奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    09 | 2009/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    RECENT ENTRIES
  • 父のこと(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)
  • 面接(03/11)
  • 正論4月号(03/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)
  • bunn (03/21)
  • あきんど@泥酔 (03/21)
  • あきんど (03/20)
  • 池田俊二 (03/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (6)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (507)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    今はロシアだけれど・・・・
    岩国の友人が、先日手渡してくれたプリントです。

    以下に再現します。

    **********************
    九条で大丈夫じゃろか

    1933年7月3日、アフガニスタン、エストニア、ラトヴィア、ペルシア、ポーランド、ルーマニア、トルコ及びソヴィエトは侵略の弁明のすべての口実を予防するための侵略の定義に関する条約を結んだ

    一、 他の国に対する開戦の宣言。
    二、 開戦の宣言がなくても、右の国の兵力による他の一国の領域への新入。
    三、 開戦の宣言がなくても、右の国の陸軍、海軍又は空軍による他の一国の領域、船舶又は航空機の攻撃。
    四、 他の一国の沿岸又は海上封鎖。
    五、 各自の所属領域において編成されて他の一国の領域に侵入した武装部隊に対する支援の付与、又は、被新入国要求があるにもかかわらず、右の部隊からすべての援助若しくは保護を奪うために、各自の領域においてなしうるすべての措置を執ることの拒絶


    ○1920年2月2日、ソヴィエト政権とエストニアの間でタルトゥ平和条約締結
      1939年10月18日、最初の赤軍部隊がエストニアに入る
      1940年8月6日、ソ連、エストニアを併合

    ○1920年7月12日、ソヴィエト政権とリトアニアの間でソヴィエト・リトアニア平和条約締結
      1926年9月28日、ソヴィエト・リトアニア不可侵条約締結
      1940年8月3日、ソ連、リトアニアを併合

    ○1920年8月11日、ラトビアとソヴィエト政権との間でラトビア・ソヴィエト平和条約締結
      1940年8月5日、ソ連、ラトビアを併合
      1941年6月14日、最初の大規模な追放が行なわれる。エストニアから1万人、ラトビアから1万5千人及びリトアニアから1万8千人がシベリアに送られた。

    ○1920年10月14日、ソヴィエト政権とフィンランドの間でタルトゥ平和条約締結
      1932年1月21日、ソヴィエトフィンランド不可侵条約締結
      1939年11月30日、ソ連軍、フィンランド侵攻(冬戦争)
      1940年3月13日、冬戦争終結、モスクワ条約
      1940年9月6日、ソ連がハンコとソ連国境間の部隊と物資輸送の権利をフィンランドから得る。
      1941年6月25日、ソ連がフィンランド国内空爆、継続戦争勃発

    ○1921年3月18日、ポーランド・ソヴィエト・リガ平和条約締結
      1932年6月25日、ソ連・ポーランド不可侵条約
      1939年9月17日、ソ連軍のポーランド侵攻。

    ○1941年4月13日、日ソ中立条約締結
      1945年8月9日、ソ連、日本に対して宣戦布告、日本人37万人死亡

    ○1956年10月23日、11月1日。ソヴィエト軍、ハンガリーに武力介入

    ○1968年8月20日、ソ連率いるワルシャワ条約機構軍、チェコ侵攻、全土を占領

    ○1978年12月6日、ソ連、アフガニスタン、平和友好協力善隣条約締結
      1979年12月24日、ソ連軍アフガンに進入 アフガン人150万人死亡

    ○その他
      1924年11月26日、ソ連、モンゴルを独立させ事実上併合
      1929年7月、ソ連、満州に侵攻(中東路事件)中国人捕虜数千人殺害
      1940年6月、ルーマニアのベッサラビアとブコビナに進駐、領土を割譲させる
      200612月、サハリン2の権益変更
    スポンサーサイト
    【2009/10/29 09:18】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    個人的伝言です
    苹さんへの伝言

    決定版 国民の歴史の記事の最後のコメントに、
    苹さんへの伝言を書いています。

    読んでみてくださいね。
    【2009/10/27 22:04】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    『決定版 国民の歴史』
    決定版 国民の歴史〈上〉 (文春文庫)決定版 国民の歴史〈上〉 (文春文庫)
    (2009/10/09)
    西尾 幹二

