奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    10 | 2007/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    RECENT ENTRIES
  • 昨日の料理(10/18)
  • 定点観測?(10/12)
  • 倉敷(10/08)
  • 祭り2(10/08)
  • 祭り(10/08)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (10/14)
  • 奥様 (10/12)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/10)
  • あきんど (10/10)
  • 奥様 (10/06)
  • あきんど (10/04)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (6)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (570)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (76)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    大きくなったぞ
    20071130224054


    毎日顔つきが変わります。
    いえ、ねっころがって居る時と、
    縦に抱っこされている時、
    お座りさせられている時、
    毎回、顔が違います。
    スポンサーサイト
    【2007/11/30 22:40】 写真 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    集会のお知らせ
    私は遠くて参加できませんが・・・・・
    当日左翼も集会を開くとか。
    お近くの皆さん、是非ご参加ください。

    **********************


    「国民は歴史偽造を絶対許さないぞ! ! !」
    文科省を叱咤激励する集会にぜひご参加を

    12月3日、4日がヤマです。「沖縄集団自決は軍命令」という歴史偽造を文科省が受け入れてしまう可能性があります。良識ある国民の怒りを文科省に届けましょう。
     
     「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」と並ぶ、日本を貶める歴史捏造の一つに「軍命令による沖縄集団自決」がなってしまった感がありますが、これを子供達に刷り込むことは断じて許されません。虚偽を真実として教えることは全ての学問を否定することであり、学問の自由、言論の自由、表現の自由が圧殺されてしまいます。近隣諸国条項にこの沖縄条項が加えられれば、南京や慰安婦の教科書検定にも悪影響が及びます。そうしたらこの十年の教科書正常化運動は頓挫してしまい、我が国の子孫の自虐史観からの脱出は永遠に不可能になってしまうのです。さらに恐ろしいことに「沖縄を残虐な中国に侵略させる」という反日左翼の真の目的が達成されたら、集団自決という悲劇が再び繰り返されてしまうでしょう。


    ■12月4日10時30分 東京駅南口の文部科学省前に集合願います。
    ■街宣車からスピーカーでの広報、チラシ撒き、幟と国旗も立てます。
    ■時間は1030から1230まで文科省前にて活動します。(以下の地図の○印)
    ■その後、衆議院第二議員会館で集会に参加します
    ■主催 新しい歴史教科書をつくる会


    【2007/11/26 19:32】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
    実家は休憩場所
    嫁に行った娘達が、
    休憩のために帰ってきた。

    次女は
    赤ん坊を育てるのに、四苦八苦していて、
    慢性寝不足に筋肉痛・・・でへろへろ。

    もう一人の娘も風邪気味だとかで、
    一人で家で寝ていたら腐ってしまうからと、
    やはり帰ってきた。

    そしてまたそそくさと自分達の家に帰って行った。

    大急ぎで布団や、赤ん坊の籐のゆりかごや
    裏がガーゼのバスタオルなどを目に見えぬところにしまった。

    いつもそうだ。
    忘れていった赤ちゃん用の綿棒。

    【2007/11/25 20:28】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    同じ過ちを繰り返すのか
    文部科学省はこの度、沖縄検定問題で、先の検定意見を覆すために、政府からの通達によるのかはわかりませんが、日本史小委員会(検定審議会?)を設けるようです。

    そして、その委員が、オール左翼になりそうなのです。

    これでは出来レース、結果が最初から決っているとしかいえませんね。



    文科省は教育再生タウンミーティングでやらせをしたのと同じ間違い、
    すなわち「日本史小委員会」で、出来レースを演じようとしているのではないか?

    【2007/11/24 16:08】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    産経新聞正論欄より
    本日の産経新聞より

    文部科学大臣あてのキリっとした文章です。
    大臣、ちゃんと読みましたか?

    この沖縄条項ともいえる検定を覆す事件は、とんでもないことです。
    つくる会の10年の歩みの逆行になります。

    左翼が総力を挙げて、12月3・4日に大きな行動を起こすとか。


    ■【正論】再論・沖縄集団自決 拓殖大学教授・藤岡信勝


     ■検定再審を渡海文科相に問う
     ■制度否定の記述訂正を認めるな

     ≪歴史に汚名を残すのか≫

     拝啓 渡海紀三朗・文部科学大臣殿

     率直に申し上げます。このまま推移するなら、福田首相と渡海文科大臣はあの悪名高い「近隣諸国条項」を推進した宮沢官房長官と同じ、拭(ぬぐ)いがたい汚点の刻印を文教行政に刻んだ政治家としてその名前を後世に記憶されることになります。

     渡海大臣は「9・29沖縄県民大会」直後に方針を大転換し、高校日本史教科書に「沖縄集団自決」で日本軍の「命令・強制」があったとの記述を回復しようとする教科書会社の訂正申請があればこれを「真摯(しんし)に検討」すると言い出しました。

