奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    05 | 2005/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    RECENT ENTRIES
  • 父のこと35(05/18)
  • 携帯を失くした。(05/15)
  • 韓国大統領(05/12)
  • 息子がいた痕跡(05/07)
  • ボーイング(05/07)

  • RECENT COMMENTS
  • あきんど (05/21)
  • あきんど (05/21)
  • 苹@泥酔 (05/20)
  • 奥様 (05/15)
  • あきんど (05/15)
  • あきんど (05/15)
  • 苹@泥酔 (05/15)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年05月 (7)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (523)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    作文ってむずかしい
    西尾日録に、最近になって管理人まで文章をエントリーすることができるようになりました。・・・・・け・けっこうです・・・と言いたかった。

    ただの主婦だし、そんなに大それた場所に書くほどのオピニオンなんかないよ。うぇ~~ん・・・・と思っていたけど、今回教科書展示場に行ってきた感想を書く事にしました。

    んでね、書いたの。

    本日、西尾先生から電話がありまして
    「読む前に批評します」って言われまして・・・・
    人の心に訴える文章の書き方、ポイントを説教されまして・・・・
    「読んでから、気に入らなきゃボツにしてください!」って少し切れ気味に答えました。
    「だれもが気づくことを書いたって意味がありません」とかも言われました。

    今度は読んだ後にまた電話がありまして
    いろいろと、言葉のおかしさ、説明の足りなさ、インパクトの薄さ

    しっかり指摘されました。
    小学校の生徒よろしく、再び書き直しました。
    合格してエントリーした時は拍手御喝采くださいませ。

    んな、自分のブログに書くようには書けまっしぇん!ぶつぶつ
    [READ MORE...]
    スポンサーサイト
    【2005/06/30 22:47】 日録裏話
    女らしさ
    えっと、以前どこかで「女らしさ、男らしさ」ってなんだ?って、話しになりました。

    ずばりきちんと言えないとダメだって。

    でも、この「らしさ」ってのが曲者で、漠然としているからこそ
    「らしさ」なんですが、それをきっちり定義してみようなんて話でした。

    今日娘とランジェリーコーナーで、さまざまなランジェリーを眺めて楽しみました。(はい・・・内緒だけど、買いました)

    そこの店員さんと話し
    ・・・・女に生まれてよかったと思いますよね。
    こんな綺麗なランジェリーって、女の楽しみですよね。
    このレース、女らしいですねぇ。
    このキャミソールは見せてもいいんですよ。

    最近、とにかく女性の洋服にやたらにフリルが多い。
    レースが多い。ビーズや、スパンコールも多い。
    まるで舞台衣装のような布地を使ったふわふわしたものも多い。

    ジーンズの上に、下着のようなキャミソールのレースをわざと見せ、
    重ね着をして胸元を強調するような着方が流行です。
    ジーンズの上にひらひらスカートだって重ねてはいたりもします。


    ん~~~~~~考えたんですけど。
    男性をそそのかせる所作等を「女らしい」というのではないかしらん?
    つまり、「女らしい」というのは、女性の特徴を最大限に発揮して
    アピールするための形ってことではないでしょうか?

    今の世の中ジェンダーフリー?とんでもない。
    女性はどんどん、女らしさを追及して、もううんざりするくらいの
    フェミニンオンパレードでございます。

    【2005/06/26 15:26】 日々雑感
    お稽古事
    なんていうと、すごくカッコいい。

    「私最近、娘とお稽古事やっているの」
    いいなぁ、いい響きだわ。

    いえいえ、本当はたいしたことじゃありません。
    書道の教室に通うようになったんです。一年前から・・・・・

    今小筆を習っています。
    硬筆は練習帳に家で宿題のようにして書いてから提出します。
    ぐるぐると丸をもらいます。(まるで小学生のよう)

    今日は調子がよかった。
    五枚も合格しました。

    人間、いくつになっても
    先生と呼ばれる人から注意されたり
    よく出来ましたと誉められたりするのって、
    案外快感かもしれません。

    なぜか生徒さんは女性が多い。。。
    【2005/06/24 15:28】 日常のこと
    経済のこと
    銀行にお金を預けていても、ちっとも、さっぱり得にならない時代になって、もうしばらくになる。

    家に置いておくよりは安全というだけ。

    女性週刊誌に「株で私はこんなに稼いでいます」って主婦が嬉しそうに一万円札をひらひらしている図をみて、自分だけがまぬけな生活をしているんじゃないかと思うかもしれない。ん、ちょっと思っている。

