奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    07 | 2009/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 未来はいつも未定(08/21)
  • 旅行(08/18)
  • あべのハルカス(08/14)
  • 花嫁のれん列車(08/12)
  • 車で(08/12)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (08/22)
  • 奥様 (08/22)
  • あきんど (08/21)
  • 奥様 (08/20)
  • 苹@泥酔 (08/19)
  • あきんど (08/18)
  • 奥様 (08/18)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年08月 (9)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (554)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    自民党惨敗
    四年前の衆議院選挙(郵政選挙)で、自民党が大勝利したとき、
    私は以下のようなエントリーを書いています。

    今日から始まりました。

    新人議員の初登庁で、マスコミが殺到していました。

    しかしなんですよね。

    あの人たちは日本丸の操縦席に坐る人々。
    資格もなんにもないの?
    今度の選挙で「たなぼた」で選ばれてしまった
    大勢のチルドレンさんたち。
    あの人たちを、操縦席に呼び込んでしまったこと、
    こんな結果になったこと、
    恐ろしく感じませんか?
    私達の大切な国の操縦なんですよ。


    自民党、こんな議員の選び方して、
    絶対に後悔すると思うよ。
    絶対にこんなのおかしいよ。


    【2005/09/21 20:13】 硬めな話題



    あの時私は郵政選挙に憤りを覚えたものだ。

    郵政問題で自民党は血も涙もない?手法を取り入れ、
    多くの有能な自民議員を追い出してしまった。
    地元の党員や選対本部ともぎくしゃくしたっけ。

    自民党が劇場型の選挙で大勝利したことが、
    私には苦々しかった。
    今度は逆の結果になった。
    自民党は自業自得とも言える。

    今回の選挙もまた、劇場型の選挙であったと思う。
    「政権交代」という劇的変換が見たかった日本人の、
    好奇心が呼び寄せた結果だと思う。

    なにしろ、力量のある人、実績のある人などが破れ、
    名も無い新米議員が100名も当選したのだから。

    小泉チルドレンならず、小沢チルドレン。
    小沢ガールズたち。
    ためいきが出ます。


    政権交代は目的ではありません、入り口です、と今は言っているが、
    選挙前は「政権交代」こそ目的のように言っていたよね、確か。


    平沼氏、
    城内氏・・・・・・・何名か、当選してよかったと思う人がいるのだけが救いです。
    スポンサーサイト
    【2009/08/31 14:50】 硬めな話題 | TRACKBACK(1) | COMMENT(2)
    ご来光
    20090830060319
    寒い!

    西日本に住んでいると、なかなか富士山を見る機会がない。
    それでも私は東海道新幹線に乗っているときに、
    ちらっと車窓から見ることもある。

    でも、お婿さんを含めて、家族の者たちは、
    皆富士山を見たことがあまりないというので、
    今回の小旅行は「富士山」がメーンテーマだった。

    で、この写真は五合目からのご来光!

    朝3時20分ごろホテルをバスで出て、
    5合目からご来光を見るというオプションに参加した。
    寒かった!

    厚い雲がかかり、待つこと30分・・・・やっと拝めたご来光です。


    でも、雲の下に下りると、
    河口湖畔のホテルの露天風呂から、
    富士山が・・・・・・・・・見えない。
    ホテルのロビーの大きなガラス窓の向こうに
    富士山が・・・・・・・・・見えない。
    う~~~~ん、ちょっと残念だった。
    【2009/08/30 06:03】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    米寿旅行
    私は三人兄弟。
    兄、私、妹。

    父は今年米寿になった。

    兄一家は両親の隣に住んでいる。
    妹一家は関東に住んでいる。
    妹一家の旦那様だけはスペイン住まい。

    明日から家族一同総勢17人(全員じゃないけど)で、
    旅行に行ってきます。

    冠婚葬祭にしか集らないのでは淋しいですもんね。

    ということで、日曜日の夜、帰ってきます。
    【2009/08/28 15:41】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    お手伝い
    今日の12時半から、
    天皇陛下ご在位20年記念奉祝パネル展の手伝いに行ってきました。

    そこでは天皇皇后両陛下に関するビデオが大画面で流され、
    パネルが展示されていました。
    そのほか、途中で「オカリナ」の生演奏もありました。


    私は本などを売る受付?に居たのですが、
    設営の関係で、画面にお尻をむける形で立たざるをえません。

    ・・・・・天皇陛下のことを
    すっごく大事に思う人たちとはちょっと距離を置いている私です。
    いえ、もちろん大切だと思っているし、
    日本からこの皇室制度が絶対になくなっちゃいけないとは思っているけれど、
    でも私はきっと一部の超熱狂的?な天皇崇拝主義者?ではないのだと思います。

