奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    02 | 2007/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    RECENT ENTRIES
  • 北朝鮮問題(04/23)
  • バッテリー(04/19)
  • 庄原(04/16)
  • おせっかい?(04/12)
  • 斬首作戦!?(04/11)

  • RECENT COMMENTS
  • 苹@泥酔 (04/24)
  • あきんど (04/24)
  • 奥様 (04/23)
  • あきんど (04/21)
  • あきんど (04/20)
  • 苹@泥酔 (04/20)
  • あきんど (04/19)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年04月 (7)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (516)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (413)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    久しぶりに日録アップ
    日録が休載されてから、だいぶ時間がたちました。

    あちらにも今日アップしましたが、西尾先生の近況(『江戸のダイナミズム』の出版記念会開催について)を私が日録上で報告することの許可がでました。

    とへ、責任重大。

    でもさ、休載しているっていうのに、一日のアクセス数がある程度ある。つまり、今でも訪れてくれている人がいるってことでしょ。そういう人達になんらかの新しい情報?を持って帰ってもらいたいという気持があって、少しでもアクセスした甲斐があったってことにしたいから、今回の管理人報告は・・・・・・嬉しいです。


    文章は期待しないで欲しい。
    スポンサーサイト
    【2007/03/30 22:54】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    火車
    火車 火車
    宮部 みゆき (1998/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    こういう本はあまり読まないんだけど、おもしろいという話だったので、読んでみました。

    ・・・・・・・ぱぁ~っと派手ではないんだけれど、おもしろかった。

    メインはカード破産の話だね。
    そして個人情報の話でもある。
    それから、戸籍とか、住民票とかも関係してくるよ。

    もう15年くらい前の時代?だけど、今でもがんがん通用する話題だった。

    街の中心には簡単に現金を借りられる小さな無人?の箱がいっぱいある。そういったところでお金を借りるのって、簡単らしい・・・・ま、一度も入ったことないけど。

    グレーゾーンの金利がどうとかこうとかで、なにやら決まったなんてあったけれど、自分がそういった高金利の恐怖を目にしたことがないからあんまりよくわからない。

    だけど、この宮部みゆきさんの本を読んでいると、他人事ではない恐怖がじわじわっと伝わってきましたよ。
    そういえば、いちどバンクカードのATMでよくわからなくてキャッシングってのを押したことがあって、それって借りるってことだったと後でわかった。少ない金額だったからよかったけど、その間違いから蟻地獄に入る人もいるそうだから、気をつけなくっちゃね。

    昔はクレジットなんていわなくて「げっぷ」って言ってた。
    で、先に商品を手に入れて、あとでお金を払うなんて堕落しているような気がしていた。現金で買うことがきちんとしていることと思っていた。

    でも、最近では世の中がアメリカナイズ?されてきて、現金を多額に持ち歩いて、現金で物を買うことの方がなんだか普通じゃないような時代になってきたね。それもよくないことかもしれない。お金を使っているっていう実感がないもの。

    この人の本、もうすこし読んでみたくなりました。
    【2007/03/29 22:33】 読書からの連想 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    再び結納
    20070326152241


    三女の結納を昨日とり行いました。

    相手は一人息子。
    しかも代々男の子に恵まれず、養子が続いた家系。
    それで、生まれた瞬間から、
    大切に大切に、皆から可愛がられたのであります。

    結納というのは、堅苦しい形式にすぎないと思われるかもしれません。

    前の結納のエントリーで書いたかもしれないけれど
    (確認してません)
    確かに、あの水引(松竹梅のお飾りなど)は
    結納が終った後では、何の実用にもなりません。
    高砂のおじいさん、おばあさんのお人形ですら
    飾りとしては不向きです。

    ってことは、あのごてごてした結納の一式は
    中に入っている現金のほかは(うっぷ)、
    完全に形式だけのためのお道具であります。

    しかし、しかしですね、これは日本における代々受け継がれた
    伝統の儀式なのでございます。

    地域によってはその段取りや、台詞?や、置く位置など
    ちょっとした違いはあるでしょうが、
    結婚を誓い、将来二人が仲良くやっていくことを
    両方の家族同士が正式に認めるための儀式の一貫として、
    それらの道具は伝統そのものとなって今に伝わるものなのですね。

