奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    12 | 2010/01 | 02
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 孫守り(03/26)
  • 父のこと33(03/24)
  • 父のこと32(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/26)
  • あきんど (03/26)
  • あきんど (03/26)
  • あきんど (03/26)
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (8)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (509)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    一枚完成
    201001312143000.jpg
    次女のところに産まれる次男坊のために水色であみはじめました。

    ネコの脚が写ってる・・・・。

    最近の産婦人科では、3Dのような映像を映してくれるんですね。
    もう、お腹の中で、拳をふりあげたり、
    耳の形まで見えたりします。
    私の時代では、男女の性別は、

    産まれるまで分らない・・・ってこともあったのに。
    今では妊娠6ヶ月を過ぎたら、
    大体分るみたいです。
    三女のところの長子は女の子・・・・らしい。


    スポンサーサイト
    【2010/01/31 21:52】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    小沢氏のこと
    本当はいろいろ書きたいのだけれど、
    まだ、最終的な結果も出ていないから、
    このままずるずると、にやにやと、知らぬ存ぜぬが通って、
    日本人は忘れやすい国民だから、
    小沢のことも、許してしまうんじゃないか・・・・と不安なのだ。

    で、私の感じた印象だけ書きとめておきたい。

    あのわざとらしい笑顔は・・・・・・最悪。
    普段、本当に笑わない人間が、無理して笑っている。
    広島に来たというが、
    広島の人間のどんな人たちが、まだ小沢におべっかを使っているんだろう・・・とも思った。

    そして、名護市の市長選が終って、
    平野官房長官がやばいことを言ったあと、
    小沢氏が沖縄入りした・・・・・という。

    まだ、自分がボス気取り?
    自分がよしよしとやれば、名護市長もご機嫌がよくなるだろう・・って?
    いや、確かにまだまだボスなんだろう。

    長崎のあの肝炎の可愛い新人議員さんはじめ、小沢チルドレンたちは、
    自分の後ろ盾をどう思っているのだろう。

    【2010/01/27 22:15】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(30)
    宗教の力
    娘の戌の日のお参りに神社に行った。

    そのなんとか明神というところは、
    見たことはあっても、一度も行ったことのない神社だったが、
    ちゃんと神社として機能?していて、
    結婚式用の大きなビルも建っている。
    意外に多い人がお祓いやらなにやらで来ていた。

    厄年のお祓いというものも、
    案外律儀にやる人がいるんだなぁ・・・・・と思った。

    お宮参りの人もいたし、
    社員全員で来ている人たちもいた。

    フランスのモンサンミッシェルも、
    最初修道院には(途中で監獄になったことがあった)、
    国中の人々が巡礼に来ていたという。
    貧しい人達にとって、唯一巡礼は許されている旅行?で、
    みなぼろぼろになりながらも、モンサンミッシェルに辿りついたのだという。
    そして、
    貧しいからこそ、見た目でお腹が膨れるようにと工夫された、
    あわ立てて嵩を増したオムレツが出されるようになったのだとか。

    そんなふうに、
    世界中のあちらこちらに、
    巡礼の地があり、
    宗教的な聖地を目指して、人々は苦難の巡礼をする。

    科学が発達した現代においても、
    やはり人々はなにかしら人知を超えたものに祈る。

    赤ちゃんが授かった、
    産まれて百日経った、
    七五三で、成長した、
    お正月になった、
    厄年になった、
    車を買った、
    結婚をする、
    といって、お参りする。


    ローマの教会にも数多くのろうそくがともり、
    香港のお寺にも、
    ぐるぐるにまいた線香の煙があがっている。

    こういった庶民?の宗教的行為は、
    どんな宗教であれ、これから先もなくならないんだろうな。




    【2010/01/24 17:20】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    メタボ
    医療費抑制のためだかなんだか、
    とにかく、自分の健康管理について、
    特に肥満や、運動不足についていろいろ言われるようになった。