    で、・・・・そうではあるのですが、
    お尻を向けるのは、どうしても忍びない。
    でも、正面を向かなければ、来訪者に対応できない。
    ・・・・仕方なく、90度の角度でいました。

    90度の角度で立ちながら、
    全部以前見たことのあるビデオなのですが、
    本当に不思議なことに、
    何度も何度も、
    どこという箇所とは言えないのですが、涙がにじんでくるのです。

    本当に不思議です。
    このことはちゃんと記録しておこうと思ったので、
    エントリーにしました。
    日本人のDNAなんだろうかとも思いました。以上
    【2009/08/25 18:10】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    えんだんじさんの本
    endanji1.jpg
    大東亜戦争は、アメリカが悪い大東亜戦争は、アメリカが悪い
    (2004/07)
    鈴木 敏明

    商品詳細を見る


    これはかなり分厚い本である。

    えんだんじさんという、ここでもリンクを貼っている人がお書きになった本だ。
    重版していたのだが、出版社がつぶれたということなので、えんだんじさんに送ってもらった。


    たとえば、大東亜戦争をめぐるいろいろな文章。
    条約、覚書、手紙、新聞の記事など、
    今残って発表されている文章の資料が色々あるとして、
    この鈴木さんの資料の集めようは半端じゃない。

    私は随分前にジグソーパズルにはまったことがある。

    これは全体の絵柄がもう決まっていて、
    それが細かいピースに裁断してあり、
    もう一度組み合わせるという遊びだ。

    大東亜戦争の絵柄は一通りではないはずだ。

    戦勝国から見た絵柄は今の中学校の歴史教科書に色濃く残っており、
    64年たった今も、敗戦国(つまり日本だけが悪かった)の絵柄になっている。

    でも、この鈴木さんという人は、
    今まで使われていなかったピースを丹念に拾い集め、
    表題どおりの「大東亜戦争はアメリカが悪い」という、
    アメリカのの敵意を枠組みにして、
    一つ一つ組み合わせて絵柄を完成させていっている。

    ジグソーパズルは必ず隣り合わせのピースは一つしかないように、
    微妙な違いがつけてある。
    だが、大東亜戦争の断片は無数にあり、
    隣り合わせにどれがなるか、
    ピースそのものも自分が探してこなくてはならない。

    こんな作業、よくやったなぁ~と、本当に感心する。
    しかも、サラリーマンを定年退職したあとの仕事だという。
    すごい!

    日本だけが悪いという絵柄よりはるかに歴史的断片を沢山拾い集めているし、
    となりどおしのピースが無理なく繋がっている。
    英語に訳して外国に送ると書いておられるので、
    その大変な作業も是非やってもらいたいと思う。
    【2009/08/21 22:55】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    国旗分割?
    民主党が自党のマーク?の旗に、
    日章旗を切ってつくっていたことは昨日のエントリーにある通り。

    産経新聞では少しその記事が載っていたが、
    朝日新聞にはあったのかどうかは知らない。

    まず、民主党の旗が無かったから作ったとして、
    その作った本人、
    会場を設営した人々、
    会場に来て、それに気がついた人、
    ホームページに載せた人、
    つまり、知っていて、それもまあ「あり」だと思っていた人々ってどうなんだ?

    たった一人の不始末ではない。

    そういうメンタリティーも「あり」な党ってことじゃないか?

    民主党の大会にはそもそも日本の国旗は掲揚されないんだそうだ。
    【2009/08/18 12:17】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    有り得ない


    民主党のマークを日の丸を切って作ったんだそうだ。

    有り得ない~~~~

    でも、本質を象徴しているかも。
    【2009/08/17 23:12】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    夏は海
    20090814205806

    (クリックすると大きくなります。)

    孫は砂がきらいみたいで、
    足をぎゅっと縮めて、砂浜におりようとしません。

    でも、海の中は大好き。

    雨が多かったせいか、浜辺に多量のゴミ(ペットボトルなど)が打ち寄せられていて、
    モラルの低い日本を目の当たりにしました・・・・・残念!
    【2009/08/14 20:58】 写真 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    盆休み突入
    あちこちで天災にあわれた方々、お見舞い申し上げます。

    東名高速がたった一日で復旧されるとのこと。
    すごいなぁと思います。

    お墓参りに行ってきました。
    夫の母親の実家、
    私の母親の実家、
    私の父親の実家、
    それぞれ、広島市内に二等辺三角形を描く距離にあります。

    夫の父は次男だったので、新しく建てた墓には、
    義父と義母しか入っていないし、
    家から二分の距離なので、
    これは掃除とお花をいけにこの前行ったから、
    もう一度、15日くらいに行けばよいでしょう。

