奥様
  • Author:奥様
  • 硬い話も、やわらかい話もあるよ。
  • RSS
  • ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    02 | 2017/03 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    RECENT ENTRIES
  • 父のこと(03/21)
  • もうすぐ春(03/20)
  • 絶望と希望(03/15)
  • 面接(03/11)
  • 正論4月号(03/08)

  • RECENT COMMENTS
  • 奥様 (03/22)
  • あきんど (03/21)
  • 奥様 (03/21)
  • bunn (03/21)
  • あきんど@泥酔 (03/21)
  • あきんど (03/20)
  • 池田俊二 (03/20)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (6)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (507)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (130)
  • 硬めな話題 (412)
  • 日常のこと (164)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (53)
  • 読書からの連想 (75)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (9)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • 坦々塾のブログ
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • へっぽこ時事放談
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • つき指の読書日記
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 酔夢ing Voice

  • SEARCH

    高山正之氏
    今まで広島に高山氏が来たことがあるだろうか?

    保守系の講演会には大体参加しているけれど、
    私は初めて昨日、広島で高山氏の講演を聞いた。
    以前江戸のダイナミズムの出版記念会だったかに、
    お会いしたことがあるけれど、
    まぁ、あちらは覚えてはおられない。

    高山さんは自分のことを
    「あたし」って言うんだなぁ。

    オバマが花輪をささげたのに、
    一礼もしなかったのは無礼だと言っていた。
    それに、
    誰かがあの碑文「安らかに眠ってください あやまちは繰り返しませぬから」を
    オバマに訳したのか?とのマスコミの報道も全くなかったと。
    もし、英語に訳するとしたら、
    主語をなんとしただろうか?
    小野田さんは、この碑文はアメリカが書いたのか?と聞いたそうだ。

    広島も、日本中も、オバマが来ただけで評価する・・・・というお人よし対応だけれど、
    アメリカのジャーナリストへのアンケートで、
    20世紀の事件の中で重要なものをあげさせたら、
    ベスト100の中で、
    1位、広島と長崎に原爆を落とし、日本を第二次世界大戦で破ったことをあげ、
    3位もやはり日本関連でパールハーバー
    月面着陸が2位。
    どれだけ日本が憎くて、
    それに対して勝ったことがうれしかったという証拠だという。
    原爆を落としたことは誇り高い勝利の証なんだって。

    7位がホロコースト、
    13位がソ連崩壊
    16位はロシア革命

    あまい日本人に対して、
    がつんと世界のことを教えてくれた話だった。
    とつとつとしゃべられるのだけれど、
    最後にぐるりと回って、深く腑に落ちた内容だった。
    スポンサーサイト
    【2016/06/20 23:24】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    広島女学院問題
    今日、広島女学院の理事長に会ってきた。

    理事長には、5月に一度、そして二度目は先週の金曜日に手紙を出した。もちろん、「学び舎」問題についてだ。

    二度目の手紙には、「WiLL」6月号と7月号、それに自由社から出た小山先生の本を同封した。読んでもらえば分るはずと・・・・・。

    少子化の折、私学でも経営的に厳しい状況であろうから、なぜ「キワモノ」の教科書を使うのか・・・・という手紙である。そして広島女学院が共産党にシンパシーを抱く学校と認知されても良いのですか?とも書いた。

    昨日、昼過ぎ理事長から電話があり、会って話したいということだったので、今日の約束になった。不機嫌そうな、不安そうな声だったように思う。

    今日の2時、指定された理事長室まで、広島の「つくる会」の人と二人で出かけた。

    最初、理事長室のドアを開けて入ると、私以外に男性が一人いることに、ものすごい嫌悪感を表し、貴女がOGだから会うことにしたのに・・・・・と。いや、そんな条件は電話では全く聞いていない。いろいろ言って、今回はなんとか一緒に話をさせてもらえることになった。校長よりはましである。

