• ☆セレブな奥様は今日もつらつら考える☆
    子育て終了の奥様でございます。 最近本格的にブログにチャレンジ。 硬い話、介護の話、日常の話をちょこちょこっと書いていきます。
    maukie home
    CALENDAR
    05 | 2019/06 | 07
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    RECENT ENTRIES
  • 古希の(06/17)
  • 複式(06/13)
  • 伯父さんの本(06/10)
  • 今日のつらつら(06/03)
  • 関野さんの本(05/29)

  • RECENT COMMENTS
  • 黒ユリ (06/20)
  • 苹@泥酔 (06/19)
  • 奥様 (06/18)
  • あきんど (06/17)
  • あきんど (06/17)
  • あきんど (06/17)
  • あきんど (06/17)

  • RECENT TRACKBACKS
  • ケノーベル エージェント:ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/25 08:48)(09/25)
  • TEL QUEL JAPON:外務省はなかなか出さなかった...(07/31)
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書:八木秀次「つくる会会長、中国『反日の本丸』に乗り込む」を読んで―――育鵬社が中国に屈服する原点(07/07)
  • 自宅が教室!簡単フラワーアレンジメント講座:フラワーアレンジメントが思いのまま!(06/12)
  • まとめwoネタ速suru:まとめteみた.【孫という贅沢】(04/20)

  • ARCHIVES
  • 2019年06月 (4)
  • 2019年05月 (13)
  • 2019年04月 (11)
  • 2019年03月 (6)
  • 2019年02月 (6)
  • 2019年01月 (6)
  • 2018年12月 (5)
  • 2018年11月 (7)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年09月 (6)
  • 2018年08月 (14)
  • 2018年07月 (8)
  • 2018年06月 (6)
  • 2018年05月 (8)
  • 2018年04月 (5)
  • 2018年03月 (7)
  • 2018年02月 (7)
  • 2018年01月 (11)
  • 2017年12月 (11)
  • 2017年11月 (7)
  • 2017年10月 (11)
  • 2017年09月 (7)
  • 2017年08月 (13)
  • 2017年07月 (8)
  • 2017年06月 (10)
  • 2017年05月 (12)
  • 2017年04月 (8)
  • 2017年03月 (9)
  • 2017年02月 (10)
  • 2017年01月 (10)
  • 2016年12月 (10)
  • 2016年11月 (10)
  • 2016年10月 (9)
  • 2016年09月 (12)
  • 2016年08月 (12)
  • 2016年07月 (8)
  • 2016年06月 (7)
  • 2016年05月 (10)
  • 2016年04月 (11)
  • 2016年03月 (12)
  • 2016年02月 (7)
  • 2016年01月 (13)
  • 2015年12月 (8)
  • 2015年11月 (11)
  • 2015年10月 (6)
  • 2015年09月 (16)
  • 2015年08月 (7)
  • 2015年07月 (8)
  • 2015年06月 (6)
  • 2015年05月 (9)
  • 2015年04月 (6)
  • 2015年03月 (10)
  • 2015年02月 (9)
  • 2015年01月 (14)
  • 2014年12月 (13)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (14)
  • 2014年09月 (14)
  • 2014年08月 (10)
  • 2014年07月 (10)
  • 2014年06月 (13)
  • 2014年05月 (12)
  • 2014年04月 (12)
  • 2014年03月 (10)
  • 2014年02月 (12)
  • 2014年01月 (9)
  • 2013年12月 (10)
  • 2013年11月 (10)
  • 2013年10月 (13)
  • 2013年09月 (31)
  • 2013年08月 (13)
  • 2013年07月 (13)
  • 2013年06月 (12)
  • 2013年05月 (13)
  • 2013年04月 (11)
  • 2013年03月 (10)
  • 2013年02月 (10)
  • 2013年01月 (12)
  • 2012年12月 (18)
  • 2012年11月 (9)
  • 2012年10月 (16)
  • 2012年09月 (11)
  • 2012年08月 (10)
  • 2012年07月 (15)
  • 2012年06月 (11)
  • 2012年05月 (13)
  • 2012年04月 (15)
  • 2012年03月 (26)
  • 2012年02月 (12)
  • 2012年01月 (12)
  • 2011年12月 (15)
  • 2011年11月 (12)
  • 2011年10月 (22)
  • 2011年09月 (18)
  • 2011年08月 (9)
  • 2011年07月 (18)
  • 2011年06月 (24)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (11)
  • 2011年03月 (17)
  • 2011年02月 (15)
  • 2011年01月 (19)
  • 2010年12月 (13)
  • 2010年11月 (16)
  • 2010年10月 (15)
  • 2010年09月 (12)
  • 2010年08月 (19)
  • 2010年07月 (13)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (11)
  • 2010年04月 (13)
  • 2010年03月 (14)
  • 2010年02月 (14)
  • 2010年01月 (18)
  • 2009年12月 (15)
  • 2009年11月 (11)
  • 2009年10月 (11)
  • 2009年09月 (11)
  • 2009年08月 (15)
  • 2009年07月 (13)
  • 2009年06月 (16)
  • 2009年05月 (24)
  • 2009年04月 (14)
  • 2009年03月 (12)
  • 2009年02月 (11)
  • 2009年01月 (12)
  • 2008年12月 (15)
  • 2008年11月 (13)
  • 2008年10月 (14)
  • 2008年09月 (12)
  • 2008年08月 (12)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (19)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (11)
  • 2008年03月 (11)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (13)
  • 2007年12月 (13)
  • 2007年11月 (11)
  • 2007年10月 (15)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (10)
  • 2007年07月 (21)
  • 2007年06月 (15)
  • 2007年05月 (15)
  • 2007年04月 (11)
  • 2007年03月 (12)
  • 2007年02月 (11)
  • 2007年01月 (14)
  • 2006年12月 (2)
  • 2006年09月 (6)
  • 2006年08月 (13)
  • 2006年07月 (15)
  • 2006年06月 (16)
  • 2006年05月 (13)
  • 2006年04月 (26)
  • 2006年03月 (18)
  • 2006年02月 (16)
  • 2006年01月 (22)
  • 2005年12月 (22)
  • 2005年11月 (22)
  • 2005年10月 (23)
  • 2005年09月 (25)
  • 2005年08月 (27)
  • 2005年07月 (25)
  • 2005年06月 (14)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (2)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (2)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年11月 (2)