    実は4~5年前、ネットで株の売買をやってみようかと思ったときもあった。

    自分の資産を自分で運用するのが大人であるという話を聞いて、そうか、日本人は結局自分のお金も人任せの国民なのかとその気になった。
    今のように、個人投資家がどんどん増えている間はパイが大きくなっているからいいようなものの、結局大きく儲けている人がいる向こう側には、それと同じ額の損をしている人達がいる。
    (こういうのを、ゼロサムというらしい・・・・)

    お金って、本当は貯めるものじゃないと思うんだけど。(ないから言うのか)

    つまり、体の中を流れる血液のようなものなんだから、一人で囲い込んで「うっ血状態」にしたら、他の部位が迷惑するんじゃない?さらさら流して、流れにくい所はマッサージをして、出来るだけ塊りをつくらないほうがいいんじゃないか?

    もちろん、貧血状態は不健康だけど、どろどろ流れが悪くなって溜まりすぎると結局流れることによって「働く」ということが出来なくなるんじゃないかしら。

    ・・・・・私はせっせと右から左に流すことにせいをだしています・・・・・

    ノ(´д`) ヘヘヘ(自己正当化とも言う)

    【2005/06/23 15:30】 硬めな話題
    あきれはてている
    三浦朱門編著の
    全「歴史教科書」を徹底検証する―2006年版教科書改善白書を読んでいます。

    もちろんこの本のスタンスは新しい歴史教科書をつくる会側ではあるけれど、
    できるだけ客観的に内容を比較検討してある。

    歴史を語るに歴史を動かした人物に焦点をあてるのは当然のことです。
    中学校の歴史の時間は、いわゆる一般的な歴史常識の基本中の基本。
    高等学校は義務教育ではないし、日本史はもう選択科目だから、
    苦手な人は選ばなくてもいい。つまり、中学校の歴史でストップする人がいっぱいいるってことです。

    その基本中の基本の歴史教科書で、現在日本のシェアーの半分を取っている会社(T書籍)の、新しい検定本の中身・・・・・

    え!嘘!この歴史上の人物達

    明智光秀
    新井白石
    石田光成
    岡倉天心
    柿本人麻呂
    勝海舟
    川端康成
    岸信介
    吉田松陰
    菅原道真
    明治天皇
    昭和天皇
    東郷平八郎



    全く載っていません。
    嘘じゃありません。
    これで学ぶ、日本の中学生達に常識がないのは教科書のせいです。

    がっくし。




    【2005/06/21 15:31】 読書からの連想
    日韓首脳会談
    小泉首相と盧武鉉大統領が本日会談をし、それぞれ発表がありました。

    結局綱引きはどっちが勝ったのでしょう?
    結局隣接する国と国というものは、摩擦を常に有するもので、
    「争いの無い」状態なんて有り得ない位置なんですよ。

    歴史問題の共同研究を次のステップもすると合意したそうです。
    そしてそこに教科書委員会を設けると。

    でもね、この前の共同研究で、つくる会の理事達が出席したわけではないのに、日本と韓国ではひとつひとつ歴史事実の評価が違うって
    あんなにはっきりとわかったじゃない。

    もう一度共同研究をしたところで、韓国の歴史認識に一致することが出来ないことが、どうしてわからないんだろう。
    多分、日本側はこの辺りのことが案外よくわかっていて、
    共同研究はしましょう。
    でも、後は知りませんよ・・・・ってな感じでしょうか。
    ある意味、今回の会談は日本の勝ちのような気がしました。

    まるで、大人と子供の会話のようです。


    たけしのテレビタックル・・・・下手なお笑い番組よりずっと笑えた。
    【2005/06/20 15:33】 硬めな話題
    日曜日
    今日の日曜日はなぜかずっと一人でした。

    いつもは誰かがどこかの部屋にいて、誰かがお腹がすいたとか、
    わやわやしているのに、しーんと一人の日曜日でした。

    それで、ぐだぐたネットサーフィンやって、眠くなったら昼寝しようか、
    それとももう一度「戦国自衛隊」見に行こうか、
    などなど、考えていて、はっと思いついた!!!

    薬湯にいこぉ!