    名刺交換をした後、ソファに座った。

    私の手紙が大げさだという。階級闘争史観を刷り込まれると書いた部分のことだと思う。指摘された箇所を参照にしながら「学び舎」の教科書を読んでみたが、大したことはない・・・・・。確かに左寄りの教科書であることは認めるが、右寄りの教科書もあり、両方あるのだからいいのではないかという。なんといっても、文科省が検定を通したということだから、小さな問題点はどうでもいいという。

    実はこの理事長は県庁の部長クラスまで行った人であり、広島県が教育問題で荒れていたころのことも良く知っている。文科省から教育是正が入ったことで、公立学校の教職員組合がかなり弱体化されたが、私立はそのまま手つかずであると言う。じゃあ、女学院の組合は強いですか?と聞くと、それは強い!と答える。女学院の教員は共産党にシンパシーを抱く人たちがほとんどであることを認めたということだ。

    広島の中でも、女学院の平和教育はとてもさかんで、それを推進することが大きな教育方針でもあるらしい。平和教育が左に傾いていることも知ってはいるが、これはやめられないということ。オバマ大統領に花輪を渡す役目も女学院の生徒が選ばれたのもそういった成果だという。外務大臣夫人が卒業生だったということもあるのだろう。

    左の教育をしたからと言って、全員が共産党員になるわけではないし、私やあなたたちも、共産党じゃあないでしょう?と言う。多分、普通の人よりは保守的な考えの持ち主だろうが、自民党の中のハト派が良いというところや、外国に出かけていって戦争をしたから、やっぱり良くないとも言っていたので、一般的な日本人なのかもしれない。アジアの植民地を解放したことなどは評価はしていた。

    最後の辺で、怒ったような顔でこれは「脅し」ですよ・・・・と言って、書棚から手紙のファイルを取り出して来た。はがきや封書で、「学び舎」採択を非難する内容のものだ。私は差出人のところにちゃんと名前を書きましたよ。組織的にそういう活動をしているわけではありませんという。実は私以外の人間が理事長あてにそういう手紙を出してくれていたことが分かって、心強かった。

    脅されたと理事長が感じたということだ。

    だけど、理事長は教員に教科書について変更を命令するほど、強くない。力関係ではむしろ押されているのかもしれない。社会科の教師だけではないのかもしれない。組合全体で「学び舎」を押したのかもしれない。

    私立にはいまだにGHQからの指令が生きていて、労働者としての教員が管理職と対立し、学校現場を牛耳っているということだ。




    【2016/06/15 21:35】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    憲法改正運動
    最近、「なでしこカフェ」という女性が中心で、
    憲法問題を勉強する会に出席している。

    日本という母国が危機にさらされていることを
    きちんと自覚して、
    いやぁ、危ない危ない、日本を守らなくっちゃという、
    「おかあさん」たちの会だ。

    左翼には「ママの会」とかがあるらしい。
    そっちの「ママ」は母国がどこだかわからないが、
    こっちの会は心から日本を心配している。

    女性はあまり硬い本は読まない。
    だけど、本能的に自分の子孫を守ろうとするから、
    きちんと社会や国際情勢をかぎ分けてさえいれば、
    「戦争法案反対」というような平和ボケしたフレーズには、
    もうだまされない。

    こんな会ができるなんて、
    10年前には考えられなかった現象だ、

    この会が私が音頭をとって作ったものではない・・・・というところが気に入っている。
    参加すればいいのだ。

    普通のおばさんたちだ。
    でも、前向きに日本を守りたいおばさんたち。
    「学び舎」教科書抗議で、
    広島女学院にもついて来てくれた人たち。
    こういう人たちが現れたことが本当にうれしい。

    3時になったら、おやくそくのおやつタイムで、
    お互いに持ち寄ったお菓子を食べる
    誘惑が多いのがたまに傷!?
    【2016/05/18 09:00】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    ヘイトスピーチ法案について
    拡散依頼によって、ここに転記いたします。
    以下は私の文章ではありません。