    で、ジムは大賑わい。

    私も一昨年の夏から一念発起して、通うようになった。

    ひとりで黙々と歩く人、走る人もいるけれど、
    人は、人の目がある中だからこそ頑張りやすいのだろうと思う。

    誰も居ないジム・・・・・なんて、あまり行きたくない。
    やはり、あちらこちらで頑張っている人達がいて、
    自分もその中の一員で、
    なんとなく見られてもいるようで、見てもいて、
    だからこそ、頑張れるような気がする。

    一人で頑張れる人は、よほど意志の強い人。

    昨年秋くらいから、ちょっとマンネリになって、
    あまり熱心に通わなくなっていたら、
    一年前のデーターがベストだとすると、
    今回、始めた当初のデーターに戻ってしまっていた。
    去年のデーターは美しかった~~~

    で、今は、や、やばい!!!

    で、今週からまた頑張って通うことにした。

    最後にゆったりしたお風呂と、サウナがあるのがいい。
    ん・・・・・この楽しみがあるから頑張れるのかな。
    日本人からお風呂の楽しみは絶対に奪えないだろう。


    【2010/01/23 10:14】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    今年は
    20100122170028
    夏までに、二人孫が生まれます。おくるみ編んでます。もう一枚も編みます。
    【2010/01/22 17:00】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    涙あふれますよ


    こういう映像、もっと流して欲しい。
    【2010/01/19 22:12】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    街宣活動終わり
    本日の街宣活動修了。
    東京でも大きな行動があったらしい。

    さて、苹@泥酔さんは右翼が「日本の恥」ってことで、
    外国人参政権反対を言っても、逆効果みたいなことを言われてる。

    「右翼」ではなく「保守」だよ、って言っても、理解されないだろうと思われている。

    そうかなぁ~

    「右翼」って、街宣車に日の丸貼って、がなりたてているちんぴらみたいな人たちでしょ。

    今、外国人参政権に反対して動き出している人は、
    私も含めて、決してそんな人たちじゃありませんよ。


    日本の政治家が、日本人のためにならないことをするはずがない・・・・・
    そう、善良な日本人は信じています。
    どんなに汚い金にまみれた人たちでも、
    どんなに中国詣でに熱心な人たちでも、
    日本人の利益になることをするはずだと信じています。

    つまり、民主党に幻想を抱いている人が、まだまだ多い。

    そういう普通の人達に、
    本日は「外国人参政権」の危険性を知らせたい・・・・・という思いでした。

    チラシを配るのは、とてもエネルギーを消耗します。

    っていうのは、拒絶されることが多いからです。

    チラシを受け取ることそのものを拒絶されるのですが、
    それが、なにか自分の人格を拒絶されたように感じて、
    おそらく、プライドか何かが傷つくのでしょう。

    チラシを配り終えて、
    一般の道行く人になったとき、
    妙にホッとしてしまいました。


    【2010/01/16 22:38】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(14)
    民主党議員と話をしました
    本日、民主党の陳情窓口とやらに予約して、
    民主党の議員さん(福知県議でした)に要望書?を提出してきました。

    参政権といっても、選挙権だけを与えるのは、さして問題ない。
    むしろ、隣近所の外国人たちと仲良くなれる・・・と言っていました。
    また、
    人口が減っている日本には、移民が必要で、
    ゆくゆくは大量の移民を受け入れるべきだ・・・なんてことも言っていました。
    そして、ご自分は選挙権だけに賛成で、
    被選挙権つまり、首長や議員になれるような法律には断固反対するとは言っておられましたが、
    一つずつ攻めてくる手法に鈍感で、危機感がない人だなと思いました。

    それにしてもレベル低すぎ~~~

    【2010/01/15 21:11】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    うまいこと言うなぁ~
    謎の鳥と題した、おもしろい文章が来たので、転送します。

    日本には謎の鳥がいる。 正体はよく分からない。 中国から見れば「カモ」に見える。 米国から見れば「チキン」に見える。 欧州から見れば「アホウドリ」に見える。 日本の有権者には「サギ」だと思われている。

