奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    02 | 2010/03 | 04
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    RECENT ENTRIES
  • 北朝鮮問題(04/23)
  • バッテリー(04/19)
  • 庄原(04/16)
  • おせっかい?(04/12)
  • 斬首作戦!?(04/11)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (04/24)
  • あきんど (04/24)
  • 奥様 (04/23)
  • あきんど (04/21)
  • あきんど (04/20)
  • 苹@泥酔 (04/20)
  • あきんど (04/19)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (7)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (516)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (413)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    日比谷に集れ・・・だって。
    この日の基調講演?は西尾先生ですよ。



    ★緊急連絡★4月10日(土曜)午後2じ開会!!!日比谷野外音楽堂に結集しよう!★転送要請★


    全ての憂国的同志の皆さん!

    民主党革命政権を粉砕し、今や全世紀の遺物と化した自民党に変わる真の保守政党が必要です。

    今は、まさに「革命前夜」

    私たちはもう待てません。

    ひとりでも多くの同志の参加を熱烈に要請します!

    尚、この案内は、皆さんから、知人や掲示板に送付、貼り付けをお願いします。

       平成22年3月29日

            民主党「不当除名」都議会議員 土屋たかゆき





    真正「保守新党結成に向けて」

    自民は大企業を相手に、民主は労働組合を相手に政治を行った。

    真正保守新党は、国民と共に中小企業を活性化し、国民生活を再建、国家の誇りを再生する、唯一の「国民政党」です。





    緊急拡散《「過去現在未来塾」発足記念講演会》(4月10日:日比谷公園野外音楽堂にて開催)

    2010-03-19 14:08:24



    にほんブログ村


    緊急拡散《「過去現在未来塾」発足記念講演会》(日比谷公園野外音楽堂:平成22年4月10日午後2時~6時まで!)

     【バナー転載フリー】『4・10:「過去現在未来塾」発足記念講演会』

    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    【「過去現在未来塾」発足記念講演会】開催にあたって。


    スポンサーサイト
    【2010/03/30 23:15】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    尊敬するサイト
    以前、西尾先生が「たかじんのそこまで言って委員会」に出演されたことがあり、
    番組を文字に起こしたことがある。
    そのほか、先生の講演のテープも起こしたことがある。
    耳で聞きながらタイプし、聞き逃したところはバックしてもう一度聞く。

    文字起こしは、結構大変。
    いや、とっても大変。


    ぼやきくっくりさんという、ネットでは有名なサイトの人は、
    関西在住のようで、関西の番組の中の「アンカー」を
    恐らく、青山繁晴さんの意見を重要視されているからだろう、
    文字起こしをされている。

    はっきり言って、半端な時間じゃ絶対にできない。
    努力・・・・なんて、生易しいものじゃない。
    執念・・・と言った方がいいのかもしれない。

    この方のエネルギーを思うとき、
    日本人って、一人ひとりが本当に、職人技を持っていて、
    それぞれの場で、それぞれ頑張ってくれているから、
    やっぱりいいなぁ~って思える。

    私の力量は限られているけれど、
    そういう人を応援することは出来る。

    見に行ったことのない人には、ぜひ行ってほしいサイトであります。


    【2010/03/28 22:32】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    秋葉広島市長
    去年の8月6日に、田母神さんを呼ぶ講演会が企画され、
    その折に、秋葉市長が時期を変えてくれと公文書で依頼した事件!?があった。
    この件は、結局逆宣伝になって、ありがとう・・・・って話にはなりましたね。

    だいたい、この秋葉市長、自分が表に出ることが大好き。

    平和、反核、ヒロシマ・・・・・それだけをお経のように唱えて、
    それをネタに自分が国際会議だか何だかにしゃしゃり出て、
    有名になっていれば気分がいいんじゃないかとさえ思える言動。

