奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2009/11 | 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 日本が中国になってしまう~~(07/20)
  • 海水浴(07/17)
  • 父のこと36(07/15)
  • 河添恵子さん(07/11)
  • またまた自由社新刊本(07/07)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (07/22)
  • 奥様 (07/22)
  • 奥様 (07/22)
  • 苹@泥酔 (07/22)
  • あきんど (07/22)
  • あきんど (07/21)
  • 苹@泥酔 (07/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年07月 (6)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (544)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    事業仕分け
    確かに、無駄を洗いなおす部分もあるだろう。

    今まで、自民党が官僚のいいなりに従ってきた予算の、
    おかしなところを見つけるという点では評価できる。

    それでも、この演劇のような仕分け作業は、
    「無駄」と断定する主観で判断しているのである。
    これが多数であろうと、本当に無駄かどうかは分らない。
    そこには、ある価値観が存在しているから、
    仕分け人の価値観が、数をたのんで正しいだなんておかしな話だ。

    日本の株は、民主党政権になってから、ずっと下落している。
    それなのに、支持率がまだ好調ってのは、信じられない。

    大衆演芸のような、この見世物は、
    悲劇であるからこそ、大勢の見物客を呼ぶのだろう。

    国が瀕死の状態にあるというのに、
    輸血も麻酔もせずに、手術を行なっている。
    止血もしていない。
    その血しぶきが飛ぶ様が、他人の悲劇を見物するようで、
    蜜の味がするのだろう。

    自分の国なのに・・・・・・・。


    ところで、国会の延長ぎりぎりのところの12月10日から、
    小沢団長で、
    民主党大訪中団が中国へと出発するそうな。
    日本身売り作戦か?
    深入りしすぎてかつて苦い目にあったのではなかったか。
    中国土下座外交の始まりの始まり。
    スポンサーサイト
    【2009/11/27 23:39】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    最近のブーム
    20091124091055


    私事ですが、来年にはあと二人孫が増える予定となりました。

    で、初夏のベビーたちですから、
    ニットはあまり用がないかもしれないと、
    はやばやと毛糸での制作をあきらめました。
    (ちょっとは編んだけど)
    で、二人が殆ど同じ時期に産まれる予定なので、
    一度に両方のためになるものがいいなと考えていました。

    手作りの絵本のキットを三女が注文していて、
    それを協力して作ることにしました。

    フェルトをサイズどおり切ることから始まって、
    ちくちくちくと、コタツに入って縫っています。
    来年は今以上に賑やかになります。
    【2009/11/24 09:10】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    魔女狩り?
    今年、自由社の歴史教科書を私立の幾つかの学校が採択してくれた。

    自由社や「つくる会」は、学校名を発表していない。

    だが、どこでどう知ったか、ある学校が採択した事が知れ、
    左翼が抗議行動を始めたという。
    それに便乗して、
    NHKも報道し、朝日新聞が執拗に取材を迫っているとのことだ。

    なんてことだ~~~!

    朝日新聞は、横浜の採択にも否定的な記事を書いた。
    今度又、その私立の学校も血祭りにあげるつもりなんだろう。
    なぜ、私立の学校の教科書採択に、
    そこまで反対をしなくてはならないのだろうか?

    それは、彼らの存在の基盤を揺るがす第一歩だからだ。

    朝日新聞や、NHKの親中路線、
    はたまた、日本悪玉史観という左翼の基盤を、
    つくる会の教科書という蟻の一穴から崩されてはなるまいと、
    必死なのだろう。

    それにしても余りにもキチガイジミテイルではないか。
    こういう恫喝があるから、
    公立も、私立の学校も怖気づいて採択に至らないのだろう。

    こういった中で採択した教育委員会や
    私立の学校は、
    なんて骨があるんだろう。
    なんて、勇気があり、凛々しく、立派なんだろう。
    それに反して、
    報道に取り上げて、恫喝しようという大マスコミは、
    卑劣で、やくざみたいで、野蛮で・・・・・・・・・
    ばかばかしすぎて、全ての悪罵を浴びせても足りないくらいだ。


    こういうのって、営業妨害という罪しかないのか?