    親友のY子ちゃんとみつけたちょっと古めの薬湯。
    今時のエステとは違うけれど、それなりお客さん多いです。
    (エステもありますが)

    お風呂のお湯の色は「唐辛子色」・・・入っているとぴりぴりしてきます。
    5~6分そこであったまり、サウナに入り、
    ・・・・汗を流して
    また5~6分あったまり、サウナに入り・・・・・

    出たり入ったり三セット。

    ぷはぁ~~~~っと、それはそれは気持ちよく汗が流れます。

    私、どちらかというと熱いサウナは苦手なんですが
    そこは温度は少し低め。
    でも、出たり入ったりしているうちに汗腺が全開状態になります。
    柿の葉かなにかがはいったお茶を飲みながら
    ぷはぁ~~~~っと汗を出すと、凄く気持ちいい。


    人間、どんなに年をとってくたびれてきても、
    みんな自分の身体を何とか元気に、
    なんとか美しく保ちたいものなのですね。



    【2005/06/19 15:34】 日々雑感
    紫禁城の黄昏
    昭和9年に書かれた「禁苑の黎明」という本を現在ここで復刻しています。

    これは映画「ラストエンペラー」の元になった本で、まだ満州国が健在のころ、溥儀の家庭教師がイギリスに帰ってから書いたものです。東京裁判の証拠資料として提出されたのに、採用されなかったといういわくつきのもの。「紫禁城の黄昏」として岩波から再販された時には、重要な部分がばっさり削り落とされていたというので、戦前の本が幻となっていました。(ネットで復刻し始めて間も無く祥伝社から出版されましたが)

    で、そんな貴重な本が見つかったので、せっせとネットにアップすることにしたのです。そしたら、協力者の秋津島さんという方が現われ、タイピングを手伝ってくださることになりました。

    今では2対1くらいの割合で、秋津島さんが多く打ってくださっている。
    (とても静かな方です・・・・・本当はきっと偉い、学者さんでは?と思っています)

    毎日だいたい4ページを目安に、区切ってアップしています。

    苦労といえば、人名の漢字が中国にしかないようなものが沢山でてくるので、通常の変換では出てこないことがしょっちゅうです。そういう時は「手書き」で探すんだけれど、これに結構時間を使っちゃいます。

    あぁ、今日は疲れているので、話に落ちがつかないよぉ。
    真面目に頑張っているんだよ。(継続は力なりってね)
    ひとまずトラックバックの練習でもあります。
    【2005/06/18 15:36】 読書からの連想
    親友とのデート
    親友のY子ちゃんとのデートでした。

    え?おばさんなのにデートなんておかしい?
    私たちは本当に仲のよい、セレブな奥様連合なんです。

    小旅行、お買い物、お食事、温泉・・・・なんだって一緒に行きます。

    で、今日は映画に行きました。

    金曜日のお昼過ぎなので、あまり観客はいなかったけれど
    前からどうしても行こうと思っていたんです。
    「戦国自衛隊」

    要所要所で、ぐっとくるセリフがあったんだけど忘れちゃった。
    本はまだ読んでいません。
    でも、一貫して言っていることは同じだと感じました。
    守るべきものを守ることをしなければ、歴史は失われるって。
    ブラックホールに飲み込まれていくことを防ぐ為には、
    歴史を取り戻さなくてはならない。
    まるで、敗戦後に失った歴史の継続を取り戻そうとでも言うようです。


    この夏には「亡国のイージス」も見に行こうと約束してます。
    その前にビアガーデンにも行くつもりです。(飲めないけど)

    【2005/06/17 15:37】 日常のこと
    焼き茄子
    我が家の直ぐ裏には24時間営業の、しかも割合大きいスーパーがあります。

    一日に三回くらい行くこともある。(我が家の食品庫なのです)

    今日は入り口の一番目立つところに、太い長茄子が並んでいました。
    おお~~~焼き茄子の季節だわ~

    炭のように皮を焼いて、焦げ目が残るように皮をむいて、
    (これがちょっと面倒)
    適当な大きさに切ってバットにならべ、
    冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
    食べる時には、上からお手製のゴマだれをかけて食べます。

    お手製のゴマだれ
    冷凍庫に入れておいたすりゴマたっぷり
    寿司酢(砂糖や塩が既に混ぜてあるやつ)ちょぼちょぼ
    ゆず入りのポン酢てきと~~
    これらを混ぜて出来上がりです。

    焼き茄子はとっても贅沢な家庭料理です。
    【2005/06/16 15:39】 日常のこと
    どこかで聴いた話
    ちょびっと重くて硬い話です。

    なんでこんな本読んでるのか、自分でも不明ですが、今

    陸軍中野学校 終戦秘史を読んでいます。

    昭和46年から49年にかけて「陸軍中野学校」全六巻が完成した後、久しく絶版になっていたらしい。

    平成15年に新潮文庫より保坂正康氏精選再編集で、再販されました。

    いわゆるスパイ養成学校の実態が浮き彫りになっているこの本を読んでいると、あの頃の日本の空気が伝わってくるようです。

    「占領軍監視と皇統護持」という項の中でこういう一節がありました。P.371
    アメリカが上陸してくれば、このようなことが起るのではないかと心配したという文脈の中の一文です。