    商品詳細を見る


     私たちは高い山を遠くに望みながら歩けば、角度により、近景のいかんにより、季節により、時刻により山が異なった印象を与えることを経験している。歴史はわれわれが歩くことによって異なって見える高い山の光景に似ている。
     
     日本史に起こった客観的な諸事実、その年代記的な諸事実は紛れもなく動かずに存在するものである。それが高い山であるとしたら、それが歴史なのではなく、歩くことで現在の私たちの目に新しい光景として映じている山の映像こそがまさに歴史である。
     
     本書には、葛飾北斎の富嶽三十六景の中から三枚の絵を掲示している。思い切った譬(たと)えを申し上げるなら、富士山は動かない存在、歴史上の客観的な事実である。しかしそれを知ることは誰にもできない。遠望できるだけである。北斎は現在の自分の置かれたポジションの条件を幾重にも組み替えることで、すなわち自分を相対化することで、富士の姿の絶対化を図ろうとした。それは数限りない冒険であり、知的実験であった。
     
     セザンヌも同様に何の変哲もない、ただの岩塊から成るサント・ヴィクトワール山を三十六枚も描いた。季節により、時刻により、山は絶え間なく変容して見えた。しかし山の形姿そのものが大きく動くわけではない。同一の山をくりかえし描くなどということは西洋美術の伝統になく、セザンヌは北斎からこの実験のヒントを得たに相違ないが、二人に共通するきわどい、執拗で大胆な試み、届き得ない不動の山に、自分をばらばらに解体させる視点の多様化で接近しようとした実験精神こそ、ほかでもない、歴史家が歴史に立ち向かう際のあるべき精神に相似した理想の比喩なのではないだろうか。
     
     歴史という定まった事実世界を把握することは誰にもできない。歴史に事実はない。事実に対する認識を認識することが歴史である。
     
     それは私たちが絶え間なく流動する現在の生をいったん遮断し、瞬間の決定を過去に投影する情熱の所産である。相対性の中での絶対の結晶化である。
     
     今私たちに必要なのは、日本文明を歴史の時間軸と世界の空間軸の上にのせ、全体を俯瞰し、多用な比較を介して新しく位置づけるための認識の決断である。

    『決定版 国民の歴史』上「まえがき 歴史とは何か」より  



    いやぁ~~~
    うまいことを言うなぁ~~~
    さすが、西尾先生だなぁと思う。

    イエスキリストの言葉には、喩え話がとても多い。
    身近なことに置き換えて、ちょっと難しいことを説明する。
    聖書を引き合いに出すのは、ちょっと畏れ多いのかもしれないが、
    この「歴史」を「山の光景」に喩える言葉の説得力には脱帽してしまう。

    さしずめ秦先生などは、いや、山(歴史)とは、
    山を形成する石ころの形状、草木の大きさ、谷川の流れの一つ一つを
    実寸で測ることが「山」そのものを考察する上で最も大切なことで、
    遠望だとか、立位置で、どんな色合いに見えるか・・・などではない・・・
    と言うのではないだろうか。

    中国韓国と日本が、
    山の光景はたった一つで統一されるはずで、
    その認識を共有できる・・・と思っている大臣が日本に居るのは嘆かわしい。
    その大臣が、天皇陛下のお言葉に関してもなんだかんだと言っているらしく、
    嘆かわしい以上にまことに腹立たしい。
    【2009/10/23 20:57】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    インターネットは空気
    ここ一週間、ネットの接続が不安定な日々が続いた。

    雷が落ちた時には、
    ランの元・・・・ルーター?の電源を入れなおしたら直る。
    今回も、何度かはそうやって直っていたのだが、
    だんだんに頻繁になって、
    ついにはリセットしても、うんともすんともいかなくなった。

    二日前に業者に修理を依頼したときは、
    何故か調子がよく、
    どこも壊れていません・・・・なんて言われて、
    キツネにつままれたような気がしたが、
    やっぱりダメ。
    昨晩からは完全にイカレテしまった。

    何かを調べようとして・・・・
    あ、そうだ、ネットが繋がらなかったんだ~
    人に連絡しようとして・・・・
    あ、そうだ、メールもだめなんだ~
    ・・・・・もう、空気のように日常だったものが、
    ある日、なくなってしまうと、妙に息苦しい。