    でも、私は個人的にあれはガンだと考えている。

    鳥は自分のことを「ハト」だと言い張っているがそんなはずはない。


    【2010/01/14 18:14】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    通常国会目前
    地方外国人参政権付与法案は、
    今のところ、提出があいまいな状態になっているようです。
    なにしろ、閣内にいる亀井静香さんが反対って言っているから・・・・・

    で、何ができるかについて、以下の情報がありましたので、
    お知らせします。
    私も明後日、街宣活動するつもりでっす。

    <現在なすべきこと>
    根本的にこの問題は小沢幕府としての民主党政権打倒の戦いに勝利しなければ解決しませんし、小沢・鳩山の政治資金スキャンダルや皇室の政治利用の問題、安全保障の問題も含めての倒閣運動、そして小沢総攻撃が必要なのは勿論です。しかしその前に今一度、16日の党大会を目処に国民の声を民主党議員にぶつける必要があると思います。

     以下のアクションを出来るだけやりましょう。

    1.民主党の同法案反対派・慎重派議員に檄を飛ばす(電話・ファックス)

    添付リストの「A.慎重に考える会+慎重発言者」に掲載されている議員に、どうして積極的に反対しないのか、党大会で反対せよ、「反対しなければ賛成したということだ」「貴方は小沢民主党のアリバイのために我々国民を欺いてきたのか」と問い詰める。(ファックスよりも電話の方がよいでしょう。メールに対する反応は鈍いよku档「任后・・実匸リストの全員にぶつけられればよいですが、特に政府提案に影響してくる副大臣や政務官等を務めている議員に注力します。

     大島敦  地元電話 048-789-2110 地元FAX 048-789-2117 メール oshima.atsushi@gmail.com
     長島昭久 地元電話 042-548-2700 地元FAX 042-548-2711 メール tokyo21@nagashima21.net
     田村謙治 地元電話 054-347-5755 地元FAX 054-347-2808 メール office@tamuken.net
     渡辺周 地元電話 0559-51-1949 地元FAX 0559-51-5209 メール shu@watanabeshu.org
     吉良州司 地元電話 097-545-7777 地元FAX 097-545-7760 メール h06866@shugiin.go.jp
     松野頼久 地元電話 096-345-7788 地元FAX 096-344-4801 メール ymatsuno@trust.ocn.ne.jp
     野田佳彦 地元電話 047-496-1110 地元FAX 047-496-1222 メール post@nodayoshi.gr.jp
     古川元久 地元電話 052-733-8401 地元FAX 052-733-6382 メール
     山井和則 地元電話 0774-54-0703 地元FAX 0774-54-0705 メール kyoto@yamanoi.net
     福山哲郎 地元電話 075-213-0988  地元FAX 075-213-0977  メール mailto:f-kyoto@fukuyama.gr.jp
     楠田大蔵 地元電話 092-928-8787 メール daizoo@daizoo.com

    <趣旨の例>
    ・国民の権利を韓国や中国との外交円滑化のために叩き売りする法案に何故貴方は「行動」として反対しない? 16日の党大会で反対の緊急動議を出せ。党内世論を起して執行部を追い詰めろ。国民の声より小沢の目が怖い頼りない議員なら二度と民主党には投票しない。
    ・「帰化しようとしない外国人に参政権を渡してよい日本国民になってもらう」という小沢幹事長の議論はめちゃくちゃだ。憲法違反のこんな法案を執行部が出すのを何故黙認したのか。本当に反対ならば党大会で法案提出中止の緊急動議を出せ。民主党は大政翼賛会か?

    ・経済的事情で来日した自発的居残りが多い韓国人に、「本人の意思でないのに永住して申し分けないから参政権をあげる」なんていう原口総務大臣の議論は史実に反し、自虐的な感情論だ。国家の主権と国民の権利を何と考えているのか。何故そんなデタラメを止めることもできないのか。貴方は反対・慎重を言うが本気なら党大会で手を挙げて反対論を述べよ。


    【2010/01/14 09:31】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    今は幕末?