    日本で外敵に侵略されたのは元寇の役だけだが、その元寇の役にも、壱岐や対馬の同胞は両掌に穴をあけ、縄をつけてひきずり廻されたり、両足を二頭の馬にしばりつけて左右にひきさかれたりした。あるいは妊婦の腹を立ち割られたり、小児の頭蓋骨をたちわって、脳味噌をその母親に食わせたり、思いつくままのありとあらゆる惨虐行為をおこなったのである。


    あれ、これって日本軍が中国でしていたとされる残虐行為と同じですね。
    宮崎先生のメルマガにあったあの写真とも繋がることです。(あの写真には正直吐き気がしました・・・・見るんじゃなかった・・・わかる人だけに通じる話です・・・アートだそうだけど)

    あれ、これって・・・・・・中国で・・・・・・・

    最近「西尾幹二のインターネット日録」の「宮崎正弘氏を囲んで」を読んでいて、中国のことがおぼろげながらつかめてきた私です。
    【2005/06/15 15:41】 硬めな話題
    物の価値
    P505iS0011796757.jpg

    デパートの一階には女性向けのアクセサリーのコーナーや化粧品のコーナーが広がっている。

    やはり、女性はより美しく、より魅力的になりたくて、
    生身の自分の上を、飾り、ごまかす?ものにお金をかけるものです。
    (昔はあんまり興味なかったのに、美しさ?から程遠くなるにつれ、ちょっぴり関心もでますた)

    でね、アクセサリーって確かに綺麗・・・だけど、外してしまうと「ごみ」のようになったりする。(あんただけだって?)

    特にイヤリング。
    アクセサリーの収納箱にぽんぽん入れておくと、片方がないのばかりで、さあつけようと思ってもなかなかみつからない。(これもわたしだけ?)

    じゃじゃじゃ~~~ん

    いいものを見つけてきましたぞ。
    ほれ、こんなにばっちし小分けして整理できました。

    これは百円ショップで買ってきた製氷皿です。

    ものは、きちんと整理整頓した場所に存在してこそ、価値があるということのようです。
    【2005/06/14 15:44】 日常のこと
    ブログ
    将来は、一人一つのブログサイトを、まるで携帯のように
    持つようになるかもしれないんだって。

    そうしたら、余りに数が多くって、文字だけをみていれば
    みんな同じ価値に思えて、わけわからんようになるでしょう。

    でも、きっと人気サイトは今でもあるように、
    次第にその地位が決まってきて、
    アマゾンやホテルのように、☆の数でランクづけされるかもしれない。
    (アマゾンのランクはどうにでもなりますが・・・)

    このブログはよつ星だよね。
    このブログはアクセスは多いけれど、庶民むきね。
    国民宿舎みたい(ふ・ふるい!)
    知る人ぞ知る、このブログはこれを外したら、
    真の情報を逃すってくらい、重厚なサイトらしいよ。


    で、このブログは、ま・・・・温泉ね。
    ゆくぅ~~り、ゆたぁ~~り、のらぁ~~り
    癒されるぅ~~
    って言って貰えればいいか・・・って思っています。

    【2005/06/13 15:45】 日常のこと
    ブログ続けることにします
    あのー、ここに紹介する西尾先生の本の中に、実は私のこと載っているんですの。

    昔々、PTAの役員だった頃、松くい虫駆除剤の空中散布の取材で新聞記者の人になにやら聞かれたとき、本当に怖かった。
    新聞に、良かれ悪しかれ、名前が載るなんて、それはそれは恐怖だった。

    姑の渋い顔がうかんだ。(ほんとだよ)

    あの頃、本当に怖かったのに、今の私もうへっちゃらです。

    居直っています。

    恐怖って何だろう?
    自分の安全が脅かされること。
    有名になって、誰かからねたまれ、うとまれ、後ろ指さされたら、
    それは本当に 不 安 全
    だから怖かったんだと思うけど、もうしゃぁないじゃん。
    本に載っちゃったんだもん。
    それも、これは何度目かですから、もう慣れたのよね。

    私が死んでも、この本の中の私の名前は生き残るんです。
    民族への責任
    【2005/06/12 15:48】 硬めな話題