     教科書会社各社は早速、検定意見をつけられた5社7冊のみならず検定意見をつけられなかった1社1冊までもが便乗して、11月上旬までに訂正申請を提出しました。

     例えば実教出版は、【検定前】「日本軍のくばった手榴弾(しゅりゅうだん)で集団自害と殺し合いをさせ」→【検定後】「日本軍のくばった手榴弾で集団自害と殺し合いがおこった。」→【訂正申請】「日本軍は、住民に手榴弾をくばって集団自害と殺し合いを強制した。」と変遷しています。

     この訂正申請が承認されるなら、文科省が一度つけた「沖縄戦の実態について誤解を与える表現である」という検定意見は完全に否定され、検定前よりもさらにあくどい反軍イデオロギーに基づく歴史の虚構が教科書に載ることになります。目の前でこのような歴史の再偽造が行われ子供に提供されるのを見るのは到底耐えられません。

     ≪異例ずくめの展開≫

     大臣もよくご存じのとおり、「軍の命令」とは「司令官の命令」にほかなりません。下士官や兵士が何を言おうとそれは「軍の命令」ではありません。そして、慶良間諸島の集団自決で司令官たる2人の隊長が命令を出したという確かな証拠は何一つありません。教科書記述から「軍の命令・強制」の要素を取り除いた検定意見と検定実務には何一つ瑕疵(かし)はないのです。それなのにこれまでの事態は異例ずくめの展開です。

     第1に、実数2万人以下の沖縄県民大会が「11万人」と誤報された直後に方針転換したことです。「集会で歴史を書き換えさせる」という前例をつくることは法治国家の基礎を揺るがす最悪の「政治介入」です。

     第2に、沖縄戦については昭和57年にも日本軍による住民の「虐殺」の記述に検定意見がつき、今回と同じ撤回運動が起こって文部大臣が妥協した前例がありますが、その時でも、次期検定で県民感情に配慮すると答弁したのであって、今回のように同一検定期間内に検定意見の事実上の撤回に踏み切ったのは初めてです。

     第3に、文科省は訂正申請を出させる際、その理由を「学習をすすめる上に支障となる記載」とするよう教科書会社に示唆しました。しかし、教科用図書検定規則第13条に定められた訂正申請制度の趣旨は、検定終了時点から使用開始にいたる約1年の間に発見された誤記・誤植・脱字などについて教科書会社からの訂正申請を認めるもので、検定意見を否定するような訂正は認められていません。ところが、今回は文科省みずから教科書会社をたきつけて「学習上の支障」というこじつけで検定意見を否定する訂正申請をさせているのです。

     ≪見識ある人物を入れよ≫

     第4に、訂正申請を受けて教科用図書検定調査審議会が開催されたことです。本来、訂正申請の審査はあくまで検定意見の範囲内で行われるべきものであり、検定審議会を開催する必要はありません。それなのに、11月5日には、この問題を審議する日本史小委員会が開催され、集団自決に関して沖縄戦の専門家から意見を聞くこと、人選はこれから詰めることなどを決めたとされています。

     これでは、検定意見撤回運動を推進してきた特定勢力の4つの目標、すなわち、(1)検定意見の撤回(2)「軍の命令・強制」記述の復活(3)沖縄条項の制定(4)検定審議会の改組-のすべてに対して全面的に屈服・容認することになります。

     そこで具体的な提言をさせていただきます。日本史小委員会の特別委員またはヒアリングに少なくとも秦郁彦、中村粲、曽野綾子の諸氏など集団自決問題に見識と実績のある学者・研究者・作家をくわえねばなりません。そして、年内に結論を出すなどという無謀な拙速主義はやめて、結論を次回検定以降に持ち越し、時間をかけた検証と公開の討論を組織すべきです。国民の歴史認識の成熟を甘く見た対応をなさらないよう切にご忠告申し上げておきます。敬具

     (ふじおか のぶかつ)


    【2007/11/22 20:21】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    チャンネル桜を見て
    先ほど20:00からチャンネル桜に西尾先生がゲストとして出演されました。西尾節満載でした。


    その番組の中で、改善の会の沖縄シンポの様子が最初に映像として流れていました。

    伊藤隆先生のおっしゃることが正しい・・・・と西尾先生はおっしゃった。私もそう思いました。

    つまり、沖縄を神聖視してはいけない、特別視せず、教科書には事実を淡々と書くしかない・・・・と。

    それに反して、最初の八木さんのお話はまったく逆のことを言っておられた。つまり、沖縄に感謝し、それを表明しなくてはならない・・・と。特別視するべきだ・・・という意味合いですね。つくる会の今までの教科書は冷淡である・・・とかいう表現だったと記憶します。(ちょっとちがうかもしれないけど)

    あれ?同じ改善の会なのになぁ・・・。
    【2007/11/16 21:17】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    『GHQ焚書図書開封』の刊行
    チャンネル桜で連載されている『GHQ焚書図書開封』が
    いよいよ来年早々本になるそうです。
     