    腹がたってます。

    【2009/11/19 23:32】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    とりあえず、抗議先
    ①民主党
    鳩山由紀夫首相    FAX:03-3502-5295
    菅直人国家戦略室長 FAX:03-3595-0090 
    平野博文官房長官   FAX:03-3502-5025 

    ②国民新党
    亀井静香         FAX:03-5512-2417
    亀井亜紀子  FAX:03-5512-2417
    亀井郁夫  FAX:03-5512-2634
    自見庄三郎  FAX:03-5512-2236 
    長谷川憲正  FAX:03-5512-2640
    森田高   FAX:03-5512-2326 

    ③国対委員長
    山岡賢次     FAX:03-3502-8855 
    川崎二郎     FAX:03-3502-5173 

    ④自民
    谷垣禎一   FAX:03-3597-0895
    大島理森     FAX:03-3502-5082 

    ⑤民主
    小沢一郎        FAX:03-3503-0096
    渡部恒三       FAX:03-3502-5029
    【2009/11/18 22:39】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    移民同化政策の破綻
    高杉晋作や明治維新に尽力した人たちは、
    清がどれほどの目に合っているかを知り、
    日本はそうなってはならないと、必死の努力をした。

    今、外国人移民問題を抱え、
    悲惨なめにあっているヨーロッパの現状から
    学ばなくてはならない。

    西尾先生がおっしゃっていたことの証拠がここにある。

    ドイツの場合です。是非ご覧ください。


    【2009/11/16 11:33】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    11月14日の街宣活動


    銀座で11月14日、民主党政権が画策している反日法案に対する
    阻止のデモンストレーションがあったそうです。

    大勢の登壇者があったそうですが、
    高市早苗議員のあとからは、西尾先生が登場し、
    街宣車の上で、講演を始められました!!!

    毎日忙しいのに、本当に先生は頑張られる。

    時局に流されるのは嫌だといいながら、
    協力して欲しいと言われれば、やっぱり協力を惜しまない。
    そういう、先生の誠実なところが私は特に好きです。


    【2009/11/15 23:55】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    こっちが本命?
    とりあえず、
    今回の臨時国会に「外国人地方参政権付与」法案の提出が見送られた・・・・
    と、喜んでいたら、

    こんなのがあるらしい。
    民主党が既に参議院に請願しているらしい。


    【外国人住民基本法】

    ぼやきくっくりさんのエントリーを見ていただけると、よくわかります。

    なんと、

    第 1 条(目的と定義)
    (2) この法律の適用において「外国人住民」とは、在留資格、滞在期限その他在留に伴う条件の如何に関係なく、日本国籍を保持することなく、日本国内に在住する者をいう。
     →不法入国者や不法滞在者などにも適用されるってこと?!

    第 5 条(永住資格)
    (4) 外国人住民で引き続き5年以上居住している者は、申請により永住資格が付与される。
     →不法入国者や不法滞在者でも5年住めば永住資格が付与される?!

    第 21 条(参政権)
    永住の資格を有し、もしくは引き続き3年以上住所を有する外国人住民は、当該地方公共団体の議会の議員および長の選挙に参加する権利を有する。
     →これって外国人地方参政権より緩くないですか?!


    こんな感じ。

    いやはや民主党政権、本日の産経新聞にも載っていましたが、
    小沢さん、中国大好き~~だから・・・・・・超不安ですね。

    【2009/11/12 10:50】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    今回はあきらめた?
    外国人地方参政権付与法案が、今臨時国会での提出が見送られたようですね。

    山岡国対委員長にはSPがついたとか。
    えぇ?
    そんなに恐怖を感じたのでしょうか?
    ごくごくふつうの人たちが、抗議したことに。

    そう、ごくごくふつうの人たちが抗議したから、恐怖したのでしょうね。

    やくざまがいの人達に「止めろ!」と脅されるより、
    普通の人が、普通に「困ります」「だめです」と言うほうが、
    本当の力だから、
    やばいと思ったことでしょう。

    油断禁物。。。
    【2009/11/11 15:44】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    ええ?議員立法?
    外国人地方参政権付与の法案が、この臨時国会で提出されるそうです。