    本日、夕方遅く、なんとか修繕にきてもらい、
    器具を新しくしてもらって回復した。

    ふぅ~~~酸素が身体に行き渡る気がする。
    もう、日常に欠かせないものになっている。

    【2009/10/22 20:38】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    鳩山政権支持率?
    政権交代させた大衆が対象の世論調査だからか、
    異常に民主党の支持率が高いままが続いている。

    麻生政権のときの、
    一挙手一投足・・・揚げ足取りの報道はどこに行った?
    ちょっと高めのバーに行っていたこととか、
    絆創膏を貼っていた大臣のこととか、
    どうでもいいことをことさら不祥事の印象で報道していたが、
    今、歯の浮くような民主党礼賛のコメンテーターがいたりして、
    この差はなんだ?と思ってしまう。

    あのころの辛らつな報道のあり方を、
    今の民主党政権に当てはめるなら、
    鳩山総理への献金にしても、
    小沢さんの独裁体制にしても、
    今回の予算の数字にしても、
    つっこみどころ満載のはずなのになぁ~

    昨日、久し振りに岩国にある水西倶楽部の勉強会に出席し、
    その後の懇親会にも出席してきた。

    保守系のグループだからというせいもあるだろうけれど、
    皆、マスコミ報道のいかがわしさに、
    テレビのスイッチを切ってしまう・・・・と怒っていた。

    今朝の討論番組で、社民党の人が、
    今回の予算は今までの歴史の積み重ねだと言っていて、
    与党になると、急にそんなこと言うか?・・・という発言だったなぁ。




    小沢さんは独裁体制をどんどん強化しているらしいし、
    ためいきの出る毎日ですね。

    【2009/10/18 09:45】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    五輪招致?
    広島市長と長崎市長が力を合わせて、
    2020年のオリンピックを招致したいと言っているとか。

    で、広島県知事がフライングだと怒っていると。

    そりゃそうでしょう。
    平和念仏主義者の両市長が、自分たちの思い付きを、
    市民、県民、議会・・・・の意見も全く聞かず、
    勝手に発表しちゃったんですから~~~

    ニュースになれば嬉しいお二人。

    東京都が招致活動にお金をいくら使ったって言ってましたっけ?
    アジア大会とはわけが違うんだから~
    【2009/10/13 17:09】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    重要な会合のご案内(転載)
    西尾先生から10月17日に、なにやらの会があって、
    参加することになった・・・・と言われていたが、
    このことだったんだな。

    民主党政権が出来あがってから、やっと保守本流の発信だ。
    ミーちゃんハーちゃんですが、
    色つきは直接お話したことがある人々~~~

    ************

    チャンネル・桜、掲示板より転載


    【お知らせ】10.17(土)日本解体阻止!
    外国人地方参政権絶対阻止!
    守るぞ日本!国民総決起集会のお知らせ


    10.17日本解体阻止!!外国人地方参政権絶対阻止!

    守るぞ日本!国民総決起集会&デモ
    -これからの日本の行方を根底から考え、
    日本保守の再出発の記念すべき日に!-

    国会議員、地方議員、知識人ほか多数登壇!

    全国草莽は「草莽崛起」して、永田町へ!
    「砂防会館」へ!

    日本草莽運動の全国展開へ!


    平成21年10月17日(土)※雨天決行!

    大シンポジウム13時00分~15時30分

    場所:砂防会館別館「シェーンバッハサボー」大会議室→
    (東京メトロ「永田町」駅徒歩1分)

    <登壇予定[50音順・敬称略]>:

    平沼赳夫、
    山谷えり子
    稲田朋美
    西田昌司
    城内実
    中山成彬
    西村眞悟
    赤池誠章
    馬渡龍治

    渡部昇一
    日下公人
    西尾幹二
    田母神俊雄
    増元照明
    花岡信昭
    伊藤哲夫
    三輪和雄
    藤井厳喜
    西村幸祐
    井上和彦
    大高未貴
    村田春樹
    平田文昭他

    松浦芳子
    土屋たかゆき
    三宅博
    他、地方議員多数

    <VTRでの登壇>:
    安倍晋三

    <司会>:
    水島総
    高清水有子

    デモ行進(国会付近)16時00分~17時00分


    呼掛人[50音順敬称略]:

    井尻千男小堀桂一郎、水島総、松浦芳子、渡部昇一、ほか


    主催:

