
    聖武天皇の時代、全国で伝染病が流行し、ききんがおこりました。世の中の不安が増すと、古くからの神にかわって、仏教を信仰する人々が増えました。聖武天皇とその后は、仏教の力で国を守り、不安を取り除こうと考え、行基らの協力で都に大仏を本尊とする東大寺をたて、地方には国ごとに国分寺と国分尼寺を建てさせました。(37ページ)


    〇清水書院(23年検定)
    平城京の建設と仏教の、仏教の役割
    奈良時代のなかごろ、仏教を深く信仰していた聖武天皇と藤原氏出身の光明皇后は、仏の力で国家を守ろうとして、国ごとに国分寺・国分尼寺を建てさせ、都には総国文寺として東大寺を建てた。(37ページ)


    〇東京書籍(23年検定)
    天平文化の、奈良時代の仏教と社会
    聖武天皇と光明皇后は、仏教の力にたよって国家を守ろうと、国ごとに国分寺と国分尼寺を、都には東大寺を建て、東大寺に金銅の大仏をつくらせました。(42ページ)

    【2011/11/01 23:46】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)