    お盆の時にしか訪れない場所は、
    まるで昨日来たばかりのような気がするものです。
    そして考えること、感じることはいつも同じ。

    誰も来なくなって、片隅に寄せ集められた墓石の群れが哀れです。

    それから
    士族と刻まれたり、
    大東亜戦争南方方面にて没と刻まれていたり、
    原爆死と刻まれていたりするのも歴史のひとこまを感じます。


    先祖を供養する子孫が途絶える家もあれば、
    代々続く家もあり、
    新しく建てられるお墓もある。

    日本はやはり先祖を供養しながら、
    家というものを大切にしていく国柄なのだなぁと、
    お盆にはいつも同じことを考えさせられます。
    【2009/08/12 22:21】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    言葉について
    日本語については、ここにいつもコメントを書いてくれる苹さんが詳しい。
    詳しいというより、専門家・・・・?

    その日本語を今孫は学習している。

    意識して学習するわけではないが、
    赤ちゃんの時の音の発声ですら、日本語の音であるとさえ言われているように、
    日本人に産まれたら、日本語を日々聞いて育ち、
    そのうち発音を真似し、
    名詞を覚え、言葉を重ねて文章を語るようになる。

    最近では「んごく」という・・・・・
    よくよく聞いていると「動く」という意味で、
    おもちゃの「ぶーぶーんごく」・・・というような使い方をする。

    うちにやってきて「きたよ~」という時もあれば
    「おかえり」と言って入ってくることもあるけれど、
    確実に日本語が身に着いてきている。

    「ママ、ちぇみ、きらいの」=「ママは蝉が嫌いだね」
    「かぱやー」・・・・これはパトカーのこと。


    乳幼児は語学の天才である。。。
    新幹線の名前「こまち」も「あさま」も見分けて言うところなんぞ、
    うちの孫は本当に天才かも・・・・と、ばぁばばか。

    頭の中で、どんどんものの名前が蓄積され、
    動詞が整理され、形容詞まで理解する。

    「ばぁばちゃん、おいでおいで」と言われたら、行くしかないよね
    【2009/08/11 23:53】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
    田母神氏の力(12)
    今日は秋葉広島市長が前代未聞の言論弾圧要請?を行ったことで、
    いちやく全国で有名になった、田母神講演会の日でした。

    二日前に地元のテレビでこの件について報道があったようですが、
    私・・・・・見落としてしまいました。
    聞くところによると、
    田母神氏対浅井基文(例の!)のコメント合戦で、
    時間配分が1対4くらい。
    しかも、田母神氏の言葉は過激なところだけ編集されていたようです。
    浅井氏の言葉は練りに練ったことばで、
    好意的な編集をされていたようです。

    秋葉市長のコメントもあり、
    自分は如何にも言論弾圧などしていないといった風で・・・・・
    市民の心情を理解してくれ・・・・と、泣き落とし的なコメントだったそうです。
    視聴者への印象としては、97%市長側の勝利?となるだろうとのこと。
    (見ていないので、これは伝聞情報ですが)


    さて、本日の田母神氏講演会。
    最初750名のところを別室100名の会場を新たに借りたようで、
    映像で視聴できるようになっていました。
    それでも立ち見のお客さんが次々に当日券を買い求められ、
    総入場者数、結局1300名!!!!

    会場になったメルパルクホテルには、
    左翼から嫌がらせの電話がしょっちゅう入っていたそうですが、
    毅然とした対応で今日を迎えてくださったようです。

    メルパルクホテルは広島のど真ん中あたりにあり、
    斜め対面(少し遠いですが)が原爆ドーム。
    中核派の連中?が、なにやら口汚く罵る声が聞こえてきていました。
    でも、警察の方などがホテルの前面にずらっと立って守っていて、
    あちらからこちらへ邪魔しにやってくることはなかったようです。

    会場にたとえ紛れ込んでいても、
    圧倒的な人数で、何もいえなかったことでしょう。
    「君が代」斉唱の折に、立ち上がらなかった人もいなかったし(笑)。

    秋葉市長の平和宣言、小学生の誓いの言葉?などを取り上げながら、
    いつもの田母神節が炸裂しておりました。

    もっと何かトラブルがあるかと思いましたが、
    何にもありませんでした。

    絶対に潰してやる・・・・と言っていたはずの中核派・・・・遠吠えだけ。

    日本を誇りに思うような歴史教育が大切だ・・・と、何度もおっしゃっていたので、
    あの会場に集っていた人たちは教科書問題にも理解があるんだろうな・・・と思うと、
    なんだか嬉しくなってしまいました。
    【2009/08/06 22:25】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    8月6日
    今夜のこと(田母神講演会)は、また帰ってから報告しよう。

    とりあえず、ぼんやり考えていることを書き留めておきたい。

    北朝鮮にアメリカのクリントンが出かけ、
    女性記者二人を救って帰ってきた。
    あれがなぜ横田めぐみちゃんではないのか?