    4月8日に自公両党が参議院に提出した「ヘイトスピーチ規制法案」(正式名称=本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案)について、「新しい歴史教科書をつくる会」は、週明けに緊急声明を出すことになった。もちろん、法案に絶対反対の立場の表明である。

     法案は、不当に日本人を差別し、「法のもとの平等」を侵害する憲法違反の法律である。また、人種差別撤廃条約の定義にも合致しない。とんでもない悪法である。

     ところが、政権党は5月10日にも参議院を通過させると言っているようで、事態は風雲急を告げている。

     憲法学が専門の小山常実同会理事が、法案を詳しく検討した。その成果を借りて、改めて何が問題なのかを書いてみたい。長文になるが、おつきあいいただければありがたい。

    ■民主党案の5つの問題点

     まず、今回の自公案は、昨年民主党が提出した法案(正式名称=人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案)の修正案である。そこで、民主党案の検討から始めなければならないが、これについてはすでに、『正論』の昨年10月号に八木秀次氏が「『人権擁護』『男女共同』以上だ! 『ヘイト』規制法案の危険な正体」で批判している。

     ここで、八木氏は5つの問題点を指摘した。

     第1の問題は、「人種等を理由とする差別」とは何なのか、定義がなされておらず、従って関係者が差別と感じれば差別となるという、恐ろしいことになっている点だ。以下に第1条を引用しておく。
     <第1条 この法律は、人種等を理由とする差別の撤廃(あらゆる分野において人種等を理由とする差別をなくし、人種等を異にする者が相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現することをいう。以下この条において同じ。)が重要な課題であることに鑑み、日本国憲法及びあらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約の理念に基づき、人種等を理由とする差別の禁止等の基本原則を定めるとともに、人種等を理由とする差別の防止に関し国及び地方公共団体の責務、基本的施策その他の基本となる事項を定めることにより、人種等を理由とする差別の撤廃のための施策を総合的かつ一体的に推進することを目的とする。>

     第2の問題は、法案第19条で差別防止の施策を立てるに際して「関係者」の意見を反映させるとしたことである。「関係者」が恣意的に差別と感じれば、それを禁じる施策に発言権が生じるというのである。19条は次のように規定されている。
     <第19条 国及び地方公共団体は、人種等を理由とする差別の防止に関する施策の策定及び実施に当たっては、人種等を理由とする差別において権利利益を侵害され又はその有する人種等の属性が不当な差別的言動の理由とされた者その他の関係者の意見を当該施策に反映させるために必要な措置を講ずるものとする。

     第3の問題は、内閣府に「人種等差別防止政策審議会」を置くとしていることだ。この審議会は、男女共同参画会議と同じく「省庁を横串で刺す極めて強い権限を持つものである」が、この審議会にヘイトスピーチを受ける外国人や彼らを支援する学者や弁護士などが入れば外国人が「人種等を理由とする差別の撤廃」政策を決定していくことになる危険性がある。

     第4の問題は、地方公共団体が過激化していく危険性である。地方公共団体の責務が多数定められている。第6条、10条から13条、15条から17条といった条文では、「国及び地方公共団体は……」と記して、地方公共団体がしなければならないことを規定している。
     こうしたことから、朝鮮学校への適正な政策や、ごく当たり前の歴史教育、公民教育まで「ヘイトスピーチ」として禁止される可能性がある。保守派の団体による公共施設の利用も制限されることになるだろう。

     第5の問題は、民間団体への支援が規定されていることだ。次の条文を見よ。
     <第17条 国及び地方公共団体は、人種等を理由とする差別の防止に関する自主的な活動を行う民間の団体等が果たしている役割の重要性に留意し、これらの民間の団体等の活動を支援するために必要な措置を講ずるものとする。>
     これはヘイトスピーチを受ける立場の外国人や彼らを支援する団体への財政支援の根拠規定だ。外国勢力に税金が流れる仕組みである。