    公明党がおじけづいたのに、民主党はどうやら韓国のご機嫌をどうしてもとりたい模様です。
    通常国会に継続審議で持ち込むつもりもあるとかないとか・・・。

    最近女性だけの会員サイトに登録して、
    そこで話し合われていることを覗いてみることができるようになりました。
    ・・・・まだ、書き込みしたことない・・・・・

    で、さっき、外国人参政権で検索してみたら、あるある、女性同士が、
    がんがんそのことについて、議論を戦わせている。
    その中身が案外濃いのですぞ~~~
    圧倒的に外国人地方参政権付与に反対が多かった・・・・ホッ!
    しかも、みんな若いのに(多分ね)すごく勉強していて、
    半端じゃない~
    民主党の欺瞞性もちゃんと見破っている~~~
    子供手当てだっけ・・・・それがもらえればいい・・・なんて人は案外少ない。

    いやぁ~ちょっと嬉しかったですよ。
    日本の若いじょせいたちも、まんざらじゃないな。

    さて、以下のやり方が有効であると情報が廻ってきたので、転載します。


    ①●昨年のように、国対政治で闇法案が取引されないように、まず、山岡賢次・
    民主党国対委員長と川崎二郎・自民党国対委員長に手紙かFAXで緊急に要請
    して下さい。

    ②●そして、公明党に気兼ねして保守政党の自覚がなくなっている、谷垣禎一・
       自民党総裁、大島理森・自民党幹事長へ手紙かFAXで要請書を発送して下さ
    い。

    ③●民主党は、小沢一郎・民主党幹事長に、いくら要請書を出しても無駄になり
    ますのでメールに留めて下さい。反対派の重鎮、渡部恒三・前最高顧問には、手紙か
    FAXで要請して下さい。

    ④●そして、法務委員会が始まる来週からは、まず衆議院法務委員会所属全議員
    (35名)に手紙かFAXで要請して下さい。

    ⑤●衆議院法務委員会全議員が終了した方は、参議院法務委員会全議員に手紙か
    FAXで要請して下さい。

    ⑥●最悪の状況でも、参議院でキャスティングボートを握っている亀井静香国民
    新党代表と国民新党参議院議員全員にも要請して、最後に来年の改選議員に手紙か
    FAXで要請して戴ければ完璧です。賛成に回ったら支持できなくなりますとの、意思
    表示が大事です。

    ⑦●「外国人参政権付与法案」は、地方議会議員の身分に直結する問題ですので、
    自民党が単独与党の地方自治体に働きかけ、地方自治体法に基づき「外国人参政権付
    与法案反対決議」を直接かFAXで要請して戴き、実現できれば来夏の参議院選挙のた
    めに引き下がりますが、この千載一遇のチャンスを利用して、国民に民主党の危険性
    を知らしめることが出来ますので、皆様、焦らず淡々と頑張りましょう。

    ①から順番に要請して戴ければ、確実に「国体破壊法案」は潰せます。

    ※ 友人・知人に、「外国人参政権付与法案」に賛成すると、来年改選の参議院
    議員は、選挙を戦えないと自覚して頂くことが必要ですとお願いして下さい。
    ※ 昨年の経験からアドバイスできることは、国会議員は、地元有権者からの要
    請書は、秘書の方が選別して議員に渡しておりました。そして、地元の方は、
    賛成に回ったら支持できなくなることを、必ず記述することが肝要です。

    これは、日本に巣くっている外国人勢力と戦争が始まったと認識して、取りかかって
    廃案にできれば、他の「闇法案」も潰せますので、時間がありましたら周知活動もお
    願いいたします。