    今回、広島市市議会は、オリンピック招致予算の削減させた案を可決した。
    つまり、秋葉市長の独断にNOをつきつけたってこと。


    だいたい、最初から、秋葉氏のオリンピック招致に手を挙げたやり方は、
    単なる目立ちたがり屋の手法だった。
    本当にオリンピックを招致するつもりなら、
    ものごとの順序を踏まなくてはならないでしょ。

    まず、マスコミの前で手を挙げる前に、
    議会で考えを述べるでしょ?
    市民に意見を聞くでしょ?
    広島市のお金を使うのなら、最低限、
    地元の人間に了解を得るのが先決。

    それを
    自分だけの思いつきでいきなり発表して、
    オリンピックやりたい・・・・はないよね。

    自分ももともとやれるとは思っていなかったんじゃない?
    でも、マスコミに騒いでもらって、
    あちこちから応援してもらって、
    既成事実を積み上げる格好でやれば、
    絵になる市長って思っていたんじゃないかな。

    子供権利条例も絶対にやるつもりらしいけれど、
    今保護者からの反対でかなり苦戦しているらしい。
    文言をうすめたり、変えたり、公聴会?を開いたりして、
    それでも断固、条例可決にまで持っていくつもりだそうだけれど、

    そう、いつもいつも、広島市民、秋葉市長に振り回されるばかりじゃないから。
    【2010/03/26 22:09】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    日韓歴史共同研究
    日韓の歴史共同研究の成果が発表されたそうだ。

    だいたい、こんな意味もないことをしてどうなるんだ?と思っていたよ。

     

    特に韓国側は、96年に日本の7種の中学校教科書が従軍慰安婦について明記していたのに、05年には明記が2種に減り、強制性を示す表現も相次いで削除されたことを指摘、「政治、社会的状況の保守化が根本的要因」と断じた。「つくる会」の教科書に対しては、「最も右翼色が強い」「叙述が極端」と警戒心をあらわにした。



    だそうだ。

    よその国の歴史教科書に茶々をいれている韓国が、「つくる会」の教科書が出てきたことに文句を言っているんだよね。もともと、近隣諸国条項そのものが間違いなのに。

    どうせなら、日本側は「つくる会」と同じ立場に立って闘ったらどうだったんだろう。

    日本側はこんなこと言っているらしい。
    「村山談話」が韓国の教科書に載っていない。
    「つくる会」の教科書は少数しか採択されていない。
    そんなことどうでもいい。

    問題はそんなことじゃない。中にはまともな委員もいたようだけれど、「つくる会」を弁護することになったのが、さも迷惑なような委員もいたみたい。



    一国の歴史認識は、国の主権の問題・・・と、どうして理解できないのだろうね。


    同じ山でも表から見るのと、裏から見るのとでは違う形に見えるように、
    立場が違えば当然認識も異なる。
    韓国と日本が同じ歴史認識を持てるはずがない。
    【2010/03/24 15:32】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
    城内みのるさん
    20051022201508
    この写真は2005年10月のものです。

    今日は広島市内であった城内実さんの講演会に行ってきました。

    城内さんと言えば、郵政民営化のときに、
    強行突破しようとした小泉氏に反旗を翻し、
    そのことを安倍さんから思いとどまれと説得されたにも関わらず、
    自分の本心のままに拒絶したことが有名です。

    与党自民党当時、圧勝した自民党のですよ、
    最大派閥に居ながら、
    しかも幹事長の安倍さんに目をかけてもらっていて、
    「力」という意味では、
    日本で最大の力の恩恵にあずかることが出来るポジションにいるのに、
    それに逆らった人です。

    空気を読めない?
    風見鶏にはなれない?
    損な・・・・・本当に損な役回りをあの時演じてしまった。

    逆らった仕返しに刺客として「片山さつき」さんを差し向けられ、
    750票さであの時は負けたそうです。

    しかし、今回のリベンジでなんとその100倍の75000票差で勝ちました。

    私はかつて、その負けた時の城内さんをお招きして、
    講演会を開いたことがあります。
    信念を素晴らしいと信じていたから、
    応援したいと思ったからです。
    その時のエントリーがこちら。