     5点の問題点をもう一度要約すると、次のようになる。
     ①定義がなく、「差別と感じれば差別となる」こと。
     ②「差別と感じた」関係者が施策に発言権を持つこと。
     ③内閣府の審議会に外国人が入り、施策の決定者になること。
     ④地方自治体の施策の過激化を促進すること。
     ⑤民間団体への支援が規定されていること。

    ■自公案でも残る3つの問題点

     今回の自公案では、民主党案に比べてどのような「改善」が見られるだろうか。結論から言えば、自公案で消えたのは、上記の5点のうち、③と⑤だけである。残りの3点は、自公案でも厳然と残っているのである。特に最大の問題である定義不在の問題が全く解消されていない。

     ①の定義不在の問題点について自公案を見ると、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」(第2条)とは何なのか、よく分からない。「不当な差別的言動」が定義されておらす、そもそも「本邦外出身者」からしてよく分からない。在日韓国・朝鮮人を中心にしているらしいことだけは分かるが、それ以外にどこまで広がるのか。このような定義不在によって、民主党案と同じく、恣意的解釈を許す法案だと言えよう。

     ②差別と感じた「関係者」の意見を反映させるという仕組みもなくなっていない。自公案の第5条は不気味な規定である。
     <(相談体制の整備)第五条 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するものとする。
     2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するよう努めるものとする。>

     「本邦外出身者に対する不当な差別的言動に関する相談」とあるわけだから、必然的に、在日韓国・朝鮮人等の意見が強く反映され、彼らが差別と言えば差別だということになっていくだろう。
     しかも、 第6条では、次のように教育のことまで規定している。

     <(教育の充実等)第六条 国は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うものとする。
     2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該地域の実情に応じ、本邦外出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うよう努めるものとする。

     5条、6条を併せ読めば、ごく当たり前の歴史教育、公民教育まで「ヘイトスピーチ」として禁止される事態が発生するだろう。6条の2項に注目すれば、先ずは在日韓国・朝鮮人の多く住む地域でそうなっていくのではないか。「つくる会」などの教科書改善運動は息の根を止められる。

     ④の地方自治体の先取り的暴走の危険も、全くなくなっていない。第4条で(国及び地方公共団体の責務)が規定され、第5条で(相談体制の整備)が、第6条で(教育の充実等)が、第7条で(啓発活動等)が定められているが、全て1項では「国は……」と規定し、それを受けて2項では「地方公共団体は……」と規定されている。当然に、民主党案の場合と同じく、地方公共団体の暴走が始まるであろう。大阪の暴走が、国より先に始まっていることに注目すべきである。

    ■民主党案以上に悪質な日本人差別の自公案

     自公案の問題点は、上記3点につきるものではない。
     自公案は、基本理念について、次のようにいう。

     <(基本理念)第3条  国民は、本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性に対する理解を深めるとともに、本邦外出身者に対する不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するよう努めなければならない。>

     この法律案は、日本国籍を持った日本国民だけに義務が課されており、在日韓国・朝鮮人その他の外国人には、義務が全く課されていないのである。だから、彼らは、日本人に対するヘイトスピーチを好きなだけできるのである。
     この、日本人に対する人種差別的な規定に比べれば、民主党案の方が理念論のレベルでははるかにましである。自公案の第3条に対応する民主党案の第3条を掲げよう。

     <第3条 何人も、次に掲げる行為その他人種等を理由とする不当な差別的行為により、他人の権利利益を侵害してはならない。
     一 特定の者に対し、その者の人種等を理由とする不当な差別的取扱いをすること。
     二 特定の者について、その者の人種等を理由とする侮辱、嫌がらせその他の不当な差別的言動をすること。
     2 何人も、人種等の共通の属性を有する不特定の者について、それらの者に著しく不安若しくは迷惑を覚えさせる目的又はそれらの者に対する当該属性を理由とする不当な差別的取扱いをすることを助長し若しくは誘発する目的で、公然と、当該属性を理由とする不当な差別的言動をしてはならない。>

