奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    03 | 2011/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    RECENT ENTRIES
  • 父方の(05/29)
  • 河添さん(05/26)
  • 新聞の力(05/24)
  • 父のこと35(05/18)
  • 携帯を失くした。(05/15)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (05/28)
  • 苹@泥酔 (05/26)
  • 奥様 (05/24)
  • あきんど (05/21)
  • あきんど (05/21)
  • 苹@泥酔 (05/20)
  • 奥様 (05/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年05月 (10)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (526)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    漠然と思っていること
    西尾先生の古い本を読んでいる。

    『戦略的「鎖国」論』

    古い本のはずなのに、全然古くない。
    今に通じることばかり。

    というか、西尾先生はこんなに早くから、
    労働者の移動に警鐘をならしておられたんだなぁと思った。
    今、TPP反対の論の中で、
    労働者の自由な移動(日本へ)の問題などが語られている。
    西尾先生が、レールをひかれていたから、
    その危険性が容易に理解できるというものだ。

    つまり、西尾先生の先見性のすごさを感じる。

    ヨーロッパでも、今まさに移民問題でそれぞれの国が苦しんでいる。

    西尾先生はいつでも、ひとより何歩も前をあるいておられる。
    というか、人が感じない危険を感じ取り、
    日本人がぼんやりしている時に、
    警鐘をならすことを使命とおもっておられるのだと思う。

    いつも「日本」のために、
    するどい思想で日本を護ろうとしている。
    先取りしすぎて、一般人が追いつくのにちょっと時間がかかっている。
    スポンサーサイト
    【2011/04/26 22:25】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
    母のこと29
    昨日の土曜日、父の卒寿の祝いをした。

    兄夫婦とその娘、わが家関係大人七人子供三人、川崎から帰ってきた妹、
    父母合わせて16名。

    母はその日、その食事会をとても楽しみにしていて、
    二時に母の家に行った時から、
    「今日は5時に家をでるのですか?」と、
    そう、20回くらい聞いた。
    壊れたレコードのように(ちょっと古いたとえだけれど)、
    同じ台詞を何度も繰り返す。
    頭の中の回路がそうなっているんだろう。
    私も、
    「5時は早いよ、6時ちょっと前にでようね」
    と、その度に応えた。

    今回妹とも相談して、
    バスタオルやセーターを無断で持って帰り、
    洗濯してくることにした。

    脱衣室にかかっていたバスタオル・・・・・・・
    いったい、何時から洗っていないのだろう・・・・という汚れよう。
    今まで遠慮しすぎていたのかもしれない。
    もう、母の意向を気にしないで、
    必要なことを、断行しようと思う。


    秋口から、おそらく一度も洗っていない、
    そして毎日着続けてきたセーターを洗った。

    【2011/04/24 21:32】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    西尾日録
    西尾先生の日録で、今日コメント欄を開放することになった。

    先生の決断によるものです。

    ずっと前のブログの状態では、
    コメント欄の管理ってのはかなり難しかった。
    削除、あるいは、掲載不可などしようものなら、
    言論弾圧だ・・・・・と、叫ぶ輩が多かったから。
    しかも英文での変なリンクを一杯張った荒らしコメントも山ほど来ていた。

    でも、
    ブログがこれほど多くなり、
    それぞれがコメントに苦労する経験が増えると、
    承認制のコメントが通常のこととして理解されるようになったと思う。

    だから、コメントの管理にそこまでエネルギーを使わなくてもいい。

    荒らしコメントはスパム認定、即刻削除。
    ・・・・・という方針でいきます。
    【2011/04/22 23:02】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    粛親王の書
    実家の床の間にかかっています。




    携帯の画像が悪くって、
    良く見えませんね。




    どうなんでしょう?
    贋物ってことがあるのでしょうか?
    【2011/04/20 22:11】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    岡山県
    広島にシェラトンホテルが出来、
    今なら格安で泊まれるってことで、
    旅行客装って泊ってきました。

    翌日はホテルでの朝食の後、
    岡山へ。
    後楽園のあと、津山城跡へ。




    明治の廃城令で、城は壊されたものの、城壁が残っています。

    大きな石を使った階段もいいし、
    垂直ちかく競りあがった石積みも素晴らしい。
    桜は終わりでしたが、
    近くでこんなにいいところがあるの、知らなかった。



    【2011/04/17 20:45】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    母のこと28
    桜は散り始めているけれど、
    母を比治山という桜の咲いているところに連れて行った。

    比治山の麓は母の実家があった場所で、
    山すそに防空壕を掘って、いろいろ荷物を入れていたらしい。
    広島市の東にある小さな丘のような山なのだが、
    その山向こうは原爆の被害がとても少なかった。

    その後、宇品といいう、
    兵隊さんを沢山見送ったという港に連れて行こうとしたら、
    「帰りたい!」と何度も言う。
    「来るんじゃなかった」とかも。

    それで、結局ドライブはやめて、母の家に戻り、
    ビニールビーズ、
    花札、
    塗り絵、
    オセロ、
    お手玉。

    一通り母と遊んで、
    父が帰ってくるまで時間を使い帰ってきた。


    そうそう、ちょっとここ一ヶ月、気になっていることがある。

    汚い話なのだが、トイレが茶色く汚れていること。
    タオル、便座、洗面ボール・・・・・・。
    兄はこのことがショックで、一晩眠れなかったという。
    排便の失敗は次のステップだという。
    そうかもしれない。

    一応、メモ。
    【2011/04/13 17:50】 介護 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    多型紅班終息?
    去年初めて患い、今年も再発したこの多型紅班。

    皮膚科に行って薬をもらったものの、
    症状はぐんぐん悪化して、
    二日ほど眠れない日が続いた。
    点滴もしてもらったけれど、
    皮膚の班はどんどん広がり、かゆみで狂いそうになったので、
    もう一度皮膚科で診てもらった。

    ややや

    この時期、ものすごく皮膚科が繁盛している!