    草莽全国地方議員の会、日本文化チャンネル桜ニ千人委員会有志の会、外国人地方参政権絶対阻止行動委員会ほか


    【2009/10/11 10:33】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    日中韓共通教科書?
    民主党の岡田外相が、歴史教科書問題で、
    理想は日中韓の共通の教科書を作ることだ・・・・と言ったんだそうだ。

    まったく~~~~

    なんてレベルの低い大臣なんだろう・・・と、
    分ってはいたが、改めて愕然とした。
    で、岡田外相は結局自虐的歴史教科書を国定で作れってことらしい。
    検定制度には問題があり、
    自由に教科書が書かれることにも問題があると考えているということだね。

    おまけに、平成13年には鳩山氏は韓国の当時の金大中大統領に、
    「偏狭なナショナリズムに基づくような教科書が
    子供たちに影響を与えないように努力していきたい」
    と特定教科書不採択に努める考えを伝えたのだそうだ。
    (産経新聞10/8第一面参照)

    民間弱小団体「つくる会」が作る歴史教科書は、
    なんと日本国政府そのものから敵視されているんだなぁ。


    日本の国の利益なんかそっちのけで、
    中国、韓国に媚を売っている外務大臣って、どういうこと?
    民主党の国家戦略っていうのは、
    日本の国が亡くなってしまえばいいという戦略なの?

    怒りにまかせて書きなぐりました!
    【2009/10/08 22:02】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    チャンネル桜
    地上波のテレビは本当につまらない。

    日本人をアホにするための何処かの国の陰謀かと思われるほど、
    だらだらと見ていると、単なる娯楽で、
    何も考えない人間が量産されていくような気がする。

    で、チャンネル桜をつけてみた。

    核の砂漠とシルクロード観光のリスク─NHKが放送しなかった楼蘭遺跡周辺の不都合な真実─ (高田 純の放射線防護学入門シリーズ)核の砂漠とシルクロード観光のリスク─NHKが放送しなかった楼蘭遺跡周辺の不都合な真実─ (高田 純の放射線防護学入門シリーズ)
    (2009/09/29)
    高田 純

    商品詳細を見る


    丁度、高田純先生のお話だった。

    以前にもこの方の話を聞いたことがある。
    中国の核実験の跡地の問題について・・・・・。
    NHKがシルクロードへの郷愁を誘う番組を作ったおかげで、
    何も知らない日本人の観光客がどうやら癌に侵されるケースが出てきているようだ。

    NHKは中国の先導の元、
    決して核実験場などの軍の施設に言及することはなかった。

    アースマラソンという地球をマラソンで廻る企画があるらしい。

    丁度汚染されたシルクロードあたりを間寛平さんが来年あたり走るらしいと聞いて、
    高田教授が注意をしているのだそうだが、
    テレビ局は決行するのだろうか。
    中国が許可しないかもしれないというなら、まだ良心的だ・・・・とも言われていた。

    【2009/10/06 22:04】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    合掌
    中川昭一さんがお亡くなりになった。

    中川さんといえば、教科書問題にも関心があり、
    その問題の根本をきちんと理解した政治家だった。

    著名な政治家の中で、私が至近距離で見たことがある政治家のうちの二人のうちの一人。

    今はまだ死因がはっきりしないのだが、
    病死にしろ、自殺にしろ、
    余りにも残念で仕方ない。

    ご冥福をお祈りします。

    【2009/10/04 15:38】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(16)
    CO2の謎
    「地球温暖化の謎」というユーチューブの動画を見た。

    本当は寒冷化が始まっている?



    1から7まで全部見た。

    地上波の限界にも言及している。時間がある人は見てほしい。
    バライエティ番組を見るよりずっとおもしろい。

    EUやアメリカが仕掛けてきた石油争奪戦が裏に潜み、
    日本やアジアには石油を与えない・・・という戦略があるのではないか・・・と推測する。
    そして、最終的には人口問題も関わってくる。

    今後地球に人類が生き続けるためにはどうするべきか?
    サバイバルゲーム?は既に始まっている。
    アングロサクソンはそれに気がつき、
    日本人は気がつかずに、お人よしのままでいるのか。
    優等生、ピエロ?のままでいいのか。

    【2009/10/01 09:05】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(9)