    答えはアメリカに力(核兵器を含む)があるから。
    それが日本にはないし、
    日本は、いざとなったら武力ででも奪い返す・・・・という姿勢がまずない。

    そしてまた、アメリカがなぜ二人の女性記者のために
    北朝鮮にごまをすりに行ったのか。
    核兵器を開発しているから。
    つまり、「力」を獲得したから。

    8月6日・・・・・・全世界から核廃絶を願うことは、とりあえず良しとしても、
    現実の世界は腹黒い。
    アメリカが核を完全に放棄するか?
    削減と放棄は異なることだ。
    世界はそんなことは知っている。

    「オバマジョリティ」で、核廃絶は大多数の願いだと寝言を言っている秋葉氏には、
    理想と現実の区別がつかないのか。
    それとも、日本だけが無防備な国となり、
    三度目の被爆の可能性を抱きつつ、
    ひたすら世界の善意に期待するだけでいいのか。

    世界が善意のみで形勢されるようになる日が来ると、
    「信じる」ことこそ、
    日本に住む子孫を、守らない・・・・という無防備に繋がる。


    警戒、防御を学習しない国民は滅亡するしかない。
    今日、あの平和公園に集った群衆は、
    他国の核兵器の有効性を担保しているのかもしれない。
    【2009/08/06 09:43】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
    横浜市よ有難う。
    さきほど入った情報です。

    横浜市の8採択区で、「自由社」が採択されたそうです。

    <横浜市教委>8行政区が自由社の歴史教科書採択
    8月4日13時22分配信 毎日新聞

     横浜市教育委員会は4日、10~11年度に市立中学で2年間使う歴史教科書に、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が主導し自由社(東京都文京区)が発行する教科書を8行政区で採択した。「つくる会」の分裂に伴い、扶桑社版とは別に執筆された自由社の教科書は08年度検定に合格したばかり。文部科学省は「(採択例を)把握していない」、同社は「全国初」としている。

     同市の教科書採択は、校長や学識者で組織する市教科書取扱審議会が候補を答申、市教委が市内18行政区ごとに決める。この日の市教委には今田忠彦委員長ら6人の教育委員全員が出席。18区ごとに無記名投票し、港南や青葉など8区で自由社が選ばれた。18区全体で市立中学は145校、1学年約2万5000人の生徒がいる。

     投票に先立つ審議で、今田委員長は「日本人に生まれたことを悲しませるような教科書は絶対、駄目だと思う。自由社の教科書は非常に理解しやすく、先人がどういう意識で生きてきたのか深みをもって書いている。日露戦争も愛情をもって書いている」と意見を述べた。【山衛守剛、木村健二】

    【2009/08/04 15:00】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
    田母神氏の力(11)
    そうだろうと思った・・・・・

    って、産経新聞に幸福実現党の広告が二面全部を使って出た。

    なんと、田母神氏と党首対談!

    利用されてるなぁ~と、とても心配になっていた。

    でも、頭のいい人だから、
    なんらかの計算があってやったことだろうと思っていた。

    で、それでも心配だったから、昨日事務所にメールを打っておいた。
    「8・6来広の折に、説明をお願いします(要約)」と。
    そうすると、今朝ご本人から返事がきた。

    「・・・・・・・・自民党も民主党も国の守りについて全く考えない中で、
     一つの発信のチャンスになるかもしれないと思い、
     チャレンジした次第です。・・・・・」
    とのこと。

    そうだよね、2ちゃんねるでは
    専ら田母神氏はもう終わった・・・なんて言われているけど、
    何かを考えての行動だと私は思っていた。

    とにかく大川氏と対していても、
    田母神氏のいつもの主張を繰り返しているわけで、
    なんら異なる態度を示しているのではない。
    つまり、田母神氏はどこでも、誰にでも、
    終始一貫して国防の観点から全てを考え発信している・・・ということ。

    それにしても、私の地元(つまり田舎)でも
    朝早くから幸福実現党の宣伝カーが廻ってくる。
    お金あるんだなぁ~~~
    どうしてそんなにお金が集められるんだろう???
    ・・・・・・と、いつも思う。。。
    【2009/08/04 09:07】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    英霊との約束


    こんな動画がありました。

    私は最近、「つくる会」の教科書運動に限界を感じていて、
    なんだか希望を感じない日々でしたが、
    「英霊との約束」と言われたら、
    どんなに厳しい採択結果となっても、
    くじけちゃいけない・・・と思うようになりました。

    【2009/08/03 22:45】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)