    損な役回りのように見えましたが、本当は最も重大な役を引き受けられたのですねぇ。

    明治維新を成し遂げたあの薩長土・・・・・少数でしたね。
    困難なことを成し遂げるものは、少数派でいることを恐れないのですね。


    【2010/03/22 20:04】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    大波小波
    私ごとですが、
    最近、大波小波に襲われ、ジム通いがままなりません。

    自分の為に、ジムに行くって、
    普通に安定していなくちゃできないことなんだなぁ・・・と、
    しみじみ感じています。

    4月最初に二泊三日で鎌倉に行き、
    従姉妹会に出席するつもりでしたが、それもキャンセル。

    何があったかって?

    現在
    次女が第二子を妊娠中で、
    三女も第一子を妊娠中なんですが、
    次女が予定日までまだ一ヶ月ちょっとあるのに、
    早産の傾向が始まって、
    本日より急遽入院することとあいなりました。

    ってことは

    孫を預るってことであります。

    その孫、風邪を引いて、一昨日より熱を出し、
    食欲もなく、薬をがんとして飲みません。
    無理矢理歯の隙間からぬりつけるようにして飲ませます。

    そういえば私の母も、
    私が四番目の長男を産むときには、
    実家に帰らなかったので、私の家のほうに来てくれて、
    お手伝いさんのように、すべてをやってくれたものです。
    三番目の幼稚園の遠足にも行ってくれました。
    サポートしてもらっていたんだなぁ・・・と、今思い出します。


    家族って、そうやって助け合うものなんですね。
    ジムに行かないことも、旅行をキャンセルすることも、
    別に、自己犠牲とは思いません。

    ただ、三週間超、息子と離れ離れになる娘が、
    玄関先で息子を抱きしめ、泣いていたのには、
    こちらももらい泣きしてしまいましたが・・・・・・・。

    大波小波。

    孫の弟の次男が産まれて、また戻ってくる日まで、頑張ろう。


    【2010/03/20 10:40】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    教科書会社
    大阪書籍が倒産して、日本文教出版がとりあえず教科書を引き継いだ。
    つまり、
    日本文教出版は一時的に二つの歴史、公民の教科書を持ったことになる。
    次回はどうなるのだろう。

    日本書籍も倒産し、日本書籍新社となって教科書を販売したが、
    今回検定申請を断念したという情報が入った。

    「つくる会」がこの世界に参入してから、
    二社がつぶれたことになる。

    しかも、自虐色強い教科書会社からつぶれていった。

    今年は学習指導要領が改訂され、
    ますます左傾化しにくくなった。

    感慨深いものがある。

    【2010/03/17 19:50】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    子供手当て!?
    回って来た情報です。
    下の県は埼玉県だそうです。
    以下の情報には絶句!!!

    ・民主党政権が2010年度導入を目指している「子ども手当」のうち、在日外国人の海外に住む子どもに支給される総額が、 県内では年間約2億1840万円に上ることが県の試算で明らかになった。鳩山首相は11年度からの見直しを示唆しているものの、 「日本人の税金で、海外の外国籍の子にお金を払うのはおかしい」(自民党県議)との声があがっている。

     国会で審議中の子ども手当法案は、対象を日本人に限定せず、日本に居住する外国人の子どもにも支給される。

     子どもの居住場所に要件はないため、母国などに住む外国人の子どもも手当を受け取ることができる仕組みになっている。
     支給額は月2万6000円で、10年度は半額の1万3000円。現在の児童手当を基にした県こども安全課の試算では、県内の対象者は約97万6000人で、年間支給総額は約1522億5600万円になる。

     外国籍の子どもは約1万5000人(約23億4000万円)で、このうち外国に居住する約1400人に対しては約2億1840万円が支給される計算だ。

     子ども手当は、現行の児童手当に上乗せする形で支給されるため、県は児童手当の地方負担分として約157億円を10年度当初予算案に計上している。

     所得制限撤廃などに伴い、前年度比で約20億円増えている。

     (子ども手当 在日外国人の海外の子へ2億円超 : 埼玉 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)から )