  • CATEGORY
  • 昔の投稿 (17)
  • 未分類 (723)
  • お知らせ♪ (11)
  • 介護 (131)
  • 硬めな話題 (414)
  • 日常のこと (165)
  • 日々雑感 (358)
  • 日録裏話 (55)
  • 読書からの連想 (79)
  • 映画 (26)
  • 写真 (50)
  • 動画 (8)
  • 断捨離 (10)
  • 娘のこと (34)
  • 旅行 (30)
  • 単身赴任 (3)

  • LINKS
  • 西尾幹二のインターネット日録
  • ぼやきくっくり
  • remmikkiのブログ
  • 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
  • えんだんじの歴史街道と時事海外評論
  • 真面目に変わっている人の考えている事
  • どっと公務なんでも掲示板
  • 現役記者による、ブログ日記
  • ぢぢさま・大日本史
  • 本からの贈り物
  • 倶楽部ジパング・日本
  • ネットで見聞広めたい
  • うさねこ研究室
  • なめ猫♪
  • 橘正史の考えるヒント
  • 真正保守政党準備会の公式ブログ

  • SEARCH

    古希の

    祝い。

    12年前に大病をして、
    その時危篤状態に陥っていた夫が、
    なんとか70歳の誕生日を迎えることができた。

    家族全員で「古希」の祝いをして、
    みんなからプレゼントを贈った。

    特に、一人ひとりからのメッセージと写真付きの、
    思い出ノート?には感動したようで、
    ぐっときたようだ。

    孫の一人がこう言った。
    「じいじがいなけりゃ、私たち、
    ここに存在しないんだから・・・・・」

    命はご先祖の一人が欠けても自分は存在しない。
    スポンサーサイト
    【2019/06/17 08:50】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
    複式