    余りに多いので、朝九時に行ったときはあきらめたが、
    昼前にもう一度行き、1時間待ちで診察を受けた。
    蕁麻疹ではないので、普通のポララミン?は効かないとのこと。

    リンデロンVとかいう、小さなホルモン系の錠剤を増やすことになった。

    朝二錠、夕一錠。

    塗り薬も強い効き目のものをもらった。

    こういう薬は、減らすにも徐々に減らさないといけないらしい。

    とりあえず、峠は越し、
    班はふくらみをなくし、赤みが減ってきた。
    やれやれ・・・・・・

    自分の身体は頑丈で、病気一つしたことない・・・
    なんて自慢していたのが嘘みたい。
    皆さまもお体、お大事に。。。

    【2011/04/12 11:07】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    入園式

    最近は、年少組からの入園が多いんだそうです。三歳の孫が、もう幼稚園。


    親子三代で、通ったことになります。

    祖父、母、本人(孫)

    カトリック系の幼稚園なので、
    園長先生はシスター。
    その園長先生も、補助のシスターも、子供たちの頃と同じ。
    20数年が、あっと言う間に経ったかんじがします。

    【2011/04/08 19:24】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    季節の病
    去年、多型紅班とかいう皮膚の疾患にかかり、
    結構悪戦苦闘したのです。
    またまた同じ季節がやってきたからでしょうか、
    ここ一週間、身体中のあちらこちらに湿疹ができ、
    かゆくて眠れません。

    人間の身体って、なんて微妙なんでしょう。
    どこで、なにを勝手に感知して、
    勝手に反応しているんでしょう。

    まったく・・・・・・

    【2011/04/07 21:54】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    自粛は悪循環
    今年は春が遅く、
    広島では桜はまだほとんど咲いていない。

    それなのに、今日は近所の桜の名所?で、桜祭りがあった。

    あちこちで、なにやらイベントなどが自粛されているというけれど、
    日本は今や震災の影響で製造業もガタガタしているし、
    元気がなくなっているのだから、
    むしろ派手にお金をまわさなくてはならないのではないか。

    まぁ、桜祭り程度では、
    大したお金は動かないかもしれないけれど。

    桜はほとんど咲いていないけれど、
    大勢の人で賑わっていた。

    去年と同じように、四月の終わりでも、
    案外桜が見られるかもしれない。

    たかじんを録画で見たんだけれど、
    日本のことを自画自賛?して、勇気を奮い起こし、
    傷ついた東日本を立て直していかなきゃという考え方、
    その通りだよね~と思った。

    私、
    武田邦彦先生のファンでもある。
    【2011/04/03 23:05】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
    教科書検定結果
    公民教科書執筆者小山先生からの情報です。

    昨日、めでたく、自由社版の歴史と公民の教科書が合格しました。

    まずはめでたいことです。

    しかし、今回の公民教科書は、全体として恐ろしいことになっています。領土問題で進展があったかのような報道が行われていますが、そうでもありません。確かに、帝国書院以外はすべて竹島、尖閣を書いていますが、韓国・中国と日本との間で中立的な記述、見方によっては韓国・中国側の記述をするものがかなりあります。



     そんなことよりも、ざっと見た限りで、恐ろしい事態を発見しました。3年前の学習指導要領から「家族」が消えましたが、消えるかもしれない、でもまさかそんなことはないだろうと思っていましたが、2社の教科書から家族論が消えました。

    以下に、家族に関する記述量の変化を示します。



     東京書籍      現行4頁→単語のみ

     日文(旧大阪書籍)  現行1.4頁→12行

     教育出版      現行4頁→1頁

     清水書院      現行2頁→単語のみ

     帝国書院      現行2頁→2頁

     扶桑社       現行2頁→育鵬社2頁

     自由社           →4頁


     東書から教育まで87パーセントぐらいの採択率になります。清水を入れると90パーセントを超えます。要するに、公民教科書の多数派から家族が消えたのです。夫婦別姓どころか、ストレートに家族解体を目指しています。

     少し、記述に触れておくと、育鵬社の教科書も家族解体を目指すものになっています。家族の処で、効率と公正の観点(指導要領の柱になっています)から家族の問題を解決していくとしています。これには、びっくりしました。なお、自由社の教科書は、効率と公正の観点は、利益社会にしか通用しないという観点から、「共同社会と利益社会」という単元をおいて説明しています。

     理屈の問題はともかく、公民教科書から家族が消えました。こんな教育を続けていたら、やっぱり、家族と国家が消えてしまいます。もよりの政治家などに広めてください。



     それから、更に言えば、自由社以外は、愛国心を書いていません。これもびっくりしました。



    東北大震災で、一番めだったのは家族の絆だ。
    家族が大切なことは言うまでもない。
    そして国家の役目だ。

    言うまでもないけれど、
    言うべき場所――教科書――で言わないことは犯罪にも等しいと思う。 
    【2011/04/02 09:50】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)