    堅苦しい儀式をすればするほど、縁は解けなくなる

    んだそうです。


    礼儀を重んじるということ。
    失礼にならないようにするということ。
    礼を尽くすということ。

    真心を形に表したものが、礼だと思います。

    そして、形というものは、表さなくても通じる、
    中身さえあればいい、と思っていても、
    表したときに初めて「整う」ものなのかもしれないと思います。

    古今東西を問わず、このような儀式はあり、
    それはそれぞれ何かの真心を表し、伝え、重んじるためのものなのでしょう。

    人類はそうやって、
    儀式という形を考え付き、
    礼儀というものを共通認識として作り上げ、
    他の人間同士の真心のキャッチボールが
    スムースに出来る知恵を考えだしたのですよね。



    だから卒業式に君が代が歌われるとき、
    着席しちゃいけんよ。(なんのこっちゃ)
    失礼そのものだと思う・・・・・・・
    【2007/03/26 15:22】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    ちょっとセレブらしく?・・・・・
    瀬戸内海は波がおだやかで、船遊びをするには最高です。

    でも、三月の海はまだ寒い。
    波はおだやかでも、風は冷たい。
    私はこんな時期に船に乗るのなんかまっぴらです。

    それなのに、それなのに・・・・・
    大潮で、海の干満が大きく、砂浜に座礁してしまった船を救出?しに、
    今日はお昼から、船にのってきました。

    フリースの上からコートを羽織り、
    マフラーをぐるぐる巻きにし、
    帽子を深くかぶり、
    古い毛布を二重にして体に巻きつけたけれど、
    それでも寒かったよぉ~

    船は無事、転覆もしていなくて、
    エンジンもかかり、
    港まで無事に乗って帰ることができました。

    船って、陸に上げた後が大変なんですよ。
    潮を水で洗い流し、モップでこすり、
    遊んだあとの後始末が・・・・・。
    そんなのいやだと思う人間には船遊びはできません。


    海の風にあたると、本当に疲れます。
    あぁ~~~今日は疲れた。。。
    【2007/03/22 22:05】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    お知らせ
    現在、「西尾幹二のインターネット日録」は休載中です。

    ですが、インターネット上から完全に姿を消すつもりはありません。

    ですが、ですが、昨日見ると、消えていました。
    多分サーバー関係のトラブルだと思います。

    で、現在対処中・・・・・・・・・・・・ふぅ
    今しばらくお待ちください。



    以上、その筋の方!?にお知らせ。
    【2007/03/20 08:58】 日録裏話 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
    閣議決定の重さ
    以下の記事を中央日報で読んだ。

    ~~~~~~~~~~~~~~

    「慰安婦強制動員はなかった」日閣議“河野談話”公式否認

    日本政府は16日の閣僚会議で、1993年の「河野談話」が認めた従軍慰安婦の強制性を否認する公式立場を決めた。

    閣僚会議は「政府が発見した資料からは(日本)軍や官憲(官庁)によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見つけることができなかった」と明らかにした。

    日本政府は「河野談話」に対する公式立場を質疑した民主党議員に対する答弁書でこのように明らかにした。閣議を通して決まったこの答弁書は日本政府の公式立場として確定される。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    いよいよ安倍ちゃん、やったね~

    閣議決定は官房長官談話よりもレベルが上です。

    今日、たまたまある歴史講演会に出席していて、終わりの方で左っぽい女性が茶々をいれる質問をしてきました。

    それは、なぜこの会の講師は「太平洋戦争」と呼ばないのか?というものです。

    そこで、すかさずこの日の講師岡田幹彦先生はこうお答えになりました。

    大東亜戦争という呼称は昭和16年(1941年)12月12日に正式に閣議決定されたものである。また、戦後GHQによりその呼称を使うことを禁じられたがゆえに、使えなくなった。あなたはアメリカ側の立場ですか・・・・・と。

    そしてウィキぺディアによると、
    日本政府の公式見解

    2007年2月6日の閣議決定において、日本政府は、「太平洋戦争」という呼称について「政府として定義して用いている用語ではない」との政府見解を了承し、先の大戦について昭和16年12月12日の閣議決定による「大東亜戦争」が正式な呼称だとしている[1]。

    だそうです。

    閣議決定はかくも重いものであぁ~~~る。
    【2007/03/18 22:36】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    春のにおい
    たぶん小学生の頃の遠足かなにかだったと思う。

    桜の咲く土手を歩いていて、
    ちょっと臭いような匂いを嗅いだ。
    花見って臭いんだなぁ・・・と子供心に思った。

    おんなじにおい。

    桜の花はまだまだ咲かない三月の宵の、
    ひんやりした空気の中に
    春のにおいが感じられる。

    あれは遠い日の春の匂い。
    おんなじにおい。
    春の匂い。

    木の芽の芽吹く匂いかもしれないけれど、
    今夜も外に出るとお花見の匂いがする。
    【2007/03/14 22:07】 日常のこと | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    「従軍慰安婦」問題
    なぜ今?って時期に、アメリカの下院の特別委員会で従軍慰安婦のことが取沙汰されている。

    なぜ今?