      
     第1回:占領直後の日本人の平静さの底にあった不服従に
          彼らは恐怖を感じていた (2月1日)
     第2回:一兵士の体験した南京陥落 (2月15日)
     第3回:太平洋大海戦は当時としては無謀ではなかった (3月1日)
     第4回:正面の敵は実はイギリスだった (3月15日)
     第5回:太平洋上でのフランスの暴虐 (3月29日)
     第6回:オーストラリアは何故元気がない国家なのか (4月11日)
     第7回:オーストラリアのホロコースト (4月25日)
     第8回:南太平洋の陣取り合戦 (5月9日)
     第9回:シンガポール陥落までの戦場風景 (5月23日)
     第10回:人権国家フランスの無慈悲なる人権侵害 (6月6日)
     第11回:アメリカ人が語った真珠湾空襲の朝 (6月20日)
     第12回:オランダのインドネシア侵略史 ① 7月3日
     第13回:オランダのインドネシア侵略史 ② 7月31日
     第14回:日本軍仏印進駐の実際の情景 8月28日
     第15回:日本軍仏印進駐下の狡猾惰弱なフランス人10月2日
     第16回:『米本土空襲』という本 10月23日
     

     楽しみですね。
    【2007/11/16 18:17】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    このブログは
    私が立ち上げ、私の責任で管理していますので、
    私が嫌だなぁと感じたコメントは
    即、削除させていただいています。

    何年もやっていて、そういう感じの悪いコメントは
    ほとんどありませんでした。

    最近の悪意あるコメントは、
    本当に残念なことですね。

    ・・・・削除しているから、どんなのか分からない?



    【2007/11/15 22:07】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    秋の日はつるべおとし
    20071111231401
    帰り道、弓なりに盛り上った橋を渡る。

    夕日が真正面の山に隠れようとしていて、
    上り坂を走っている車のフロントガラスに、
    突き刺さるようにさしてきた。


    【2007/11/11 23:14】 写真 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
    日録より
    西尾先生の日録は現在休止中である。

    とはいえ、先生の近況や、新刊の予定など、載せなくてはならない話題が時々ある。今回のエントリーの『GHQ焚書図書開封』のテレビ番組(チャンネル桜)が本になるという話は、大変嬉しいことだ。

    こういう他に類をみない西尾先生の仕事ぶりは、陰でお手伝いしている身としては、とても鼻が高い。誰がこんな困難なことに手をつけるのだろうか。やらなくてはならないと思っていても、その途方もない分量にまず根をあげる。そして、誰かがやってくれるだろうと、皆待っている。

    西尾先生の噛んで含めるような解説があれば、自分で読まなくてももう読んだようなものだ、と誰もが思うだろう。自分で読もうと思っても、その本はほとんど手に入らないのだから、確かな人が伝えるのが最も有効なことかもしれない。

    西尾先生はこれは入り口だけだと何度もおっしゃる。だけど、学者ではない私達には入り口を示してもらうだけでも、なんだか全体が見えたような気がする。

    それにしても、GHQが約10年間に渡る期間の日本の図書の中で、彼らにとって都合の悪い本を7100冊も禁止したというのは、とんでもないことだ。教科書が黒塗りになったというのは、一般人から目に見えたことで、有名なことだが、これらの本がじわじわと市場から消えていったことは、一般の人にはわからないことだったろう。

    他の国の歴史の一部に介入し、それを抹殺するという行為は許されない野蛮だと思う。

    GHQ焚書図書の開封は、ずいぶん困難な仕事だろうけれど、宝のヤマを一人で掘っているような気が、先生はしているのではないだろうか。

    私はチャンネル桜のシステムが変ったので、最近番組を見損ねることが多くなった。SOーTVで過去の番組も見られるというので、早速ユーザー登録をして西尾先生の番組を見始めている。

    一つの番組を耳で聞いているだけなのに、当時の世界の空気が伝わってくるようで、これこそ歴史の勉強だなという気がしている。今日から、一つづつ番組を聴きながら勉強していこうと思った。

    (マージャンのソリティアというゲームをしながら聞いても頭に入っていく・・・・・これは先生には内緒)

    【2007/11/07 22:34】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(10)
    嫁ぎ先
    娘の嫁ぎ先に行ってきました。

    県北の田舎なので、古いしきたりがいろいろと残っているのです。

    つまり、嫁さんをもらったら、
    近所の人にお披露目のご挨拶をしなくてはならない。
    嫁の両親と嫁共々です。

    お嫁さんをもらえば、女性のご近所の方をお呼びし、
    お茶とケーキなどでもてなし、
    お婿さんをもらえば、男性を呼び、
    お膳とお酒でもてなし、
    そして、
    お土産を持って帰ってもらう。

    人間関係をスムーズにするために、
    知恵を重ねているうちに、それが習慣となり、
    慣習となり、しきたりとなり、伝統となる。

    元をたどれば、処世術ですね。

    村社会の田舎では特にそういったものが残り続け、
    それはそれで、なんとなくほのぼのとしたものです。
    よそ者を迎え、
    正面からよそ者?を観察し、自己紹介をしあう。

    嫁にもらうとか、家に嫁ぐとか・・・・
    決してなくなりませんね、こういう感覚。

    【2007/11/04 16:23】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)