     20億円じゃ無理だろう。どれだけ不正自給が行われるかは知らないが、こんなザル法案を時間がないからといって通したのだからな。

     まあ、本音は外国人にお金をばらまきたいんだろうが。

     日本人はたまったものではない。とにかくマスコミは知らせないので拡散に協力して欲しい。そして、動いて欲しい。やるだけのことはやる。

     いつも劣勢ばっかりなので、大変だとは思うが、まだまだ日本人が覚醒するには時間が必要なのは言うまでもない。

     マスコミへの不信はかなり増加していても、まだ団塊世代はテレビ付けである。効果的な方法などはない。

     地道に知らせるのみ。動ける人数を増やすことが次に繋がる。

     このメルマガは私のブログの記事の掲載と一番最後のメルマガ用追記でできている。

     その他の記事は↓のURLで確認して欲しい。

     http://ameblo.jp/dol-souraku/

     また、人気ブログランキングの応援も宜しくお願いする。

     http://blog.with2.net/link.php?657031

     日本の底力(必読!「日本人の税金なのに…」 外国人への支給23億円、県内だけで2億円超)
      
     メルマガ用追記。

     強行採決で可決され、このまま衆議院を通過するのは確実になったのだが,問題が多いこの法案をやるのは県の負担が大きい。自治体に問い合わせてみて欲しい。


    抜け穴だらけの子供手当てです!
    自分達はもらえるからいい・・・・っていう話じゃないね。
    【2010/03/15 09:09】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    それでも千葉大臣は必死
    閣議決定は「昨日」はとりあえず見送られたとのことです。

    夫婦別姓、反対が55.8%=外国人参政権も賛成少数-時事世論調査
    http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010031200741

    時事通信社が5~8日に実施した世論調査結果によると、選択的夫婦別姓制度に賛成が 35.5%に対し、反対は55.8%。永住外国人への地方参政権付与についても、反対 (49.0%)が賛成(38.3%)を上回った。

    政党支持別でみると、選択的夫婦別姓に賛成が民主支持層で33.6%(反対が59.4%)、 自民党支持層で24.3%(反対69.3%)。
    地方参政権付与では、民主支持層の賛成は 41.4%で反対は51.6%。自民支持層の賛成26・2%、反対67.3%だった。


    【2010/03/13 09:04】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    日録の歴史
    詳しいことはいずれ書くけれど、
    今日は「日録の歴史」について考えたことを書いてみよう。
    「日録」って、もちろん「西尾幹二のインターネット日録」のことです。

    たとえば400字詰め10枚でそれを書けと言われたら、
    どれほどのことをどのように書いたらよいのか考えるよね、まず。
    制限無く、覚えていることを順番に書くことと違って、
    ある分量にそれを収める場合、
    当然事実の取捨選択を行わなければならない。

    それはたとえば、
    日本の歴史教科書を作る場合とある意味似通った作業ともいえる。

    というのは、大雑把に見て、
    抑えておかなければならない曲り角を捉えるということ、
    そして、
    全体がいったいどんな意味を持っているかを
    予め頭に描いておかなければならないということ。

    それはよく渡部昇一氏が歴史の表現の時に使用される
    あの「虹」を見る姿勢だ。

    雨粒の一滴一滴は現実に存在し、
    それらも事実の一つには違いないが、
    全部を網羅することは出来ない。

    となると、重要な一滴、虹を反射できる肝心の一滴を逃してはいけない。

    今の日本の歴史教科書には、不必要な一滴一滴を多く捉え、
    必要なものをわざと忘れているような記述になっている。
    そのことが日本の子供たちに、虹を見せないことに繋がっている。

    どんな小さな出来事でも、
    それを歴史として文字に残すときには、
    それが起こった時間を完全に再現することが出来ないがゆえに、
    取捨選択の網をくぐりぬけ、
    ひとつの物語を見せるようにしなければならない。