    撃論ムックの編集長をしている西村幸祐さんのトークライブの映像。

    西尾先生からのメールで知ったので、ここでも紹介したい。

    杉山こういちさんが以前から、日本の伝統を守る保守的な思想の持ち主であることは知っていた。
    その作曲家の杉山さんの、発言のたとえがとても適切で、
    次の三橋さん(前エントリーで紹介した人)の発言、藤井厳喜さんの発言と合わせて見ていて、
    私は全身がざざざ~~~っと、粟だってしまった。

    見ていただければ分るのだが、私が混ぜて理解したのは、以下のようなことだ。

    今、日本は内戦状態にあるといえる。
    中国軍と日本軍。
    そして、日本軍は劣勢である。
    というのも、戦争において、放送局を押さえ、情報を管理することはとても大きなポイントだが、
    現在日本のマスコミ業界は中国軍に占領されていると言っていい。
    しかも、国会まで占領されてしまった。

    維新前には、通常の平和な時代と違って普通の人が英雄になることができる。
    普通の人でも危機感を感じ、立ち上がれば、現代の坂本竜馬になれる。
    (あなただって、私だって、坂本竜馬だよ~)

    黒船は民主党政権。
    民主党政権は中国軍の傀儡政権であると言っていい。

    ごくごく普通の若者や普通のおじさんやおばさんたちが、
    今、外国人参政権や、その他もろもろの民主党が画策している闇法案に目覚め、
    誰が指揮するともなく、自分の力で立ち上がり、
    ポスティングやチラシ配布を始めている。

    これは、一人ひとりがドラクエの(っていっても、私はゲームは分らないけど)戦士であり、
    中ボスや、大ボスをやっつけるために、闘いを始めていくことと同じことだ・・・・・と。

    ゲームは遊びだけれど、
    今、始めなければならないことは、
    日本の実際の未来がかかっている闘いだ・・・・・・・。

    確信を持って日本軍である人は2割。
    中国軍側の人も2割。
    わけがわからず、マスコミの誘導にゆらゆらとしている人たちが6割。
    浮動する大衆を目覚めさせることが喫緊の課題だ。
    【2010/01/11 16:27】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    三橋さんの本
    三橋貴明という、チャンネル桜の討論会でもちょくちょく見かける、
    最近にわかに有名になった経済評論家がいる。
    最近ではずっとブログランキング一位だった「博士の独り言」を追い抜いたりしている。

    緻密なデータで、世界中の経済の数値を示し、
    日本は大丈夫だという本を書いていたりする。
    しかも、世に出るきっかけが2ちゃんねるというのだから、
    時代の申し子的な存在。

    世の中の流れに的確に対応している人ということだろうか。

    新世紀のビッグブラザーへ新世紀のビッグブラザーへ
    (2009/06/23)
    三橋 貴明

    商品詳細を見る


    と言う本を読んだ。

    近未来、外国人参政権人権擁護法案が通過した後の、
    日本の姿、日本人の姿をシュミレーションして書かれている小説だ。

    小説ということで、物語になっているからすごく読み易く、
    一気に読んだ。
    面白かった。

    是非、ベストセラーになってほしい。

    全体主義ってのが、一番いけない。
    保守はよく小さな違いは乗り越えて、大きく団結するとか、
    皇室に関して、一切批判をしてはいけないとか、
    要するに西尾先生を批判する時に、
    自由な議論を封じるような発言をするが、
    それこそが全体主義の流れと同じものだと思う。

    情報の統制、自由闊達な議論を封じること、
    権力の中枢に居るものへの批判を許さないこと、
    言論、表現の自由を人権侵害と制約すること、
    そういったことが、
    じわりじわりと愚民化をすすめることになる。

    この本を、『保守の怒り』を重ねながら読んだ。

    もう一度書いておこう。
    是非、ベストセラーになってほしい。

    【2010/01/09 09:09】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    パリ
    フランスのパリという都市を知らない人はいない。