    FAX番号一覧と「ひな型」は、「水間条項」( http://mizumajyoukou.jp/ )のイ
    ベント欄に掲載します。

    ・山岡賢次 (衆・民主 ・栃木4区 ) TEL:03-3502-8888 FAX:03-3502-8855 
    h06385@shugiin.go.jp http://www.yamaokakenji.gr.jp/
    ・川崎二郎 (衆・自民 ・比例東海 ) TEL:03-3508-7152 FAX:03-3502-5173 
    info@kawasaki-jiro.ne.jp http://www.kawasaki-jiro.ne.jp/
    ・谷垣禎一 (衆・自民 ・京都5区 ) TEL:03-3508-7012 FAX:03-3597-0895 
    http://tanigaki-s.net/contents/code/inquiry
    ・大島理森 (衆・自民 ・青森3区 ) TEL:03-3508-7502 FAX:03-3502-5082 
    info@morry.jp http://www.morry.jp/
    ・小沢一郎 (衆・民主 ・岩手4区 ) TEL:03-3508-7175 FAX:03-3503-0096 ? -
     http://www.ozawa-ichiro.jp/
    ・渡部恒三 (衆・民主 ・福島4区 ) TEL:03-3508-7002 FAX:03-3502-5029 - 
    http://www.kozo.gr.jp/
    ・亀井静香 (衆 ・国民新党 ・広島6区 )  TEL:03-3508-7145 FAX:- 
    info@kamei-shizuka.net http://www.kamei-shizuka.net/

    外国人参政権付与法案阻止の周知用基礎資料につきましては、こちらも合わせて
    ご覧下さい。 http://mizumajyoukou.jp/?News%2F2009-10-21

    緊急拡散【ネットだけ転載フリー】ジャーナリスト・水間政憲




    【2009/11/07 20:48】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    『GHQ焚書図書開封3』感想
    GHQ焚書図書開封3GHQ焚書図書開封3
    (2009/10/31)
    西尾幹二

    商品詳細を見る



    日録に発刊のお知らせをする前なので、
    ちょっと気が引けるんだけれど、気持ちが新鮮なうちに感想を書いておこう。

    アメリカは押し付けた日本国憲法に言論の自由を謳いながら、
    日本の戦前の自分達に不都合と思われる言論を抹殺するという野蛮な行為をした。
    時間の経過が経てばたつほど、
    過去の日本人の考え方も失われるけれど、
    アメリカの横暴も忘れられてしまう。
    このことを阻止しようと、
    これらの図書を一生懸命蒐集している人は素晴らしいし、
    その中身を紹介している西尾先生の仕事はもっと素晴らしい。

    今回の『GHQ焚書図書開封3』はおもしろい。
    読み易い。
    引用の部分が多い。
    あの当時の空気を感じるのに最適な本が紹介されている。
    歴史はその時の日本人の気持ちになって感じないと、
    史実の判断も狂うというけれど、
    まさにタイムスリップすることができる。
    弾がびゅんびゅんとんできて、ぬかるみの中を這っている兵隊さんたちに肉薄できる。
    西尾先生も本の中で触れられているけれど、
    「コンバット」というテレビドラマがあったことを覚えているが、
    あの日本版のような本もある。

    敗戦国日本は、未だにあの戦争を反戦の立場でしか描くことができない。

    昭和史家と自称する人たちこそ、
    これらの本を研究するべきではないだろうか。



    この本がベストセラーになることを祈ります。

    【2009/11/06 10:56】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)
    ねぐらがあるということ
    先週土曜日、急に上京とあいなった。
    ついでに東京で一泊して帰ることになる。

    土曜日の夕方、用事が早めにすんで、
    宿泊場所には20時半までは入れないということで、
    私は久し振りに仕方なく東京の街をぶらぶらした。

    大学生の頃、四年間東京に居たこともあって、
    あの複雑な新宿の駅もなんとなくはつかめる。
    なんとなくはわかるけれど、それにしても人が多いし、
    様子がうんと変わっている。

    新宿といえば、「江戸のダイナミズム」の出版記念会で、
    三女と上京した折、
    三女が一足早くホテルに帰るといって、
    電車で新宿に着いたとき、
    その駅の構内があまりに広く、迷路のように感じられて、
    ホテルの方向が全く分らなくなり、泣きそうになった・・・と言っていたっけ。
    地方から上京したものには、新宿駅のあれは本当に脅威の複雑さだ。

    地下道を歩いて伊勢丹に行って、
    おいしそうなパン屋さんでサンドイッチを買うと、
    よくよくみると、広島が本店のアンデルセンというパン屋さんだった。
    なんのこっちゃ~

    一人で夕食をとり、
    なんとかベッドにたどり着くまで、
    気持ちはさすらい人のように頼りなかった。

    枕する場所が決まっていること・・・・この安定は素晴らしいことなんだ。
    ねぐらがあるからこそ、
    この東京という大都会で、長い間電車に乗ったり、
    歩き回ったりできるんだなぁ。
    【2009/11/02 15:12】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)