    学級

    孫の学校の参観日に行ってきた。
    孫が来てほしいというので・・・・・

    六年生は複式学級とは聞いていたが、
    教室に入って、
    なんじゃこりゃ・・・と思ったものである。

    子供たちが九十度、違う方向を向いているのだ。
    先生は正面の黒板で六年生を指導し、
    九十度横を向いた五年生には子供たちに発表をさせている。

    そうか・・・・・そういうことか・・・・・

    四年生は学年の中で一番人数が多くて12人。
    それでも体育の授業は三年生と一緒に試合?をしていた。

    生徒の多い学校も、少ない学校もそれぞれに良さがある。

    【2019/06/13 19:23】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    伯父さんの本


    伯父さんは慈恵医大を卒業してたった二年で、
    軍医として応召され、
    中国で8年間を過ごした。
    終戦時は台湾にいて、一年たって日本に帰ってきた。

    焼け野原の広島に帰ってきて、
    ケロイドの治療や、
    被爆乙女をアメリカに引率したり、
    いろいろなことに取り組んでいたようだ。

    本を読んで改めて、その生きざまをしり、
    感動している。

    中国でのリアルな体験談もすごい。
    アマゾンで古本でも手に入るみたいだから、
    興味のある人は読んでみてください。

    【2019/06/10 22:26】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    今日のつらつら
    昨晩、「安楽死」についての番組を見た。

    不治の病に侵されたある女性が、
    自分の尊厳が保てているうちに、
    人に感謝が言えるうちに、
    自分の死を自分で選択し、スイスに行って、
    安楽死をする・・・・

    つれづれ草を読んでいても、
    自分の死はずっと遠くにあると皆思っているが、
    本当はすぐ後ろに来ているかもしれない。
    だから、何事も後回しにせず・・・・とかなんとか
    書いてある章があったっけ。

    夫の両親の残したものを片づけたことがある。
    それはそれは大量だった。
    人は自分の死後、
    いろいろと私的なものを片付けもせず、
    人に任せてしまうことに気づかない。

    ということで、本日、押し入れの下の段を片付けました!

    【2019/06/03 11:08】 断捨離 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
    関野さんの本


    『日本人を狂わせた洗脳工作』の著者関野さんが、
    今回また本を出された。
    WGIPの証拠文書を発見された方だ。

    小柄なおじさん・・・という最初の印象だったけれど、
    これがどうして、すごい人だとだんだんわかってきた。

    今は定年で辞められたが、ホンダに勤めておられて、
    海外にも合計17年だったか、赴任されていたとかで、
    超エリートサラリーマンだった方。

    今回の本は、海外での経験と、
    おじい様の講義録?を織り交ぜて、
    広い視野で戦争に至る心理的な面などを解き明かしておられる。

    母方も父方も、お父さんも海軍関係で、
    しかも相当にすごい方たちで、
    その先祖の方がおられたからこそ、
    関野さんも、使命感からか、
    日本を憂いておられる。

    中国との戦争に至る経緯については、
    ひとつ前のエントリーと重なる部分がたくさんあるが、
    祖父の方が書かれたものが1933年のもので、
    通州事件より前なのに、
    すごく的確。
    こんなエリートがいたのに、
    日本はボタンの掛け違いをいくつかしてしまい、
    運命は敗戦となってしまった。

    一神教・・・・・・・確かに自分だけが、自分の宗教だけが正しいと信じていれば、
    他を排除してしまうから、
    戦争になってしまう。

    プロテスタントの学校に中学高校通っていたから、
    どうしてもキリスト教は「良い」ものだという見方をしがちだけれど・・・・・


    【2019/05/29 23:01】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(19)