    シャンゼリゼ通り、
    ルーブル博物館、
    ノートルダム寺院、
    エッフェル塔、
    セーヌ川・・・

    バスでパリ市内に入っていくと、
    何処までも絵画の世界のような市街が続く。
    どの窓にも唐草模様の鉄柵があり、
    建物と建物がぴったりとくっつき、
    どの場所も映画のシーンに出てきそうな景観だ。

    ハウステンボスが100個集ったような感じ。
    ん~~~ん、これって、ちょっと陳腐な表現だな。
    陳腐っていうより、貧相・・・かも。

    パリはおおよそ、東京23区と同じくらいの広さだというが、
    道路は放射線状に広がっているが、
    街全体が整然としている。

    今回、自由時間のあと、
    オペラ座通りにある三越が集合地点だったのだが、
    コンコルド広場から入っていって、
    どこをどう迷ったか・・・・とにかく迷子になってしまった。
    タクシーも拾えず、地下鉄は乗り方が分からず、
    迷ったお陰で、
    歩きに歩いた。


    パリもまた、過去の遺産を観光の売り物としている街だ。
    【2010/01/07 17:19】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    ローマ
    今回の旅で、私が一番楽しみにしていたのが、ローマの遺跡群。

    塩野さんのローマ人の物語をちょっとだけ読んでいて、
    2700年前のローマの文明にとても興味があった。

    ヨーロッパは日本の木の建物と違って、
    石の建造物だから、
    古いものがずっとたくさん残っている。

    石畳の道や水を運んだ橋も、城壁も残っている。
    ローマ時代の遺跡の上に、ルネッサンス時代の建造物が建っている。

    コロッセオは、古代猛獣と人間を格闘させた場所で、
    地下には猛獣の檻がある。
    地震で壊れた部分もあるけれど、
    多くの遺跡は人為的に破壊されていったようだ。

    遺跡の大理石を使ってバチカンの教会も建てられたんだそうだ。
    その頃は、遺跡の価値がまだあまり認識されていなかったんだろう。

    あの圧倒的に広い面積に残る遺跡を見たとき、
    古代ローマの文明の発達度合いに驚くし、
    その力の大きさにも驚嘆する。
    油圧式クレーンもない時代、
    コンピューターもない時代、
    設計図はどうなっていた?
    どんな手順で石を積み上げたのだろう?
    どれほどの力が集結し、どれほどの財力があったのだろう?


    今、ローマは過去の遺跡という遺産で生きているんだなと思った。


    【2010/01/05 23:28】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    謹賀新年
    遅まきながら、新年明けましておめでとうございます。

    旅先からは、携帯なので、余り文字数を打てないので(面倒だから)
    ご挨拶が遅くなりました。
    画像だけさささっと送りました。

    ツアーということで、自由に散策とまではいきませんでしたが、
    もうおそらく二度と訪れることは無いであろうヨーロッパ、
    私には初めてのローマ、パリ、モンサンミッシェル、カプリ島に行ってきました。

    あ~~~~日本人って、なんて合理的で、
    思いやりがあって、
    働き者なんでしょう・・・・!
    ちっぽけな旅先でのことなどからも、
    多くの文化の違いを肌で感じることが出来ました。

    イタリアもフランスも失業率が高く、
    外国人が働くことがとても難しいのだそうです。
    EUが一つの国の機能なので、
    EU圏外に対してとても厳しいのですね。

    税関などを通過するとき、
    国境は地球市民と理想を言ったりしても、
    なくならないだろうなと思いました。


    とまぁ、ひとまず、無事帰国。

    日本のうどんは美味しい~~~~~
    【2010/01/03 21:34】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    空港で
    20100102171918
    持ち主不特定の荷物あり。急に厳戒体勢。
    [READ MORE...]
    【2010/01/02 17:19】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    パリ
    20100102053305
    エッフェル塔。

    ルーブルより、ベルサイユより、入場者数が多いらしい。
    【2010/01/02 05:33】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    1日かけて
    20100101053048
    憧れのモンサンミッシェル。
    【2010/01/01 05:30】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)