     自公案は民主党案よりも日本人差別の度合いが強く、民主党案よりも愚劣な内容である。総体として両案を比較すれば、自公案は甘く見て同レベルの有害法案であり、さらに厳しく考えれば、徹底した日本人差別思想の理念を述べたものである以上、民主党案より劣悪で最悪の有害法案であると言えよう。

    ■在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチは人種差別撤廃条約の対象外

     政界におけるヘイトスピーチ規制法案論議には、重大な盲点がある。自公案にせよ、民主党案にせよ、ヘイトスピーチ規制法案が出てきたのは、人種差別撤廃条約を日本が批准し加入しているからだと言われる。しかし、人種差別撤廃条約第1条第2項は次のように規定している。

     <2 この条約は、締約国が市民と市民でない者との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。
    (This Convention shall not apply to distinctions, exclusions, restrictions or preferences made by a State Party to this Convention between citizens and non-citizens.)>

     外務省は「市民と市民でない者」と訳しているが、「citizens」の第一義は国民であるから、「国民と国民でない者」と訳すべきものである。従って、日本国籍を持った日本国民と、日本国籍のない外国人である在日韓国・朝鮮人の関係に、この条約は適用されない。それはそうだろう。どこの世の中に、国民と同等な権利や便宜を外国人に与えることを政府に義務づけている国があるか。あるはずがない。両者の間に、「区別、排除、制限又は優先」があるのは当然なのだ。
     だから、この条約は同一の国民のなかでのマイノリティの差別について述べているのであって、例えば、同じアメリカ国民のなかで、アフリカ系アメリカ人やヒスパニック系アメリカ人が差別をされてはいけない、と言っているのである。この条約と在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチは、何の関係もない。日本で問題となってきた在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ問題は、人種差別撤廃条約の対象外の問題なのである。

    ■教科書改善運動も水泡に帰す危険な法案

     今年の5月は、日本歴史上一番の危機が襲っていると言えるかもしれない。奇妙なことに、これほどの悪法なのに、保守系から批判の声が全く上がっていない。不気味な沈黙が支配している。保守系の諸団体や有識者は、一堂に集められ、政権側と密約でもかわしたのか。そうとでも考えなければ理解出来ない状況が続いている。
     例えば、民主党案について、いち早く批判を加えていた八木氏は、どうして反対の声をあげないのか。これを放っておいたら、教科書改善運動も何もかも水泡に帰すだろう。
     一つのことに取り組んでいるうちに、実に重大なことが次々と起こる。安倍政権は、在日利権にからめとられたのか
    、昨年の日韓合意に引き続く、トンデモ法案を通過させようとしている。危険水域を越えている。
     参議院の次は衆議院。会期はあとわずか。是非とも廃案に追い込みたい。この記事を読まれた方は、身近な、あるいは身近でなくても、国会議員に法案に反対だと伝えていただきたい。

    【2016/05/12 10:51】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    同窓会


    私は意気地なしだなぁと思う。

    というのは、実は広島女学院のホームカミングデイ(同窓会)が今日あって、
    「学び舎」の教科書を使っていることを、
    周りの人に知らせようと、
    思っていた。

    「学び舎」の教科書から女学院を守る会発起人と裏に印字した
    名刺を作って、20枚くらいバッグに忍ばせて行った。

    だけど、
    全然配れなかった。
    一枚も配れなかった。
    話題にもできなかった。

    300名以上の出席者。
    みんな自分たちの在学していたころの思い出にふけり、
    明るく楽しいばっかりの会であった。

    先月面談してもらった校長もいたし、
    手紙を出した理事長も遠くに座っていた。

    う~~~~ん

    学院長の講演を聞いていたら、
    ジェンダーフリーっぽい。
    女性が差別から立ち上がるために、
    女子教育が大切だという話もあり、
    結局、この学校にはこういうリベラルなことが校風なのだと分かった。

    残念だけど、私は本当に勇気のない人間だとしみじみ思った。
    【2016/04/23 20:04】 硬めな話題 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)