    「日録」が続いた8年間の間に、本当にさまざまなことがあった。
    さまざまな人たちも登場し、そして退場もした。
    トラブル一つとっても、
    書ききれないくらいの分量がある。

    だから、
    どの事実が重要であり、拾い上げるかを決めるときに、
    すでに価値判断が行われているんだな。

    あらためて、並行させて、そんなことを考えた。


    【2010/03/09 18:20】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    大会のお知らせ
    !) 夫婦別姓に反対し、家族の絆を守る5千人国民大会

    日時 平成22年3月20日(土)午後2時より。
    会場 東京ビッグサイト 東4ホール(新橋から、ゆりかもめで国際展示場正門駅。
    主催 夫婦別姓に反対し、家族の絆を守る国民委員会(03-6906-8998)

    !)「外国人参政権に反対する1万人国民大会」

    日時 4月17日(土)14時(12時半開場)
    会場 日本武道館
    主催 永住外国人参政権に反対する国民フォーラム
           (03-3581-4822)


    いつものことながら、やっぱり東京は・・・・・おもしろそう♪
    【2010/03/08 17:48】 お知らせ♪ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    アバター
    4054882656_1b4c62a3cb.jpg

    映画見てきました。
    あちこちに感想が書いてあるみたい。
    でも、先入観になっちゃうから、読まないで書いてみると、

    結局、白人には原住民を殺したトラウマがやっぱり消えていないな・・・ってこと。
    そして、火炎放射器で日本人などを殺しまくったあのことも、
    心の奥底では野蛮だったと思っているんじゃないかな・・・・ってこと。


    【2010/03/07 09:57】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    田母神氏の件
    日曜日の「たかじんのそこまで言って委員会」を見た。
    田母神さんが出るというので、愉しみにしていた。
    最近の鳩は「トラストミー、トラストミー」と啼く・・・・っていう、
    新しいギャグも仕込んでいた。

    番組の中で、おかしいなと思ったのは、
    田母神さんのところに
    防衛大学統幕学校 の卒業式に招待状が来て
    (元統合幕僚大学校長には慣例として招待状が来るのだそうです)
    今年は都合がつくので、出席と返事を出したら、
    後で電話で来ないでくれ・・・という話になった・・・という。
    もし、田母神氏が出席するなら、
    防衛省からは誰も出席しない・・・と言ったんだそうだ。
    (産経新聞にもそのことが記事になっていましたぞ)

    なんだこりゃ?????

    想像するに、
    大臣なのでは?この大元のくだらない駄々をこねたのは・・・・・。

    自分が国会でいびった相手だから、
    同席したくなかった・・・ってことでは?
    退職金返せは自民党の時だけど、
    民主党になったら、もっとあからさまな「いじめ」ですね。

    私はあんまりむかついたので、
    長島防衛副大臣に(電話番の人にですが)、
    こんなへんな状態、なんとかしてください・・・と、電突しましたよ。

    犯罪者でもない田母神氏に対して、
    防衛省はどうなってしまったのでしょうか?
    防衛省に明日は電話してみましょう。
    【2010/03/04 22:47】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    先の話ですが
    広島に櫻井よしこさんが来られるそうです。

    謝礼も高いし!?第一、関西以西には行かないという通説?のある櫻井さんです。
    ご本人がOKしても、事務局によって断られる・・・ってくらい、
    招致が困難な方です。

    その櫻井さんが広島に来られるそうですので、
    以下に情報を勝手にお伝えします。

    時:5月15日(土)午後1時20分~2時30分(開場12時50分)
    場所:佐伯区民文化センターホール
    参加費:無料(要・整理券)
    主催:国際ソロプチミストウエストひろしま
    演題:「日本よ、のびやかなれ」

    整理券ご希望の方は、住所、氏名、性別、年齢、お差支えなければご職業、電話番号、枚数を明記し、返信用封筒に切手(80円)を貼付して同封の上、下記宛にお送りください。

    郵便番号731-5124 広島市佐伯区皆賀4-2-1 大田方


    【2010/03/03 09:52】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)