    と思ったら、北朝鮮が拉致をごまかすための煙幕だったんだ~

    安倍総理は河野談話を継承しない、となぜ言えないのか?
    このさい、狭義だ、広義だなどと言っても、アメリカでは
    日本軍が性奴隷を持っていたとの認識が変わらないだろうって、
    テレビタックルでやっていた。

    だったら、証拠がないにも拘らず、関与の事実があったなんていう
    河野談話を継承するのは返ってまずいんじゃないの?
    なかったものは、きっちりなかったと世界に表明しなくちゃ。
    言葉の意味を両方に使うからおかしいことになるんだよね。


    アメリカは占領期、日本で何したの?

    アメリカは、日本の民間人に対して無差別に爆撃したり、
    原爆を落としたことを日本の国会で謝罪せよとの決議をされてもいいわけ?
    まてまて、これはアメリカの議会という場を
    上手に北朝鮮側が利用して、アメリカと日本の離間を図っている意図もあるわけだ。


    村山談話、河野談話・・・・・まずいよね。
    【2007/03/12 22:43】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
    おぼえがき2
    江戸のダイナミズム―古代と近代の架け橋 江戸のダイナミズム―古代と近代の架け橋
    西尾 幹二 (2007/01)
    文藝春秋

    この商品の詳細を見る


    今西尾幹二先生の「江戸のダイナミズム」と
    なぜか「ダビンチコード」を平行して読んでいる。

    その前には、失われた古代都市を特集しているNewtonの「新・世界の七不思議」をながめてた。(おもしろいよぉ)

    西尾先生の本にアレキサンドリアにあった大図書館が消滅して、多くの書物が失われてしまったことが書いてあったから。

    文献学というのだそうな。

    原典を探し求めること。
    あるいは、原典をさえも疑うということ。
    江戸のダイナミズムには、
    江戸の時代に、論語や古事記を文献学的に研究し、
    原典を疑うことから出発した多くの優れた思想家がいたことが
    世界との比較をしながら語られている。
    (この本は私が感想を言えるようなやわな本じゃない。この要約もまちがっとるかもしれん。)

    ダビンチコードは娯楽本なのかもしれないけれど、
    文献学のように聖書を疑っている。
    いや、現在のキリスト教の教義そのものをも疑っている。

    なぜか共通する部分があって、とてもおもしろい。

    信仰の対象とされているものまでをも疑う?ことこそ、
    成熟した?近代的な魂であるってことなのかもしれない。
    ん~~~うまくいえないけれど、、、

    がっちんがっちんに固まって、批判を許さないものは、
    何にせよ、自由な発想を失ってしまって、
    野蛮そものであるってこと・・・・・だよね。

    とりあえず、今感じていることをメモ
    【2007/03/09 22:29】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    おぼえがき
    ハノイでの日朝交渉がもうあやうくなっちゃった。

    午後からの会議を突然キャンセル。
    で、その理由は日本に聞けってさ~

    やっぱりね~

    とりあえず、メモ。



    【2007/03/07 21:55】 日々雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    潜水艦
    20070304215410

    写真をクリックすると、大きくなります。


    今日は本当に暖かい一日でしたね。

    甥っ子が東京から出張でやってきたので、
    お昼はお好み焼き村で、お好み焼きを食べ、
    その後、呉の「大和ミュージアム」に連れて行きました。

    向かって左手が大和ミュージアム、
    正面に春に開館予定の潜水艦の展示が見えます。

    このあたり、なんだか急に観光スポットになったらしく、
    賑やかでした。
    【2007/03/04 21:54】 写真 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    不都合な真実 不都合な真実
    アル・ゴア (2007/01/06)
    ランダムハウス講談社

    この商品の詳細を見る


    花粉症のため、マスクをして本屋さんに歩いて行った。
    最近、極力自動車には乗らないようにしている。
    自転車はなおのこと。
    自転車で行けるくらいの距離なら、絶対に歩く。

    ってことはさておき、上記の本を買った。

    映画は行けないかもしれないから、
    とにかく先に本を買っておこうと思ったの。

    百聞は一見にしかず。

    氷河がどんどん溶けてなくなっているよぉ!
    湖が干上がってしまっているよぉ!
    アマゾンの森林が櫛の歯が抜けるように、
    どんどん伐採されていっているよぉ!
    砂漠がどんどん増えて行っているよぉ!
    ネバーエンディングストーリーのように。。。

    おお~~~~

    大変だ!
    【2007/03/02 22:08】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)